日本で起きた連続殺人事件「自殺サイト殺人事件」!窒息と白いスクールソックスに憑りつかれた絞殺魔!

スポンサーリンク
ぐっさん
今回紹介する話のテーマは日本でおきた連続殺人事件!
それも読者のあづきちゃんだぜ!さんからのリクエストにお応えして「自殺サイト殺人事件」について紹介したいと思いまっす!
マキエ
自殺サイト殺人事件?
自殺サイトなのに殺人事件なの?
ぐっさん
確かに矛盾してるっぽいけど、この事件を簡単に一言でいうなら「自殺願望のある人を呼び出して次々に殺していった」って感じの連続殺人事件だね。
マキエ
あ……。なんかタチが悪そう……。
ぐっさん
さらに犯人は特殊な性癖の持ち主で、別名「白いスクールソックス殺人事件」とも呼ばれることがあったりもする。
マキエ
何それ……。
そこの部分だけは微妙に気になるかも……。
ぐっさん
それじゃ早速紹介していきまっす!

自殺サイト殺人事件の概略

ぐっさん
それじゃ改めて今回紹介するのは「自殺サイト殺人事件」。
1人の男性が自殺系サイトを利用して自殺希望者を次々と殺害していった連続殺人事件でっす。
マキエ
最初に確認しておきたいんだけど、自殺系サイトって何?
ぐっさん
自殺系サイトってのは名前の通り自殺願望がある人や自殺に興味がある人が集まるサイトだね。
ぐっさん
今では規制が強化されて本当に自殺をほのめかすような事を発言したり、一緒に自殺する人を募集したりはできないけれど、一昔前は割と無法地帯で自殺希望者を募って本当に一緒に集団自殺したりできちゃってたんだよ。
マキエ
そんなサイトがあったのね……。
なかなか闇が深いわね……。
マキエ
で、今回の犯人はそのサイトを使って殺人事件を起こしたって事?
ぐっさん
その通り……。
最初にも言ったけど、自殺系サイトで自殺願望がある人に「一緒に自殺しよう」と持ちかけて呼び出して殺人に及んでいたんだ……。

欲望を満たすために3人を殺害した「前上 博」


ぐっさん
今回の事件が発覚したのは2005年の2月23日。
当時、行方不明となっていた女性が大阪府の河川敷で遺体となって発見されたことで発覚した事件なんだけど、調査が進むにつれて一人の容疑者が浮かび上がってくる。
ぐっさん
その人物の名前は「前上 博」。
当時、修理工として働いていた当時36歳の元派遣社員です。
マキエ
割と最近の事件ね……。
ぐっさん
逮捕のきっかけは殺害された女性とのメールのやり取りなんだけど、前上は殺害された女性と何度も連絡を取っていて、遺体が発見される4日前の2月19日に「一緒に練炭自殺をしよう」と呼びだして殺害したんだ。
ぐっさん
さらに前上は「窒息」や「白いスクールソックス」に性的興奮を覚える人物で、拘束した女性の口や鼻を塞いで窒息させて、気絶や覚醒を繰り返えして殺害したんだ……。
マキエ
窒息に性的興奮を覚えるってどういう事……?
ぐっさん
そのままの意味みたいだよ。逮捕された前上は取り調べで

男でも女でも、口をふさいで苦しむ姿に性的興奮を覚えた。苦しむ顔が見たかった。自分は自殺するつもりはなかった

と供述しているんだ。

マキエ
うへぇ……。
じゃぁ白いスクールソックスってのは……?
ぐっさん
それもそのままの意味。
前上は白いスクールソックスにも性的興奮を覚える体質で、殺害された被害者たちは全員、白いスクールソックスを履かされていたんだよ。
マキエ
え……ええぇ……。
ぐっさん
そしての前上の供述から新たに2件の殺人事件が発覚するんだけど、残りの2人は14歳の男子中学生と21歳の男子大学生。
2人とも同じ自殺系サイトで知り合っているんだけど、前上は性別は関係なく、とにかく人が窒息して苦しむ姿を見たいという自分の快楽や欲求を満たすためだけに殺害を繰り返していたんだ……。
マキエ
窒息って考えただけでもゾッとするのに、なんでそんな事に性的興奮を感じるのかしら……
ぐっさん
その理由は前上が幼少期に受けた虐待のようなトラウマが原因だとも言われているけどね。
マキエ
トラウマ?

前上博の異常な性癖と歪んだ過去

ぐっさん
前上が窒息に性的興奮を覚えるようになったのは中学生の頃。
とある推理小説に子供が口を押えられる挿絵があったらしいんだけど、その挿絵をみて興奮する事に気が付いたらしい。
マキエ
たったそれだけで……?
ぐっさん
いや、実はそうなるきっかけを作ったのは前上の父親だったみたいなんだ。
マキエ
父親?
ぐっさん
実は前上の父親は警察官で優秀な白バイ隊員だったんだよ。
マキエ
え……、警察官の子供だったの……?
ぐっさん
そう。
ただ前上の父親は警察官としては立派だったんだけど、父親としてはそうではなかったみたいで休みの日はずっとお酒を飲んでいて、さらに酔っぱらった勢いで幼いころの前上に逮捕術を使って窒息させたり締め落とすみたいな事を何度もしていたらしい。
マキエ
うわぁ……。
じゃぁそういったトラウマが変な形で出てきちゃったってこと……?
ぐっさん
そういわれているね。
実際、前上は今回の殺人事件を犯すまでに路上でいきなり人を襲って口を塞いだり、薬品を染み込ませたタオルを押し付けるという事件を何度も起こしていていたんだ。
マキエ
常習犯かい……。
マキエ
で、白いスクールソックスってのは?
ぐっさん
前上曰く、最初は白いヘルメットだったらしいんだけど、白いヘルメットが白いスニーカーになり、最終的には白いスクールソックスになったらしい。
マキエ
白いヘルメット?
ぐっさん
これも父親が被っていた白バイのヘルメットが元となっているといわれているんだけど、幼少の頃に父親から虐待のような事を受けていたせいで、白バイ隊員だった父親の象徴でもある白いヘルメットに結びついてしまったのではと考えられているみたい。
マキエ
ヘルメットとスクールソックスはあんまり関係なさそうだけど、白色ってところは共通してるのね。
ぐっさん
そうだね。
しかも性別は関係なかったみたいだから、白いスクールソックスを履いた清掃員の男性をスタンガンを使って襲ったりとかもしてたらしい。
マキエ
見境無さすぎでしょ……。
マキエ
でも父親に窒息させられたのなら、逆に白い物が怖くなったり窒息という行為自体に恐怖心を覚えそうなものだけどね。
ぐっさん
それが逆に働いちゃったみたいで、前上の精神鑑定を行っていた教授は

「父親から虐待に近い暴力を受け、人を窒息させることで、自分を父親に同一化させるようになったのだろう。」

という分析結果を出してるよ。

マキエ
ああ、なるほど。
つまり「父親が怖いけど、自分が父親と同じことをする事で自分も父親と同じぐらい強くなれる」と考えたって事?
ぐっさん
詳細までは分からないけれど、似たような感情は抱いていたことは間違いなさそうだね。
ぐっさん
さらに逮捕されて留置されている時も白いスクールソックスを履いた囚人や看守をみると興奮して暴れたりしていたから、大阪拘置所内では一時的に「白色スクールソックスは禁止」という規則が生まれたんだってさ。
マキエ
正しい対応な気もするけど、囚人に合わせて制度ができるってのは何か気に食わないわね……。

