コーヒーが熱かったせいで賠償金3億円!?マクドナルドコーヒー事件の真相とは!

スポンサーリンク
ぐっさん
今回の都市伝説のテーマは「コーヒー」!
それも「コーヒーが熱かったから」という理由で裁判になったといわれる事件についてでっす!
マキエ
あ、聞いたことある!
たしかアメリカでコーヒーをこぼした人が
「コーヒーが熱くなかったらやけどしなかった」
って裁判を起こした話でしょ?
ぐっさん
そうそう。
しかも裁判の結果、なんと270万ドル(当時の日本円で約3億円)の賠償金の支払いを命じられたという耳を疑うような事件だよ。
マキエ
え?
あれって裁判大国のアメリカを皮肉ったジョークじゃないの?
ぐっさん
いや、実際に起きた事件だよ。
日本ではあり得ないような裁判だから都市伝説のように語られてるけどね。
マキエ
え、まさか本当にコーヒーが熱かっただけで3億円ももらえたの……?
ぐっさん
気になってきたところで、早速紹介していきまっす!

コーヒーでヤケドしてしまったステラ

ぐっさん
この事件の正式名称は「マクドナルド・コーヒー事件」と言うんだけど、事件が起こったのは1992年の2月。
ニューメキシコ州のアルバカーキにあるマクドナルドのドライブスルーでコーヒーを購入したおばあさんとその孫がいたんだ。
マキエ
この事件のコーヒーってマクドナルドのコーヒーだったんだ。
ぐっさん
ちなみにこのコーヒーを買った人物が「ステラ・リーベック」というおばあさん。
ステラは駐車場に車を止めて、砂糖やミルクを入れるために両太ももでコーヒーを挟んで蓋を開けようとしたの。
マキエ
あー。私もやったことある。
運転席だとハンドルが邪魔になるのよねー。
ぐっさん
あ、ちなみによく誤解されてるけど運転してたのはステラじゃなくて、一緒にのってた孫ね。
「運転中にコーヒーを飲もうとしてこぼした」っていう話はデマだよ。
マキエ
あ、そうなんだ。
ぐっさん
そしてコーヒーの蓋を開けた時にカップが傾いてコーヒーがステラの太ももにかかってしまう。
その結果、ステラは大やけどを負ってしまい、マクドナルド相手に裁判を起こしたって訳。
マキエ
これだけ聞くとステラっていうおばあさんの不注意に思えるんだけど……。
むしろゴネて大金をせしめ様としてる風にも取れるわね。
ぐっさん
確かに報道ではステラがゴネて大金をせしめたみたいになってるけど、真実はちょっと違うんだ。
マキエ
ん?
どういうこと?

実はステラのヤケドは大怪我だった?


ぐっさん
この話だとコーヒーをこぼしてしまってヤケドしたステラがお金ほしさにマクドナルドを訴えたように思えるけど、実際はかなりの大ヤケドだったんだ。
マキエ
といっても、所詮はコーヒーでしょ?
ぐっさん
所詮はコーヒー、されどコーヒー。
実際のところ、ヤケドの面積は体の16%、そのうち6%がヤケドの分類のなかでも最上級のIII度熱傷だったんだ。
その結果、ステラは7日間の入院と皮膚移植手術、そしてそのケアに2年間近くの通院が必要になっていたんだよ。
マキエ
えぇ……。
かなり大怪我じゃないの。
ぐっさん
しかも治療費はなんと100万円越え。
その上、介護が必要が必要になっちゃって娘は仕事退職せざる負えなくなるという負のスパイラル。
マキエ
え、ヤケドの治療ってそんなにかかるの?
ぐっさん
アメリカは日本とちがって健康保険がないからね……。
マキエ
なるほど……。
ぐっさん
そしてステラがまるで悪者みたいに報道されてるけど、最初にマクドナルドに求めた事は「治療費の支払い」と「コーヒーの温度を下げる事」だけだったんだ。
マキエ
じゃぁなんで賠償金が3億円にまで膨れ上がったの?
ぐっさん
それはマクドナルドが対応をしくじったからさ

