ゴイアニア被爆事故!泥棒が盗んだ物は放射線を放つセシウム137だった!?

スポンサーリンク
ぐっさん
今回紹介するのは海外で起こった放射能の被曝事故!
それも原発や核兵器ではなく2人の一般人によって249人が被爆したという恐ろしい事故の話でっす!
マキエ
え、原発や核兵器以外で被爆することなんてあり得るの?
ぐっさん
被爆っていう表現は正しくないけど、放射線はボク達の生活において意外と身近にあったりするよ。
マキエ
なんかあったっけ。
ぐっさん
がんの治療とかに使われる放射線治療。
マキエ
あー!なるほど!
がん細胞に放射線をあててがん細胞を消すってやつね。
マキエ
それを聞いて今回の事故の原因が分かった気がするわ。
その放射線で治療する機械が壊れたとかそんなんじゃ無いの?
ぐっさん
おしい!
放射線治療器が関係しているのはあってるんだけど、機械の故障とかではないんだ。
マキエ
んー……。
他になんかあるかな……。
ぐっさん
かなり意外で当てることは難しいと思うから、さっそくこの事故の全貌について紹介していくよ。

放置された放射線治療装置と二人の泥棒。

ぐっさん
この事件が起こったのは1987年の9月。
ブラジルにあるゴイアニアという都市で起こった事件で通称「ゴイアニア被曝事故」と呼ばれてる。
ぐっさん
このゴイアニアには放射線治療を行う民間病院があったんだけど、その病院は1985年に移転が決定。
そしてこの事故が発生するまでは、この民間病院の跡地は廃病院として放置されていたんだ。
マキエ
ふんふん。
ぐっさん
そしてその廃病院に目を付けたのが二人の泥棒。
廃病院に高価な機械や薬品が放置されていると聞きつけて盗みに入ったんだ。
マキエ
まさか……。
ぐっさん
そして二人の泥棒は放置されていた放射線照射装置を発見。
ぐっさん
ただ、その機械が放射線の照射装置と知らなかった二人はスクラップ屋に売れそうなパーツを盗むために分解を開始。
マキエ
うわわわわ……。
ぐっさん
分解してまもなく二人の泥棒は照射装置から厳重に保護されているパーツを発見。
マキエ
あー……。
つまりそのパーツってのが放射能物質って事?
ぐっさん
そのとおり。
正確にはセシウム137っていう放射性同位体だね。
ちなみに、この時点ではセシウム137は厳重な遮蔽装置に守られてて盗みに入った廃病院ではこれ以上分解する事ができなかったんだ。
マキエ
ここまできて諦めるわけ無いわよね……。
ぐっさん
そう。
廃病院ではこれ以上分解できないと分かった泥棒達はこのセシウム137が詰まった遮蔽装置を家に持ち帰ったんだ。
マキエ
そして放射能汚染が広がったって訳ね……
ぐっさん
いや、この時点では遮蔽装置があるから放射能汚染は広がってないよ。
ぐっさん
でも、盗みに入った泥棒はこの時点から強力なガンマ線を浴び始めていたけどね……。
マキエ
っていうかなんでそんな危険な物が廃病院に放置されてたのよ。
ぐっさん
あー。それは病院の移転の時に廃病院があった地元の自治団体と放射線照射装置の所有権を巡って一悶着あってね。
移転した新しい施設へ持って行くことが出来なかったんだよ。
マキエ
だからって放置しとけるような物でも無いでしょうに……。

セシウム137を盗んでしまった泥棒と買い取ってしまった業者

ぐっさん
それじゃ、二人の泥棒の話に戻るけど今からは分かりやすいように二人の泥棒を「泥棒A」と「泥棒B]とするね。
ぐっさん
この遮断装置を盗み出したのは9月10日~13日の間なんだけど、ガンマ線にさらされ続けた泥棒Aと泥棒Bは13日の時点で嘔吐などの症状が出現。
14日には泥棒Bの腕には浮腫が出始めていたんだ。
マキエ
うわぁ……。
いきなり影響がで始めてるじゃん……。
ぐっさん
ちなみに泥棒Bは15日に病院を受診するけど、そのときは食物アレルギーと判断されちゃいます。
マキエ
さすがに名医でもまさかガンマ線に照射されつづけた結果だなんて分からないわよね……。
ぐっさん
そしてこの後、遮断装置ごとセシウム137を持ち帰った泥棒達はどうしたと思う?
マキエ
泥棒からしたら遮断装置は高価な物が入った箱に見えているわけよね。
ぐっさん
うん。
マキエ
そりゃぁ……空けちゃうでしょ……?
ぐっさん
その通り。
なんと泥棒Aが9月18日に遮断装置を分解して、遮断装置の中からセシウム137が入った線源容器をとりだした。
しかも泥棒Aは線源容器を取り出しただけでなく、線源容器にドライバーで穴を空けて中身のセシウム137を取り出してしまう。
マキエ
セシウム137ってどんな物なの?
ぐっさん
外見は普通の白い粉だよ。
ただ、暗闇ではうっすらと発光するけどね。
マキエ
セシウム137って光るんだ。
ぐっさん
蛍光塗料みたいなかんじで光るよ。

