宇宙人?人間?チリで発掘された全長15センチのミイラ「アタカマ・ヒューマノイド」!

スポンサーリンク
ぐっさん
今回の都市伝説のテーマは「宇宙人のミイラ」!
それも人の形をした体長15センチの人の形をしたミイラついて紹介していきまっす!
マキエ
15センチって何が15センチなの?
ぐっさん
いやいや、今言ったじゃん。
体長が15センチのミイラだよ。
マキエ
体長15センチの人間なんているわけ無いじゃん。
ぐっさん
そう。
だから宇宙人のミイラとか超常現象とか言われてるんじゃないか。
マキエ
……。
ふーん。
ぐっさん
あ!信じてないな!
今回は本当にかなりミステリアスなんだぞ!
マキエ
せめて「今回“も”」って言いなさいよ……。
ぐっさん
そんな事は置いといて、さっそく紹介していきまっす!

南米チリで発掘された宇宙人のミイラ「ミイラアタカマ・ヒューマノイド」

ぐっさん
それじゃ、まずは早速、問題のミイラを見ていただこうと思います!
そのミイラの写真がコチラ!


マキエ
なんか作り物っぽく無い……?
ぐっさん
えぇ……。
いきなりそれは無いでしょ……。
マキエ
いや、だってこれ以上となく作り物っぽいもの……。
しかも、どっかで見たことあるし……。
ぐっさん
え、嘘やん……。
マキエ
あ。思い出した……
地方のお土産屋さんで売ってる骸骨のキーホルダーだ……。
ぐっさん
あ、やべぇ……。似てる……。
マキエ
否定しなさいよ……。
マキエ
まぁ、とりあえずこれが本物として話を進めるけど、これは一体何なの?
ぐっさん
おっと、そうだった。
このミイラは2003年にチリにあるアタカマ砂漠で発掘されたミイラなんだ。
マキエ
アタカマ砂漠?
ぐっさん
チリのアンデス山脈と太平洋の間にある砂漠の事だよ。
ちなみにアタカマ砂漠で発掘されたことから「アタカマ・ヒューマノイド」って名称で呼ばれてる。
マキエ
ふーん。
ぐっさん
そしてこのアタカマ砂漠はUFOの目撃が証言が多い土地でもある。
他にも巨大な地上絵が描かれていたり、長頭の頭蓋骨が発掘されたり色々とミステリアスな土地だったりもするんだ。
マキエ
へー。
マキエ
で?
ぐっさん
えっ!?
マキエ
いや、話のオチは?
どうせ作り物なんでしょ?
ぐっさん
いや……。
実はこれ、本物なんだよ……。
マキエ
……。
マキエ
えっ!?

スタンフォード大学が本物と認めた「アタカマ・ヒューマノイド」

ぐっさん
この一見、作り物にも見えるアタカマ・ヒューマノイドはさっきも言った通り……
ぐっさん
実は本物です!
マキエ
え!まじで宇宙人のミイラなの!?
ぐっさん
あ、ボクが言ってる“本物”ってのはそこじゃない。
マキエ
ん?
どういう意味よ。
ぐっさん
ボクがいってるのは意図的に作られた物じゃないって事だよ。
マキエ
え……?
どういうこと……?
マキエ
あ、わかった。
小動物のミイラか何かなんでしょ?
ぐっさん
いや、実はこのアタカマ・ヒューマノイド……。
実は「人間」なんだ……。
マキエ
は!?
身長15センチなのに!?
マキエ
というか、誰か「本物」って言ってるのよ。
デタラメ言ってるんじゃないの?
ぐっさん
このアタカマ・ヒューマノイドを精密検査を引き受けたのはアメリカのカリフォルニア州にあるスタンフォード大学。
マキエ
あ、知ってる。
有名よね。
マキエ
え、まさかスタンフォード大学が「人間だ」って言ってるの……?
ぐっさん
その通り。
アタカマ・ヒューマノイドはスタンフォード大学で幹細胞生物学の研究を行っている人たちよってがレントゲン検査やCTスキャンやDNA鑑定といった精密検査が実施されたんだ。
マキエ
ふんふん。
ぐっさん
その結果、導き出された答えはさっきも言ったけど「男性の人間」。
しかも、驚くべき事に年齢は約6歳から8歳なんだって。
マキエ
え!?
生きてたの!?
この状態で!?
ぐっさん
うん。
その証拠に内臓には未消化の食べ物が残っていて歯も永久歯が生えていたらしいよ。
マキエ
なんでこんなことに……?
ぐっさん
科学者たちは「重度の小人症」じゃないかって仮説を立ててるみたいだよ。
病気か何かで成長できなくなった胎児がそのまま生存し続けた稀なケースじゃないかって。
マキエ
うーん……。
そんな事ってあり得るのカシラ……。
ぐっさん
実際に起きてることだしねぇ。
マキエ
ちなみに何を根拠に、このミイラを「人間」だって言ってるの?
ぐっさん
それはさっきも言ったDNA検査。
このアタカマ・ヒューマノイドからはチリの先住民族たちと同じDNAが含まれている事が確認されているんだ。
つまり、少なくとも「地球の人類を先祖とするヒト科の生物」ではあるらしい。
マキエ
「地球の人類を先祖とするヒト科の生物」……。
つまり、人間ってことか。
ぐっさん
そういうことだね。

まとめ

ぐっさん
以上がチリで発見された全長15センチのミイラ「アタカマ・ヒューマノイド」」についてでした。
どうだった?
マキエ
うーん……。
最初見たときは「ああ、また作り物か」って思ったけど、まさか本物だったのはびっくりしたわね。
ぐっさん
あー。確かに……。
外見は精巧な作り物っぽく見えるもんね。
マキエ
でも、なんか「人間でした」って言われた結果、さらに謎が深まった感じがするわね……。
ぐっさん
でも、普通ならおもちゃと勘違いして捨てちゃいそうだけどね。
マキエ
あ、なんかわかる……。
スポンサーリンク