CIAによる人体実験「MKウルトラ計画」ナチスにも負けない非道な実験内容とは!

スポンサーリンク
ぐっさん
今回紹介するのは「MKウルトラ計画」!
CIAが行ったナチス顔負けの極悪人体実験についてでっす!
マキエ
MKウルトラ計画……?
なんかめっちゃ胡散臭い名前なんだけど……
ぐっさん
ところでマキエは他人を思うがままに操れたりすると思う?
マキエ
ん?
唸るほどのお金がありゃできるんじゃないの?
ぐっさん
いや、そういう意味じゃなくて洗脳とか催眠とかって意味で……
マキエ
あ、そっちか。
マキエ
んー。どうだろう。
催眠術はあんまり信じてないけど、洗脳とかならあり得るんじゃない?
マキエ
体や心が壊れても働き続ける日本のサラリーマン達もある意味、会社に洗脳されてる気もするし。
ぐっさん
あー……。そういえばそうだね……。
端から見たら「仕事辞めたらいいじゃん」って思うけど、本人たちはその選択肢を絶対に取らないもんね……。
マキエ
で、今の質問から察すると、そのプロジェクトは洗脳がらみって事?
ぐっさん
そう実はこの極秘プロジェクトの目的は人間の「洗脳」。
それもCIAが行った人体実験についてのお話でっす!
マキエ
うっ……。
ぐっさん
それじゃさっそく紹介してきまっす!

CIAが行った極悪非道な人体実験「MKウルトラ計画」


ぐっさん
この「MKウルトラ計画」というプロジェクトが始まったのは1950年代の初め。
CIAが始めたプロジェクトなんだけど、目的は何度も言うように人間の「洗脳」と「洗脳方法の確立」。
マキエ
ん?
「洗脳方法の確立」ってことはまだ洗脳する方法は見つかってなかったって事?
ぐっさん
そう。
でも、確立してないせいでCIAは思いつくこと片っ端から実行したせいで地獄絵図のような事になるんだ。
ぐっさん
被験者たちを何日間も眠らせないでトランス状態にさせたり、拷問で苦痛を与えたりドラッグによって薬漬けにしたり脳に電極を差し込んだり……。
マキエ
うわぁ……。
本当の人体実験じゃん……。
ぐっさん
他にも末期がんの患者にウラン235を注射したり妊婦に放射性物質を飲ませて胎児の影響を確認したりと洗脳とは関係ないような人体実験も行われてたらしい。
ぐっさん
ちなみにこの実験で犠牲になったのは捕虜や囚人、精神病の患者だったんだけど、当然、実験途中に死亡したり廃人になってしまった人は大勢いたらしい……。
マキエ
もちろん本人の同意なんて無いわよね。
ぐっさん
あるわけないよね……。
ぐっさん
その中でも一番残酷だと言われている実験が
「マンチェリアン・キャンディデート(Manchurian Candidate)」
と呼ばれる実験。
マキエ
キャンディーデート?
なんかかわいらしい響きね。
ぐっさん
直訳すると「Manchurian」は「万華鏡」、「Candidate」は「候補者」って意味になるんだけど意訳すると「多重人格者候補」とか「操り人形」みたいな感じだね。
ぐっさん
洗脳の一貫で被験者に無理やり別の人格を作り出して、自分たちの都合のいい操り人形を作ろうとしたんだ。
マキエ
都合のいい操り人形?
ぐっさん
んー。
例えばきのこの山が大好きな人を捕まえてきて洗脳を実施。
そして新たに「たけのこの里」が大好きな人格を意図的に生み出して、その人格を操ってきのこの山を攻撃させるって感じ?
マキエ
言いたいことはなんとなくわかったけど、たとえ話がややっこしすぎるわ……。
ぐっさん
あと主流だったのがやっぱりドラッグかな
マキエ
ドラッグって麻薬って意味よね?
ぐっさん
そう。
ただ、何が効くかなんてわからないから色んなドラッグが片っ端から試されたんだ。
マキエ
例えば?
ぐっさん
例えばっていうか何でもだよ。
アルコールやカフェイン、コカイン、マリファナ、メスカリン、ヘロインなど手に入るものはなんでも。
マキエ
本当に片っ端から使われたのね……。
ぐっさん
ちなみに一番よくつかわれたのがLSDっていう名前のドラッグ。
マキエ
LSD?
ぐっさん
正式名称は「リゼルグ酸ジエチルアミド(Lysergsäurediethylamid)」っていうんだけど、簡単に言うと超強力な幻覚剤だね。
実は幻覚のせいで被験者が機密を漏らした上、効果が切れた後は秘密を喋ったことをすら覚えていなかったっていう実験結果があったんだよ。
ぐっさん
この結果に味を占めたCIAはLSDをメインに研究を始めたんだけど、速攻で壁にぶち当たるんだ。
マキエ
というと?
ぐっさん
実はLSDはかなり幻覚症状が強いから本当の機密なのか幻覚によって生み出された機密なのかが判断つかなくて信憑性に欠けるってことで自白剤としては使えなかったみたい。
マキエ
あー……。なるほどね。
ぐっさん
でもLSDの可能性を捨てきれなかったCIAは他の部署の職員に抜き打ちでLSDの投与も始めたんだ。
マキエ
この意味の抜き打ちってどういうこと?
ぐっさん
そのままの意味さ。
他の職員が知らないうちにLSDを盛ったんだよ。
マキエ
知らないうちに麻薬を飲まされてたって事!?
ぐっさん
そういうこと。

同僚にまで及んだ人体実験

マキエ
なんでわざわざ自分とこの職員に麻薬を盛るなんてことをしたのよ。
ぐっさん
その理由はスタッフが「LSDを投与されている」と認識していると正しい実験結果が出ないって考えたかららしい。
マキエ
確かに一理あるかもしれないけど、あまりにも非常識すぎるわ……。
ぐっさん
ちなみに、そのせいで何も知らずにLSDを盛られたフランク・オルスン博士が
「自分はこの職場で迫害を受けている」
っていう妄想にかられて自殺しちゃったりもしたらしい。
マキエ
ほらぁ……、やっぱり事故が起きてんじゃん……。
ぐっさん
ちなみにこの事件を受けてさすがにCIAは同じ職員にLSDを盛ったらマズいと判断。
マキエ
中止になったってこと?
ぐっさん
いや、CIAにとって損失が無い人間に盛る事にしたんだ

ついに人体実験は何も知らない一般市民にまで及び始める


マキエ
CIAにとって損失が無い人間って最初にいってた捕虜とか?
ぐっさん
もちろんそれもあるけど、CIAからしたらCIA以外だったら誰でもよかったんだよ。
マキエ
え……、まさか……。
ぐっさん
そう。
次のターゲットとなったのは一般市民。
CIAは娼婦にLSDを渡して売春に来た何も知らない客にLSDを投与するという事を繰り返してたんだ。
マキエ
うへぁ……。
ぐっさん
ただ、このあたりからCIAの暴走っぷりが目立ち始めて、ようやく終息を迎える出来事が起こるんだ。
マキエ
やっとか……。
ちなみに始まってから終息を迎えるまでどれぐらい経ってるの……?
ぐっさん
約20年……。
マキエ
かかりすぎ!!!

ようやく終息を迎えた「MKウルトラ計画」

ぐっさん
そしてこのMKウルトラ計画は内部告発によって終息を迎えます!
マキエ
内部告発?
ぐっさん
そう。
この非道すぎる実験についていけなくなった職員がプロジェクトの内容や実験結果を暴露。
その結果、MKウルトラ計画は閉鎖に追い込まれるんだ。
マキエ
良識のある人もいたって訳ね……。
ぐっさん
このMKウルトラ計画が中止に追い込まれたのは1966年の事なんだけどMKウルトラ計画の責任者だった「リチャード・ヘルムズ」という人が当時のCIA長官「ジョン・アレクサンダー・マコーン」によって責任を追及されることとなったんだ。
マキエ
ん……?
どういうこと?
CIAが行ってる実験なのにCIAが告訴したの?
ぐっさん
そう。
内容としては当時のCIA長官に
「MKウルトラ計画の全容を知らせていなかった」
っていう内容。
ぐっさん
つまり
「私たちCIAはこんな実験が起きてるなんて知らなかった!」
「この実験の責任者はMKウルトラ計画のリチャード・ヘルムズだ!」
って言いたかったみたいだね。
マキエ
責任逃れじゃん!
ぐっさん
はたして本当に知らなかったのか、リチャードがエスケープゴートにされたのかは当時のCIAの上層部しかわからない……。
ぐっさん
ただ、一つ言えることは1966年に責任を追及されてるはずの「リチャード・ヘルムズ」はCIAの長官に就任しています。
しかもヘルムズは計画や記録を殆ど破棄しちゃったせいで当時の情報については今もなおわからないままらしい。
マキエ
いや、もう完璧に裏取引が成立してるじゃん!
なんて責任を追及されてる人が長官になるのよ!
ぐっさん
いやー……。
世の中って不思議なこともあるもんですネ。
マキエ
……。
ぐっさん
以上がCIAが行ったとされる「MKウルトラ計画」の全貌でっす。
マキエ
やっぱり研究とかに没頭しちゃうと周りが見えなくなったり良識が欠けたりするのかしら。
ぐっさん
かもしれないねぇ。
段々と感覚がマヒしていくんじゃない?
マキエ
それもある意味洗脳されてるのかもね……。
ぐっさん
今の科学力でも脳については全然わかってないみたいだけど、逆にすべてが解明されたらその時が一番怖いかもね。
マキエ
今度こそ本当に洗脳されちゃう!
スポンサーリンク