ぐっさん
ちなみにこの白い粉が何か分からなかった泥棒Aは価値のないものと判断。
ただ、遮断装置には大量の鉛が使われていたことから遮断装置ごと廃品回収業者にスクラップとして売りつける。
ぐっさん
この廃品回収業者を以後「業者C」として、鉛の塊のスクラップとして遮断装置を購入した業者Cはその日の夜に遮断装置が青白く光っているのを見つける。
ぐっさん
それを見つけた業者Cはおもしろがって遮断装置を家に持ち帰ってしまう。
そして9月18日から3日間の間、家族や友人達に不思議に光る粉を見せびらかしていたんだ。
マキエ
同じ状況ならアンタも同じ事しそうね。
ぐっさん
うん。
たぶんしてる。
ぐっさん
そして、光る粉をおもしろがった業者Cや業者Cの家族たちはセシウム137を遮断装置からすべて取り出し親族に配ったり、肌に塗ったりして遊んだりしていんたんだ。
マキエ
ええ……
大丈夫なの……それ……。
ぐっさん
当然大丈夫なわけがない。
泥棒から買い取った3日後である21日の時点で業者Cの妻は下痢と嘔吐で動けないほど衰弱。
そしてちょうどこの日、泥棒Aは皮膚がただれ始めて入院など徐々に放射線の恐ろしさが表れ始めるんだ。
ぐっさん
しかもセシウム137は光るという外見から人気がでてて欲しがる人が後を絶たず小分けにされて配布されつづけた。
つまり、どんどんと汚染が広がっていったんだよ。
マキエ
まるでバイオハザードね……

遅すぎた発見と振り切れた線量計

ぐっさん
そして、ついにこの放射能汚染事件が発覚する時が来ます。
マキエ
おお、やっとか……
もう何人かは取り返しが付かなくなってそうだけど……
ぐっさん
この事態に一番最初に感づいたのは業者Cの妻。
彼女はこの光る粉が来てから周りの人々の調子が悪くなっていると気づき、セシウム137を保健当局へ届けたんだ。
ぐっさん
ただ、衰弱しきっていた彼女を見た医師は治療を優先させるため熱帯病病院に向かわせる。
一方、業者Cの妻がもってきたセシウム137は保健当局事務所に放置されてしまう。
マキエ
医師としては正しい判断なのかもしれないけど、物事が悪い方にしか転ばないわね……。
ぐっさん
一方で熱帯病病院では原因不明の同じような症状の患者が何人もいて、一人の医師が患者のただれた皮膚をみて
「この皮膚炎は放射線皮膚炎で、一連の原因不明の症状は放射線被曝なのでは?」
と疑いはじめたんだ。
ぐっさん
そして、偶然たまたまゴイアニアに放射線医学専門家の医師がいて、今回の事件の相談をうけて線量計を持ってセシウム137が持ち込まれた保健当局へ調査を実施。
マキエ
おっ。ようやく解決に向かいそうね。
ぐっさん
そして専門家が保健当局の建物に到着した時に線量計が振り切れている事に気づく。
ぐっさん
専門家は線量計の故障だと思って新しい線量計をもって来させるように連絡したんだけど、新しい線量計が建物に近づいた時点で再び針が振り切れてしまったんだ。
マキエ
怖っ!
マキエ
故障じゃ無いってことよね。
ぐっさん
そう。
この時点でこの建物にには計測不可能なほどの放射線源があると判断した医師は保険当局内の人たちを非難させると同時に様々なところへ通報。
ぐっさん
そして関係者から事情聴取を行って解体業者Cの解体工場や泥棒Aの自宅を調査したんだけど、この時点で既に計測不可能なほど放射能に汚染されていることが判明するんだ。

終息を迎えたゴイアニア被爆事故

ぐっさん
以上がゴイアニアで二人の泥棒のせいで起きた大規模な被爆事故の全貌。
ぐっさん
ちなみに約12万人の住民が隔離されて検査を実施することになったんだけど、その中で249人が汚染されていることが判明したんだ。
マキエ
249人も!?
マキエ
そういえば泥棒とか解体業者はどうなったの?
ぐっさん
泥棒Aは右腕を切断、泥棒Bも右手の指を切断しなければならなかったみたいだよ。
マキエ
なんか泥棒としての天罰っぽいわねぇ……。
ぐっさん
でも、一番被害が大きかったのはセシウム137で遊んでいた業者Cの家族や親族達
ぐっさん
セシウム137を自宅においていたため、自宅に長時間いた業者Cの妻や姪は死亡。
あとセシウムを取り出す作業を担当した業者Cの従業員2名が死亡。
結果、この事件では4人の死者を出す事件になったんだよ。
マキエ
泥棒はともかく業者の人たちは可哀そうすぎる……。
ぐっさん
でも業者達も更なる鉛をもとめて廃病院に泥棒しに行ったみたいだけどね。
マキエ
前言撤回。
奥さんや姪が可哀そうすぎる……。
マキエ
そいや放射線とか放射能の事故で怖いのは汚染でしょ?
広まったセシウム137はどうなったの。
ぐっさん
それは大規模な汚染除去作業が行われたよ。
ぐっさん
泥棒達の家や業者の家、セシウムをもらった親戚達の家などすべてが解体されて撤去。
当然、遮蔽装置を解体していたスクラップ場も解体撤去。
ぐっさん
あと汚染されていると判断された地域の表土もすべて入れ替えられたらしい。
ぐっさん
ちなみに今回の犠牲となった4人の遺体は放射線を遮蔽するために鉛の特注品。
しかも、その周りをコンクリートで埋めるという対処がとられたらしい


マキエ
んん……。
複雑な感じだけど仕方ないのかもしれないわね……。
マキエ
本当に大きな事件だったのね。
アンタも訳の分からない物は拾っちゃだめよ?
ぐっさん
善処します……。
スポンサーリンク