示談交渉に失敗したマクドナルド


ぐっさん
賠償金額が3億円にまで膨れ上がった理由はマクドナルドの対応の不備。
ぐっさん
ステラはさっきも言った通り、治療費の支払いとコーヒーの温度について要望を出しただけだったんだ。
そしてマクドナルドはその要求を認めたんだけど、実際にマクドナルドが支払うと言ってきた金額はなんと800ドル(約8万円)。
マキエ
少なっ!
ぐっさん
その回答に納得できなかったステラはマクドナルドの示談を拒否。
そして弁護士を雇って裁判まで話をもっていった結果、今回の裁判に発展したんだ。
マキエ
ふーん。
ぐっさん
ちなみに結果はもうわかってると思うけど、マクドナルド側が敗訴。
16万ドルの賠償金と270万ドルの懲罰的損害賠償額を支払うように命じられたんだ。
マキエ
なにその懲罰的損害賠償額って。
ぐっさん
日本にはない制度なんだけど、まぁ簡単にいうなら「過失がひどいから同じことを繰り返さないように余分に賠償金を払いなさい」ってことだね。
マキエ

へー。そんな制度があるんだ。

マキエ
でも余分に支払うっていう金額が本来の賠償金の約15倍ってとんでもない制度ね……。
ぐっさん
あと、この270万ドルの根拠はマクドナルドのコーヒーの売り上げ2日分なんだって。
マキエ
え!?
マクドナルドってコーヒーだけで二日間で3億円も稼いでるの!?
ぐっさん
すごいよね……。
ぐっさん
ちなみにマクドナルド側の過失として認められたのは全部で三つ。
一つ目は同様の苦情が過去10年間の間で700件近く寄せられていた事。
二つ目は一般的なコーヒーより15℃ほど熱かった事。
三つ目は店員が危険性を説明せず、コップの注意書きが見づらかった事。
マキエ
一つ目と三つ目はともかく、二つ目の「一般的なコーヒーより熱い」ってどういうこと?
ぐっさん
一般的な家庭用のコーヒーメーカーで作るコーヒーは大体70℃ぐらいなんだけど、マクドナルドは85℃だったんだよ
マキエ
細かいわね……。
ぐっさん
でも85℃のコーヒーに触れると15秒以内にはIII度熱傷を負ってしまうという実験結果もあるんだよ。
マキエ
本当に熱かったのね……。
ぐっさん
あと、最後にネタ晴らしするとステラは3億円の賠償金を受け取ってないんだよ。
マキエ
え!?

マクドナルド・コーヒー事件の真相とは

ぐっさん
最後にこの事件の真相についてたんだけど、ステラは270万ドルの賠償金は受け取ってません!
マキエ
え、でも正式に裁判所が下した判決なんでしょ?
ぐっさん
そう。
ただ、これはあくまで裁判所が下した判決なだけであって、最終的にはステラとマクドナルドの間で和解が成立して約50万ドル(約5000万円)を受け取っただけなんだ。
マキエ
あ、そうなんだ。
ぐっさん
でも、ニュースは大怪我さな方が注目をあびるから「コーヒーが熱かったと裁判したら3億円を手に入れた」みたいな報道のされ方をしちゃったみたいだね。
マキエ
ふーん。
でも、結果的にはコーヒーをこぼしただけで5000万円を受け取ってるのよね……。
ぐっさん
そこだけ注目するとアメリカンドリームのようにも思えるけど、この事件が有名になっちゃったせいでステラは詐欺師とか卑怯者のレッテルを張られてしまって肩身の狭い人生を送る羽目になっちゃったそうだよ。
マキエ
あー……。
それを聞くとちょっと考え物ね……。
ぐっさん
以上が、コーヒーをこぼして裁判になった事件の真相。
結構意外な事がいっぱいあったでしょ?
マキエ
そうね。
というか、最初はアメリカの裁判の多さを皮肉ったジョークだと思ってたし……。
マキエ
でも流石アメリカねー。
賠償金の額がすごいわね。
ぐっさん
実際にアメリカじゃゴネ得をねらった「訴訟ビジネス」もあるみたいだしね。
マキエ
私も何か一発当てれないかしら。
ぐっさん
「カップ焼きそばを湯切りする時に蓋が外れてしまって訴訟」とかはどう?
マキエ
食べ物を粗末にしちゃだめよ?
ぐっさん
あ、はい……。
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA