ノーフォーク連隊失踪事件!341人が雲の中に消えた最大の神隠し事件!

スポンサーリンク
ぐっさん
今回紹介する都市伝説は失踪事件!
それも一度に300人以上が失踪するという大規模な失踪事件の都市伝説でっす。
マキエ
え、なに。
300人が同時に消えたの?
ぐっさん
そう。
正確には341人が突如として姿を消した事件。
マキエ
1人や2人ならともかく341人が一斉に消えるなんてありえるの……?
ぐっさん
本当ならあり得ないからこそ怪奇事件として語られてるんじゃないか
マキエ
ああ、それもそうか……
ぐっさん
ちなみにこの話はドラえもんでも紹介されてたりする有名な話だったりもする。
マキエ
え、そうなの?
ぐっさん
映画版の「ドラえもん のび太の日本誕生」でちょこーっとだけ出てきてるよ。
覚えてたりしない?
マキエ
全然……。
ぐっさん
あっそう……。
ぐっさん
とりあえず、さっそくこの都市伝説について紹介していきまっす!

341人が雲の中へ消えた「ノーフォーク連隊失踪事件」

ぐっさん
この大規模な失踪事件が起こったのは第一次世界大戦のまっただ中の1915年の8月28日。
ぐっさん
イギリス軍のノーフォーク連隊がトルコを攻略するためにガリポリ半島に上陸。
そしてサル・ベイという丘に向かって進軍している時に起こったんだ。
マキエ
ガリポリってお菓子を食べてるような名前の島ね。
ぐっさん
どっちかってーとタクアンじゃない?
マキエ
いちいち拾わなくていいから……。
ぐっさん
で、その時の天気は快晴だったんだけど、所々にクロワッサン型の灰色の大きな雲があったのは目撃されていた。
そして、ノーフォーク連隊が丘に登り始めたところ徐々にその雲が降りてきてノーフォーク連隊と重なりはじめたんだ。
ぐっさん
その後、雲は徐々に丘全体を飲み込みはじめて最終的にはノーフォーク連隊すべてが雲に覆われる形になったんだ。
マキエ
ふんふん。
ぐっさん
そして、1時間ぐらいたった後、雲は風に流されて消えていったんだけど、本来ならばそこにいなければいけないはずのノーフォーク連隊の全員が影も形もなく失踪してしまっていたんだ
マキエ
おおぉ……。
なんか不気味ね。
マキエ
でも、私はこの都市伝説の矛盾に気がついちゃったわ
ぐっさん
矛盾?
マキエ
全員が失踪したなら誰もこの事件を伝えることができないじゃない。
マキエ
作り話決定ね。
ぐっさん
あ、ちなみに目撃者はオーストラリアとニュージーランドの連合軍です。
マキエ
あ……目撃者はちゃんといたんだ……。
ぐっさん
しかも、この事件を目撃した軍人はこの出来事を署名付きで証言もしてたりもする。

署名付きで怪異現象を証言した3名の軍人


ぐっさん
この怪奇現象を目撃したのはオーストラリア軍とニュージーランド軍の連合軍であるアイザック軍団。
そのアイザック軍に所属していた3名が署名付きで今回の事件の出来事を証言したんだ。
マキエ
署名付きってところが信憑性あるわね……。
ぐっさん
ちなみに署名した3人というのは
・サッパーズ・F・ライカート
・R・ニューンズ
・J・L・ニューマン
という軍人。
ぐっさん
この3人が証言した内容は
・時速4.5マイルぐらいの風が吹いていたが雲は形を変えず同じところにとどまっていた
・雲はいくつかあったが、大きさは長さ800フィート、厚さ200フィート、幅200フィートほどあった。
・英国軍の制圧地区から14チェーン程度の位置に存在していた。
・数百名からなる英国連隊(ノーフォーク連隊)が英国軍の制圧地区に向かうのが見え、雲の中に入っていくように見えたが誰一人出てくることはなかった。
・戦闘行為は行われていない。
という内容。
マキエ
14チェーンって何?
ぐっさん
チェーンは距離の単位で66フィート。
14チェーンは281.635メートルだね。
マキエ
なんかめっちゃ詳しいわね……。
ぐっさん
これでもボクが完結に書いただけで、原文はもっと細かいよ。
マキエ
むー……。
この署名付きで証言した内容ってのは本当なのよね?
ぐっさん
署名付きで証言してるって所は本当だよ。
マキエ
でも300人の人間が一斉に消える事なんてありえないし……。
いったい何が起こったのかしら。
ぐっさん
実はイギリス軍も彼らの足取りを掴めていなかったんだ。
その証拠に戦後になってイギリス軍はオスマン帝国にノーフォーク連隊を返却するように要請した記録が残ってる。
マキエ
どういうこと?
ぐっさん
イギリス軍はノーフォーク連隊がトルコ軍に拉致されたと考えたからさ。

オスマン帝国に返還請求を行ったイギリス軍。


ぐっさん
超常現象や怪奇現象が実際にあるか無いかは別として、戦争中に部隊と連絡が取れなくなった上層部はどう考えると思う?
マキエ
んー。
そりゃ壊滅させられたか、捕虜になってしまったかのどっちかよね。
ぐっさん
その通り。
ノーフォーク連隊と連絡が途絶えた上層部は調査隊を派遣してノーフォーク連隊の調査したんだけど、調査隊はノーフォーク連隊の死体すら発見することが出来なかった。
ぐっさん
その結果、イギリス軍はノーフォーク連隊はトルコ軍に降伏し捕虜として連れ去られたと結論づけたんだ。
マキエ

んー。
まぁたしかにその考えが理にかなってるかもね。

ぐっさん
そして戦後になってイギリス軍はオスマン帝国にノーフォーク連隊と将兵の返還を要求。
ぐっさん
しかし、返ってきた返事は
「そんな部隊は知らない。」
「戦闘記録もなければ捕虜の記録もない」
というものだった。
マキエ
そういえばさっきの証言した3人も
「戦闘行為はなかった」
って言ってたもんね。
ぐっさん
この時点でイギリス軍はノーフォーク連隊が原因不明で消息不明になってることに気付く。
しかし、いまさらどうしようもなくこの事件は過去最大級の神隠し事件として名を残すことになったって訳。
ぐっさん
ちなみに真相が気になる人はこっちの記事をみてね!
【現在執筆中】
マキエ
え!信じかけてたのに解明されてんの!?
スポンサーリンク