インドで男性が妊娠!果たしてそのお腹の中の正体とは!?

スポンサーリンク
ぐっさん
今回紹介する都市伝説は男性の妊娠について!
それもインドで実際に実際に起きた怪奇現象についてでっす!
マキエ
へー。
ぐっさん
あれ!?
なんか反応薄くない!?
男の人が妊娠したんだよ!?
マキエ
いやー……インドなら何が起きても不思議じゃないっていうイメージが……。
ぐっさん
マキエのインドのイメージってどんなんだよ……。
マキエ
でも、冷静になって考えたら男性が妊娠するってすごい事よね。
ついに腐女子の夢が現実になったの?
ぐっさん
そっちに話を持っていかないように……。
とりあえず早速紹介していきます。

インドに現れた妊娠した男性……

ぐっさん
この怪奇現象が発生したのはインドのムンバイ。
そこに農業を営む「バガット」っていう人がいたんだ。
マキエ
ふんふん。
ぐっさん
バガットは子供のある時からお腹が少しづつ膨らんでいくのを感じてたんだけど、特に私生活には影響がなかったからほおっておいたんだ。
ぐっさん
そして事件が起こったのは1990年。
バガットは激痛と呼吸困難に襲われムンバイにあるタタ記念病院というところに救急搬送された。
そして恐ろしいことにバガットのお腹はこの時には女性の臨月と同じぐらいの大きさになっていたんだ。
マキエ
臨月ってだいぶ大きいわよ?
本当にそんなに大きくなってたの?
ぐっさん
普通じゃ信じられないよね。
でも写真が残ってるから、それを見てもらったら真実だと分かるはずだよ。
ぐっさん
ちなみにその時の写真がこちら!
マキエ
うええええ!?
もう本当の妊婦じゃん!
マキエ
え?
作り物画像とかじゃないわよね?
ぐっさん
うん。
正真正銘の本物の写真。
マキエ
あ、わかった。
元々は女性だったけど、性同一性障害で男性として生きてたとか?
ぐっさん
ブッブー。
でもいい線付いてるかもね。
それじゃ最後にネタ晴らしをしていきまっす。

妊娠の正体は胎封入奇形胎児

ぐっさん
実はこのバガットの妊娠の原因は「胎封入奇形胎児」だったんだ。
マキエ
胎封入奇形胎児?
ぐっさん
胎封入奇形胎児っていうのは母親が双子を妊娠したときに一人の子供がもう一人の子供を吸収しちゃう妊娠中の病気の一種だよ。
つまりバガットの妊娠の正体は双子の兄弟だったんだ。
ぐっさん
ブラックジャックでいうところのピノコだね。
マキエ
ああ、そういえばピノコって女の人のお腹から出てきた臓器で作られてたんだっけ……
マキエ
ということはつまり、子供の時からバガットさんのお腹の中には双子の兄弟がいて一緒に育ってたって事?
ぐっさん
そういう事。
マキエ
マジか……。
ブラックジャックとか漫画だけの話かと思ってたけど本当にそんな事ってあるのね……。
ぐっさん
取り出された”腫瘍”はブラックジャックみたいに人間の形はしていなかったけど、でも腕とか足とか髪の毛といった明らかに人間の物って判別できるものが次々に出てきたらしいよ。
マキエ
あわわわわ……

バガットの容態は……?

マキエ
ところでバガットさんはこの後、どうなったの?
大丈夫だったの?
ぐっさん
搬送されたときは”腫瘍”がガバットの横隔膜を押し上げて呼吸すらままならない状態だったらしいけど、手術の後はすぐに元気になったらしいよ。
マキエ
そう。よかった。
でも、お腹の中に自分の兄弟がいて、それを切り取られちゃうってどんな気持ちなのかしら……
ぐっさん
さすがにそればっかりはバガットじゃないと分からないね……。
ただ、バガットは今回の一件について

「自身の腹から取り出されたものについては知りたいと思うことはなかった」

っていうコメントを残してるよ。

マキエ
現実は小説より奇なりって感じな事件ね……
スポンサーリンク