シアトルにそびえ立つ「ガムの壁」!信じられないぐらい不衛生な観光スポットとは!

スポンサーリンク
ぐっさん
今回紹介するテーマは「お菓子」についてでっす!
マキエ
またえらくファンシーなテーマを持ってきたわね。
ぐっさん
まぁ今回はお菓子と言っても特に「ガム」に特化した話なんだけどね。
マキエ
ガム……。
なんでだろ。「お菓子」って聞くとメルヘンチックだけど「ガム」って聞くとメルヘン感が激減するわね。
ぐっさん
ちなみにマキエはお菓子の家とかが実在したらどうする?
マキエ
お菓子の家かー。
よく子供向けの絵本とかに登場してるわよね。
マキエ
え、何。
今回はお菓子の家が現実に登場したとかそんな話?
ぐっさん
いや、ちょっと違うんだけど、もしお菓子の家が実現したらどうするかなーって。
マキエ
どうするもなにも、そんな不衛生な物は私は食べないわよ……?
カロリーとかもヤバそうだし……。
ぐっさん
非現実的な質問に対して現実的な意見をありがとうございます……。
ぐっさん
ただ、お菓子の家は存在しないにしても、実はガムの壁は存在するって知ってた?
マキエ
ガ……ガムの壁……?
ぐっさん
気になってきたところでさっそく紹介していきまっす!

シアトルにそびえ立つガムの壁。

ぐっさん
まず、マキエに一つの写真を見てもらいたいんだ。
とあるお店の壁の写真なんだけど、その写真がコレ。
マキエ
すごいカラフルな壁ね。
いかにも外国の壁って感じ。
マキエ
……ん?
ちょっとまって、これって……。
ぐっさん
ちなみにズームアップした写真がこちら。
マキエ
えっ……。何これ……。
水玉模様だと思ってたのはもしかして……。
ぐっさん
そう。
実はこれは全部、噛み終わって捨てられたガムなんだ……。
マキエ
嫌ぁぁぁあ!
汚いーーー!
何てもの見せてくれんのよ!
ぐっさん
お菓子の家は存在しないけど、お菓子(ガム)の壁は存在したって事だね……。
マキエ
こんなものはお菓子の家とは絶対認めないからね……。
マキエ
それより何なのよ、コレ……。
ガム製造会社の宣伝とかそんな……?
ぐっさん
広告目的でこんな事したら大クレームが殺到するだろうに……。
ぐっさん
実はこれ実は海外では有名な観光スポットなんだよ。
マキエ
は!?

世界の不衛生な観光スポット上位ランカー「ガムの壁」

ぐっさん
実はこの壁はアメリカのシアトルにある「Gum Wall」と呼ばれる観光スポットなんだ。
マキエ
えぇ……。
なんでこんな汚い所が観光スポットとして有名になるのよ。
ぐっさん
なんでもシアトルで一番汚い観光スポットなんだって。
マキエ
それは悪い意味で有名なだけじゃない!
ぐっさん
ちなみに世界で2位の不衛生観光スポットでもある。
マキエ
え、この壁より上がいるの……?
ぐっさん
余談だけど1位はアイルランドのブラーニー城っていうところで
「キスをすると雄弁になる」
っていう石があって、みんなキスしまくるからめちゃめちゃ汚いらしい。
マキエ
この壁といい勝負ね……。
マキエ
っていうか、なんでこんな壁ができあがったのよ。
ぐっさん
この壁はもともとは普通の壁だったんだけど、ある日、近くにある劇場の開演を待つ1人の青年が壁にガムを擦り付けたらしいんだ。
マキエ
ふんふん。
ぐっさん
そのたった一つのガムがきっかけでみんなが真似をして今みたいなガムの壁ができ上ったんだって。
マキエ
えっ……。
たったそれだけの出来事で……?
ぐっさん
世の中何が起こるかわからないよね……。
マキエ
近くの住民の人とかは文句いわなかったのかしら。
ぐっさん
もちろん文句も言うし清掃活動も行ったらしいよ。
ただ、いくら清掃してもすぐにガムが復活するから最終的には諦めたらしい。
マキエ
諦めるなよぉ……。
ぐっさん
その後は逆転の発想でガムの壁っていう名前で観光スポットにしたって感じかな。
マキエ
いやー……。
いやいやいや……。
なんか色々おかしいわよ……。
ぐっさん
ちなみにこのガムの壁。
マキエ
うん。
ぐっさん
両サイドにあるからね?
マキエ
……。
絶対変な病気とか蔓延してそう……。

2015年に20年ぶりの大掃除を実行!でもすぐにガムの壁は復活……!?

ぐっさん
このガムの壁の始まりは1993年頃から作られたらしいんだけど、ついに2015年に20年以上ぶりに大々的な清掃が行われました!
マキエ
ああ、さすがにそうよね。
こんな不衛生な物は置いとけないわよね
ぐっさん
このガムの壁の清掃が行われたのは2015年の11月10日~13日。
3日間がかりで行われた清掃活動で壁からそぎ落とされたガムの重さはなんと1070㎏!
マキエ
1t超えてんじゃん!
ぐっさん
木材建築の日本なら倒壊してそうな重さだよね。
マキエ
でも、よかったわね。
観光スポットが減るのは近くのお店からしたらデメリットもあるかもしれないけど、こんな不名誉な観光スポットは無いほうがいいわよね。
ぐっさん
え?
観光スポットは無くなってないよ?
マキエ
なんでよ。
綺麗になったんでしょ?
ぐっさん
綺麗にはなったけど、別に再びガムを張り付けるのは禁止されていないんだよ。
マキエ
え……。
まさか……。
ぐっさん
そう。
清掃が終わってすぐにガムは次々に復活。
流石に20年間もの間、張り付けられた量には及ばないけど今でもどんどんガムの壁が形成されていってるらしいよ。
マキエ
禁止しろよぉぉぉ……。

まとめ

ぐっさん
以上が実在したお菓子(ガム)の壁でした。
どうだった?
マキエ
うん……。
なんか単純に汚い……。
潔癖症の人がみたら卒倒するんじゃない……?
ぐっさん
潔癖症じゃなくてもさすがにここまで来たら嫌悪感を覚えるけどね……。
マキエ
そんなもんをわざわざ見せるんじゃないわよ……。
ぐっさん
みんなもガムのポイ捨てはやめようね♪
想像を絶する未来が待ち構えてるかもしれないぞ♪
マキエ
無理やりに良い話風で終わらせるんじゃないわよ……。
ぐっさん
ちなみにグーグルマップで「Gum Wall」と検索すればストリートビューで見ることもできまーす。
興味があったら是非見てみてね。
マキエ
私はパスで……。
スポンサーリンク

2 件のコメント

    • 百式さん、こんばんわ!コメントありがとうございます。
      割れ窓理論というか、ガム壁理論というか「逆転の発想でマイナスポイントをプラスにしようぜ!」って実行した結果、更にマイナスポイントが積もり積もった感じですよね……。
      ここで「壁に引っ付きやすいガム」とかを販売したら大儲けできそうな気がしないでもないです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。