逮捕、裁判、そして死刑へ

ぐっさん
そしてこの事件は2009年7月28日に前上の死刑が執行された事で事件は終焉を迎えます。
マキエ
え?
2年で死刑執行って早くない?
ぐっさん
意外と鋭いね。
確かに他の事件よりかはかなり早いけれど、前上自身が死刑判決を望んでいたり事や自分の快楽を満たすための殺人だったという事が原因みたいだね。
ぐっさん
実際、前上は後で鑑賞するために殺害現場を撮影したり録画していたみたいだしね……。
マキエ
人を苦しめたり窒息させたりする事が悪い事だと分からなくなってたのかしら……。
ぐっさん
んー。どうだろう。服役中の前上は
「私という存在がなぜ生まれて来たのか分からない」
「私を分析して社会の役に立ててくれ」
と言って心理学者の接見を希望していたみたいだし、さらに
「私の犯した罪は死をもって償うしかない」
とも言っていたみたいだけどね。
マキエ
善悪の区別がつかないというより、自分自身を止められなくなっちゃった感じなのかしら……。
ぐっさん
ただ、他の学者からは
殺人を起こして死刑を受けるという遠回しの自殺方法を選択しただけ
とも言われているね。
マキエ
どういう事?
ぐっさん
結局は前上自身も自殺願望者で、自分の欲求を満たして逮捕された後、死刑という形で自殺を成功させたって事だね……。
マキエ
もしそれが真実なら全て前上の思惑通りになっちゃってるじゃん……。

まとめ

ぐっさん
以上が日本で起きた連続殺人事件「自殺系サイト殺人事件」でした。
どうだった?
マキエ
なんか、ただただ後味が悪い事件ね……。
ミステリー小説とか推理小説みたいにフィクションなら楽しめたかもしれないけど、現実に起こった殺人事件の話は聞いてるだけで辛いわね……。
ぐっさん
そうだね。
ちなみに今回の事件は皮肉なことに前上の父親が勤めていた警察に捜査本部が設置されたりして別の意味でも有名になった事件でもあるみたいだね。
マキエ
ふーん。
ところで前上が興奮した挿絵が描かれていた小説ってどんな小説なの?
ぐっさん
江戸川乱歩の小説だよ……。
マキエ
あ~……。なんか納得……。
スポンサーリンク

9 件のコメント

    • 黄色の7番さん、コメントありがとうございます。
      >>今やTwitterやFacebookとかでも自殺一緒にしませんかとか出てくる事に闇を感じる……
      あー。今は確かにSNSの時代ですもんね。ただ掲示板より身元が判明しやすい分、まだ自殺系サイトよりかは対応策が取れそうなきがします。

  • 楽しく拝見させて頂いております。
    「羊たちの沈黙」ではないですが、こういった快楽殺人・異常殺人は海外のイメージがあったのですが、最近は日本でも多そうですね。西洋文化流入の影響なのかこういうのも今後は日本でも増えてゆくのかなあ・・
    後、これはできればいいですが、テーマで「SCP財団」(確保(Secure)収容(Contain)保護(Protect))
    をいつか扱ってくれると嬉しいです。ちょっと取っ掛かりにくいとは思いますが・・。

    • TESさん、コメントありがとうございます。
      >>テーマで「SCP財団」(確保(Secure)収容(Contain)保護(Protect))をいつか扱ってくれると嬉しいです。
      ああー!いいですね!SCPの話はボクも大好きです!
      元々の話が既に非常に魅力的なので私の文章力では少し力不足かもしれませんが、SCP財団についてや個人的に好きなSCPについて是非紹介させていただきますね。

  • 死刑を望んでる人って恐いもんなしですよね。死刑制度が犯罪抑止効果どころか利用されちゃってるパターン。

    • かやんばさん、いつもコメントありがとうございます。
      >>死刑を望んでる人って恐いもんなしですよね。
      失うものが無い、というかむしろ失いたいと思っている人はやはり最強ですよね。
      少し意味合いはズレますが、金持ち喧嘩せずとはよく言ったものだと思います。

  • 怖い~。前に似たような外国のマゾヒストの記事をこのブログで読みましたがこの人はサディストだと思います。受けた虐待が性的興奮につながっているところが同じです。どうして虐待が性的興奮になってしまうのかがすごく気になりますね。(-_-)

    • のんさん、いつもコメントありがとうございます。
      >>どうして虐待が性的興奮になってしまうのかがすごく気になりますね。(-_-)
      人間の深層心理の一つに受け入れられない記憶から自分を守るために加害者に同調したり好意を抱く事があるそうです。
      ある意味、自己防衛本能なのかもしれませんね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。