怖い話「あやこさんの木」!伐採時に起きた不可解な出来事とは……!

スポンサーリンク
ぐっさん
今回紹介する都市伝説のテーマは「怖い話」!
それも読者の深紅ノ曼珠沙華さんのリクエストにお応えして「あやこさんの木」という話についてご紹介したいと思いまっす!
マキエ
あやこさんの木……。
普通の単語だけど“怖い話”っていう前置きがあると不気味な単語に聞こえるわね……。
ぐっさん
そういえばそうだね。
でも、それを言ったら殆どの物に当てはまるんじゃないかな?
マキエ
それもそうか。
で、今回はどんな話なの?
ぐっさん
今回の話は旧2chにのオカルト板に書き込まれた話で、シンプルだけど想像するとかなり怖い話って感じかな。
マキエ
ふーん。
ぐっさん
それじゃ早速紹介していきまっす!

とある小学校に伝わる「あやこさんの木」


ぐっさん
今回の話は投稿者による体験談で舞台はとある小学校。
その小学校のグランドには「あやこさんの木」と呼ばれる立派な木が生えていたんだって。
マキエ
ほう。
なんでその木はあやこさんの木って呼ばれてんの?
ぐっさん
理由は誰も知らないんだって。
しかも「木の根元にはあやこさんが埋められている」とか「あやこさんが首吊り自殺をした木」だとか、少し不気味で怖い噂もあったらしい。
マキエ
あー。学校の七不思議みたいな感じ?
ぐっさん
ああ、そうそう。そんな感じ。
ただ、ある日あやこさんの木が切り倒される事が決定したんだ。
マキエ
え、なんで?
ぐっさん
さっきも言ったとおりあやこさんの木は立派だった反面、グランドに生えているせいで体育の時間や運動会とかには邪魔になっていたんだってさ。
マキエ
あー。なるほどね。
ぐっさん
そして事件はあやこさんの木が切り倒される当日に起こります……。

学校中に響き渡った悲鳴

ぐっさん
あやこさんの木が切り倒される日は危険だからという理由で生徒たちはグランドで遊ぶことが禁止され、体育も体育館で行われる事となっていたらしい。
マキエ
ふんふん。
ぐっさん
そして、伐採が行われたのは生徒たちが教室にいる授業中。
チェーンソーの甲高い音が聞こえてきて、そのチェーンソーが木に当たり低音に変わったかと思った瞬間、学校中に
ぎゃああああぁぁぁぁぁあああああああああぁぁ
という叫び声が響き渡ったんだって……。
マキエ
え……?
ぐっさん
しかもその声は歪んだ声だったせいで男の声か女の声かも判別できず、どこから聞こえてきてるのかも分からなかったらしい。
ぐっさん
さらにその声は先生たちにも聞こえていて、先生たちもパニックになっていたそうだよ。
マキエ
まぁ話から察するに、あやこさんの木が叫んでるのよね?
木を切ってる業者は気にならなかったのかしら。
ぐっさん
んー。
そのあたりには触れられていないけど、学校のゆかりのある人にしか聞こえなかったり、もしくはチェーンソーの音で聞こえていなかったとかじゃないかな。
マキエ
ふーん。

あやこさんの切り株に座る少女

ぐっさん
そして学校中に響き渡った悲鳴は木が切り倒されるまで続いたそうなんだけど、その日は短縮授業に切り替えて集団下校が行われ、夜には保護者説明会が開かれたんだって。
マキエ
え、でも木を切ったら悲鳴が聞こえたなんて誰も信じないでしょ?
ぐっさん
そうだね。だから生徒や保護者には
「何者かが放送室に侵入してイタズラを行った」
と説明したらしい。
マキエ
なるほどね。
ぐっさん
で、一応念には念をって事で翌日は休校になったそうなんだけど、投稿者はあやこさんの木が気になって学校まで見に行ったらしい。
そしたら木の周りを白い紐で囲ってお祓いをやっている最中だったんだってさ。
マキエ
ふーん。
やっぱりなんか由来がある木だったのかしらね。
ぐっさん
かもね。
そしてその日の夜、投稿者がスイミングスクールの帰りに再び自転車で学校の前を通ったところ、あやこさんの木の切り株の上に女の子が体育すわりをしているのを目撃するんだ。
マキエ
え、怖……。
ぐっさん
投稿者は直感で
「あの子はあやこさんに違いない……。」
と感じ取り、かなり怖かったらしいんだけど、同時にこの話を学校で話せば話の中心人物になれるって事で嬉しくもあったんだってさ。
マキエ
なかなかタフな神経をしてるわね……。
ぐっさん
そしてそんな事を考えていると、突然「小学生の女の子が行方不明になった」という市内放送が流れてきたんだって。
マキエ
ほうほう。
ぐっさん
その放送をきいた投稿者は
「あれ?もしかしてこの少女はあやこさんではなくて行方不明の女の子では?」
「でも、なんでこんな夜に学校の中に?」
など、様々な矛盾や疑問が頭に浮かんできたらしい。
ぐっさん
ただ「行方不明になった女の子を見つけたらヒーローになれる」って事で恐怖心と戦いながらも女の子に声をかける事にしたんだ。
マキエ
やっぱりタフな神経をしてるわね……。
ぐっさん
そして投稿者は校門をよじ登り、 あやこさんの木の切り株の上で体育すわりをしている女の子のところまで向かう……。
ただ女の子の目の前まで近づいても女の子は顔を伏せたままで、異様な雰囲気に包まれていたらしい……。
マキエ
ほう……。
ぐっさん
そして、投稿者は意を決して
「どうしたの?」
と声をかけたところ、女の子はうつむいたまま
「・・・・・たの?」
と聞こえるか聞こえないかぐらいの声で呟いたんだって。
ぐっさん
聞き取れなかった投稿者は「え?」って聞き返すと、少女は顔をあげて、今度ははっきり
どうして切ったの?
と訊いてきたんだって。
マキエ
もちろんあやこさんの木の事よね?
ぐっさん
そう。
ただ小学生が木を切った理由なんて知るはずも無く何も答えられないまま立ち尽くしていると、女の子の顔はみるみる怒りの表情にかわり、切り株から降りて投稿者に近づいてきたらしい……。
マキエ
あ、フラグ……。
ぐっさん
そして投稿者の目の前で立ち止まったかと思うと
どうしてだーーーーーーーー!
と襲いかかる勢いで怒鳴りつけてきたんだって。
マキエ
怖ぇー……。
ぐっさん
投稿者もこの恐怖には耐えきれず女の子を突き飛ばし、全力で来た道を走って引き返したんだってさ。
ぐっさん
すると学校中から木を伐採したときに聞こえた
「ああああああ!!!」
という悲鳴が再び響き渡りはじめる。
マキエ
げ……。
ぐっさん
そして校門を乗り越えた時、丁度いなくなった小学生を探すために巡回していたパトカーに遭遇。
投稿者は泣きじゃくりながらも事情を説明し警察に助けを求めたんだって。
ぐっさん
警察はひとまず投稿者をパトカーの後部座席にのせて保護。
そしてある程度の事情をきいた警察官たちは投稿者が落ち着くまでの間に学校に入って女の子を探しに行ったらしい。
マキエ
あ、またフラグ……?
ぐっさん
いや、今度は何も起きない。
その後、警察は1人の女の子を連れて学校から出てきたんだけど、その女の子は行方不明になっていた小学生の女の子で無事保護されたんだ。
マキエ
あれ?なんも起こらないの?
というか、あやこさんじゃなかったんだ?
ぐっさん
だね。
で、女の子はお母さんと合流し無事家に帰っていったそうだよ。
マキエ
えー……。なんか釈然としないわね。
ぐっさん
何を期待してたんだよ……。
ぐっさん
で、話を戻すけど今回の事があった翌日は土曜日だったこともあって投稿者は学校を休む事にしたんだって。
マキエ
ふんふん。
ぐっさん
だけど、午後に担任から
「またお祓いをするから一緒にしてもらったほうがいいんじゃないか?」
という電話がかかってきたらしい。
マキエ
やっぱり先生たちはあやこさんの木が原因だってわかってんじゃん……。
ぐっさん
だね。
で、投稿者がお祓いを受けるために学校に行ってみると、昨晩に切り株の上で座っていた女の子も来ていたんだ。
ただ投稿者が昨日の出来事の事をきいてみても、昨日の出来事の全てを忘れていて、投稿者の事も一切覚えていなかったんだってさ。
マキエ
へー。
ぐっさん
終わり。
マキエ
え、あ。終わり?
ぐっさん
うん。
それ以降は特に何も起きなくなったそうだよ。

まとめ

ぐっさん
以上が怖い話「あやこさんの木」についてでした
どうだった?
マキエ
うーん。
完璧に憑りつかれていたって感じなのかしら。
ぐっさん
まぁそういう事なんだろうね。
マキエ
でも“何故その女の子が憑りつかれたのか”とか“あやこさんとはいったい何者だったのか”とか色々謎が残る話でもあるわね。
ぐっさん
まぁ古くからある木って何か神秘的な物を感じるじゃない?
だからやっぱりなんか宿ったりするんじゃないかな?
マキエ
なんかって何よ。
あやこさんが宿ったとでもいう訳?
ぐっさん
いや、そりゃわかんないけど……。
というか“あやこさんが宿る”ってなんだよ……。具体的すぎるだろ……。
ぐっさん
あと最後になりましたがリクエストを頂いた深紅ノ曼珠沙華さん、ありがとうございました。

おまけ(2chに投稿されたあやこさんの木の話)

私が通っていた小学校に、あやこさんの木というのがあった。
なんという種類かはわからないが、幹が太く立派な木だ。

なぜあやこさんの木というのかはわからない。

みんなそう呼んでいたが由来はだれも知らない。
そんな名前の木だから、あやこさんの木にはいろいろな怪談があった。

あやこさんの木の下には、
あやこさんが埋められているとか、
あやこさんが首吊りをしたとか、
夜中にあやこさんが枝に座っていたとか。

そのあやこさんの木が切られることになった。

整地されたグランドには不釣合いな木だし、
100m走のスタート位置のすぐ後ろに立っていて、
体育の時間や運動会の時はかなり邪魔になっていた。

あやこさんの木が切られる日は、
危ないから休み時間に校庭で遊ぶのは禁止され、
体育も体育館で行われることになった。

授業中にチェンソーの音が聞こえ、
そのチェンソーの音が木を切っている音に変わった瞬間、

「ぎゃああああぁぁぁぁぁあああああああああぁぁぁぁ」

という凄まじい叫び声が聞こえた。

男なのか女なのかもわからないほど歪んだ声。
どこから聞こえてくるのかわからない。
教室から聞こえてくるようにも思えるし、遠くから聞こえてくるようにも思える。

先生はすぐに授業を中断し廊下に出て、他の先生と話し合いを始めた。
その間もずっと叫び声は続いている。
数分たって、校庭に避難することになった。
避難してる最中も叫び声は聞こえる。

叫び声は学校中に響いていて、やはりどこから聞こえてくるのかわからない。
校庭に避難してからも、学校の中から叫び声が聞こえる。

しばらくしてあやこさんの木が切り倒されると、叫び声は止んだ。

その日は何も持たずに、そのまま集団下校をすることになり、
夜になって保護者説明会があり、次の日は休校ということになった。
保護者には、誰かが放送室に侵入していたずらをしたと説明したらしい。

翌日に友達と学校へ行ってみたが、校門は閉じられていて中に入れない。
道路から校庭が見えるので、あやこさんの木を見てみると、
大人が何人かいて、切り株になったあやこさんの木の周りを
白い紐で囲っている。

どうもお祓いをやっているような感じだ。

その日の夜、スイミングスクールの帰りに、
自転車で学校の前を通り、何気なく校庭のあやこさんの木を見ると、
あやこさんの木の切り株に、女の子が座っているのが見えた。

うちの小学校は一箇所だけ夜間照明があり、
それがあやこさんの木のすぐそばにある。
だから遠いが結構はっきりと見える。

間違いなく女の子が切り株の上で体育座りしている。

夜の10時過ぎだ。

こんな時間に女の子が、あやこさんの木の切り株に座っている。
あやこさんだ。間違い無くあやこさんだ。
恐怖もあったが、明日はこの話題で持ちきりになるだろうという
嬉しさのほうが強かった。

早く家に帰ろう、そう思い自転車をこぎ出すと、市内放送が流れた。
こんな時間に市内放送が流れるなんてめったにない。
自転車を止めて聞いていると、どうやら小学生の女の子が
行方不明になっているらしい。

小学生の女の子?
さっきの切り株に座っていた女の子が頭をよぎった。
あの子かな?でも、なんであんなところに座っているんだろ?
正直かなり怖かったが、女の子を見つければヒーローになれる。
その誘惑に勝てず、一人で校庭に忍び込むことにした。

校門の前に自転車を止めて、校門をよじ登り飛び降りた。
その瞬間にゾクッという悪寒が走った。
ただでさえ夜の学校は怖いのに、その上、あやこさんの木の切り株の上に
女の子が座っている。

どうしようか迷った。
一度家に帰って親と一緒に来ようか?
でもやはり一人で見つけたかった。

校門からあやこさんの木まで、100メートルちょっとある。
ビクビクしながらあやこさんの木に近づいていった。
女の子は顔を伏せて、切り株の上で体育座りをしている。

異常な光景を目の当たりにして、声を掛けることができなかった。

ここまできて引き返そうかとも思った。
それほど目の前の女の子が怖かった。
でも足が動かない。

1分ほど黙って女の子の前に立っていたが、
意を決して「どうしたの?」と声をかけた。
女の子は顔を伏せたまま

「・・・・たの?」と言ったが、ボソボソと話して聞こえない。

「え?」と聞き返すと、「どうして切ったの?」と訊いてきた。

あやこさんの木のことかなと思ったが、
私にどうしてと言われてもわからない。

答えられずにいると、
女の子はゆっくりと顔を上げて私を見つめた。
普通の女の子だ。

だが、女の子の顔が怒りの表情に変わっていく。
立ち上がって切り株から降り、近づいてきた。
逃げ出したかったが、やはり恐怖で足が動かない。

女の子は私の目の前で止まり、
「どうしてだーーーーーーーー」と叫んだ。

その瞬間に

「あ゛あああああああぁぁぁぁぁあああぁぁぁぁ」

という、あの歪んだ声が学校から聞こえてきた。

学校の窓は全て閉めてあるが、声が漏れて聞こえてくる。
あまりのことに、私は女の子を突き飛ばし全速力で逃げた。
校門まで遠い。

振り返りたい衝動に駆られたが、絶対に振り返ってはいけない気がして、
とにかく全力で走った。

走ってる最中も、学校からはあの声が聞こえる。

校門の前にパトカーが止まっているのが見えた。
助かった。涙が出そうなほど嬉しかった。

「助けてーーーー」と夢中で叫んだ。

警官が「どうした?なにがあった?」と聞いてきても、泣いて答えられない。
何人かが校庭に入っていき、女の子を抱えて出てきた。
パトカーの中で落ち着かせてもらって、やっと話せるようになり、
ありのままを話した。

信じてくれたかどうかはわからないが、校庭に入った警官は、
学校から聞こえてきたあの声を聞いてるはずだ。

あの女の子はやはり行方不明になっていた女の子だったようで、
母親が泣きながら女の子を抱きしめている。

私は夜も遅かったので親に連絡をして呼んでもらい、一緒に帰った。

翌日は土曜日だったこともあり、学校を休むことにしたが、昼過ぎに、

「またお祓いをするから、一緒にやってもらったほうがいいんじゃないか」

と担任に言われ、
昼過ぎに学校へ行くことにした。
あの女の子も同じ小学校の下級生で、お祓いをしてもらうために
親と一緒に学校へ来ていた。

少し話をしたが、私のことを覚えていないどころか、
昨日の記憶がほとんど無いらしい。
校長も教頭も、小学校の先生がほぼ全員一緒にお祓いを受けた。

なんだか葉っぱのたくさんついた樹の枝みたいなので、
頭をバサバサやられたりしたのを覚えている。

お祓いが効いたのか、それからは何も起こらなくなった。
先生達にあやこさんの木について聞いてみたが、何も知らないという。
昔からある木だから、何かが宿っていたのかもしれない。

あの小学校の前を通る時は、今でもたまにゾクッとする。
見ないほうがいいと分かってはいるが、あの切り株を見てしまう。
もう何の変哲もない、ただの切り株になっていることを願う。

スポンサーリンク

9 件のコメント

    • さつきさん、こんばんわ。いつもコメントありがとうございます。
      >>桜の木の下には死体が埋まっている
      ありましたねー!サクラが綺麗なのは死体が理由だとか言う話が。
      最近はこういった話もあまり聞かなくなってしまいましたね。

  • あや子さんの木、シンプルな話ですね 最近は、学校の都市伝説も含めて怖い話が減っているのが寂しいと感じました 。これからもこうした怖い話を更新して下さい!✌️

    • のんさん、こんばんわ。いつもコメントありがとうございます。
      少しでもお楽しみいただけて何よりです。
      最近はオカルトブームも去ってしまい、こういった話も徐々に減りつつあるような気もします。
      できるだけいろんなジャンルを取り上げていきたいと思っていますのでこれからもよろしくお願いします。

  • リクエスト、有難う御座います!
    そしてウザいくらいのしつこいリクエスト、ごめんなさい(>_<)
    でも、本当に楽しかったです!
    ぐっさん達の編集能力の高さとそのクオリティでの投稿頻度には毎回驚かされます!

    • 深紅ノ曼珠沙華さん、いつもコメントありがとうございます。
      リクエストにお応えするのが遅れてしまいすいませんでした。
      お恥ずかしながら割と誤字が多く、皆さんにご指摘していただく事も多いのでクオリティについてはどうか分かりませんが、少しでもお楽しみいただけたのなら幸いです。

  • そういえば自分の小学校にあったヒマラヤ杉、とある大地震の時に絶対に倒れる老木と言われていたのにまるで意思持ったかのように持ちこたえていました。
    ヒマラヤ杉自体も曲がりもしませんでした!

  • 先程、ある特撮ヒーローの動画を見ていたら、このようなセリフがありました。

    「英雄ってのはさ、英雄になろうとした瞬間に失格なのよ」

    女の子を見つけて”自分から”ヒーローになろうとしたから、こんな恐ろしい目にあってしまったんですかねw

    • SHAZAMさん、いつもコメントありがとうございます。
      >>「英雄ってのはさ、英雄になろうとした瞬間に失格なのよ」
      あー……。たしかに良いカッコしようとする時って対外裏目にでますよね(笑)
      あと、頂いたコメントをよんで戦争映画である「ブラックホークダウン」でも
      「英雄になりたい奴はいない……ただ結果としてなるだけだ」
      と語られているのを思い出しました。ある意味世界共通なのかもしれません(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。