八甲田山の無人別荘から119番通報!?そこは199人が死亡した八甲田雪中軍行遭難事件の現場だった!

スポンサーリンク
ぐっさん
今回の都市伝説のテーマは怪奇現象!
それも「無人の別荘から119番通報がかかってきた」という話についてでっす!
マキエ
あー。まぁ怖い話では定番のネタよね。
電話線の繋がってない電話が鳴るとか誰もいない病室からナースコールが鳴るなんてよく聞くわね。
ぐっさん
ただの作り話なら「怖いな~」で済むんだけど、実際に起きてるからタチが悪いよね……。
マキエ
えっ、作り話じゃ無いの……?
ぐっさん
うん。
実はこの話は百式さんという方から提供してもらった話なんだけど、実際に警察や消防隊が現地に向かって確認したのに原因が分からないっていう前代未聞の怪奇現象なんだ……。
マキエ
へぇ~。
ちょっと興味がわいてきたかも。
ぐっさん
しかも、そこは199人が遭難して死亡した曰く付きの場所でもあったりする……。
マキエ
えっ……。
ぐっさん
それじゃさっそく紹介していきまっす!
マキエ
ちょっ……、なんか最後に怖いのが付け加えられたんだけど……。

無人の別荘から119番通報!救急隊員が駆け付けるも別荘は無人……?

ぐっさん
この怪奇現象が起きたのは青森にある八甲田山っていう所なんだけど、マキエは聞いたことある?
マキエ
知らない。
というか、読み方すらわかんない。
ぐっさん
八甲田山の読み方は“はっこうださん”っていうんだけど、青森県の丁度中心ぐらいにある山だよ。
ちなみに季節や天候によっては-30℃とか-40℃になったりするぐらい過酷な場所だったりします。
マキエ
え、日本でもそんな気温になるんだ。
ぐっさん
北の方では割と普通らしいよ。
マキエ
へぇ。
ぐっさん
そして今回紹介する出来事が起こったのは2014年の5月17日。
青森県の消防司令部に一本の緊急通報がかかってきたんだ。
ぐっさん
通報を受けた消防隊員は事件か事故を確認するために電話をかけてきた相手に「事件ですか?事故ですか?」と問いかけたんだけど、聞こえてくるのは「ザザザーッ」ていうノイズ音のみ。
マキエ
ふんふん。
ぐっさん
消防隊員は不審に思いつつも、通報者が喋れない状態になっている可能性を考えて即座に逆探知を実施。
その結果、電話をかけてきているのは八甲田山にある別荘であることが判明したんだ。
ぐっさん
そして消防隊員は別荘に泊まりに来ていた人に何かの事件や事故が発生して喋れない状態にあると判断して現地に10名の隊員を向かわせたんだ。
マキエ
10名って多くない?
ぐっさん
何が起きてるか分からなかったから消防だけじゃなくて警察や救急車まで出動したからね。
マキエ
あー。なるほど。
念には念をって事か。
ぐっさん
そそ。
そして出動命令を受けた隊員たちは即座に現場に急行。
とはいっても、山岳地帯の別荘だから辺鄙な所にあって到着したのは通報があった時から40分後の事だったんだ。
マキエ
40分って結構かかってるわね……。
ぐっさん
まぁ、山の別荘だからしかたないよ。
ぐっさん
そして現場に到着した救急隊員たちが別荘の中に入ろうとしたところ、玄関には鍵がかかってて中に入れなかったらしい。
仕方なく窓ガラスを割って別荘の中に侵入したんだけど、その別荘はなんと無人
マキエ
え?
別荘を間違えたとか?
ぐっさん
いや、それはない。
通報を受けた消防司令部は最初にかかってきた通報を切らずにそのままにしていて、現場の隊員達が到着したときも電話は繋がってたし、発信源もその別荘のままだったんだ。
マキエ
へー。
じゃぁ普通に考えると誰かがイタズラでこの別荘の家の電話から消防に通報して、通話状態にしたまま鍵をかけて逃げたって考えるわよね。
ぐっさん
うん。
だから消防司令部は通話状態になってるであろう電話を探すように指示。
ぐっさん
一方で指示を受けた隊員たちは別荘の中に一つのダイアル式の黒電話を見つけたんだけど……。
マキエ
だけど?
ぐっさん
受話器は置かれたままだったんだ。
マキエ
えっ……。受話器を上げてないのに通話状態になっての……?
ぐっさん
うん……。
マキエ
う、なんか怖っ……。
ぐっさん
その後、現場の隊員たちは念のため周辺を捜索したけど事件が起こったような跡もなくて結局、今回の通報は誤報として処理することになったんだ。
マキエ
ふーん。
不思議な出来事ね。
マキエ
ところで、最初にいってた199人が死亡した場所のすぐそばってどういう事なの……?

199人が死亡。日本史上最悪の山岳事故「八甲田雪中軍行遭難事件」


ぐっさん
実はこの八甲田山は冒頭でも少し触れたけど199人が遭難して死亡したという曰く付きの山でもあるんだ。
マキエ
トータルで?
ぐっさん
いや、一度に一斉に。
トータルだともっと死亡者がでてるんじゃないかな……?
マキエ
199人が一斉に死亡するってどういう状況なの……。
ぐっさん
実は日本にまだ軍隊があったころの話なんだけど、軍事訓練中に210名のうち199名の軍人が遭難して死亡したんだよ……。
マキエ
ほぼ全員じゃん……。
何があったの……。
ぐっさん
この事件が起きたのは1902年の1月。
元々ロシアとの戦争に備えて発案された訓練で、青森の北側がロシアに制圧されたり損害をうけて列車がうごかなくなった時に南東にある八戸まで八甲田山を超えて物資の運搬が可能かどうかを確認する訓練だったんだ。
マキエ
へー。
ぐっさん
軍隊は1月23日の朝7時に出発したんだけど、その日のうちに猛吹雪にあって進路を見失ってしまい想定外の所で野営をすることになる。
そして、二日目には凍傷者が続出したので帰営を決定したんだけど帰営中に再び遭難。
ぐっさん
その結果、210名いたうちの199名が凍死してしまう日本史上最大の山岳遭難事故に発展するんだ。
ぐっさん
生き残った兵士達の話によると寒さのあまり発狂して全裸になってしまったり、幻覚が見えて自ら川の中に飛び込んだ兵士たちもいたらしいよ……。
マキエ
ああ、なんか雪山で遭難して極限状態になると逆に暑く感じるらしいわね……。
ぐっさん
あ、知ってたの?
マキエ
岳 みんなの山」って漫画で読んだ。
ぐっさん
あっ……、漫画の知識か……。
ぐっさん
でも、あれは名作だよね。
マキエ
この漫画大好き
ぐっさん
ちょっと話がずれちゃったけど、訓練に参加していた兵士の中には斥候の途中に立ったまま凍って仮死状態になってしまった兵士もいて、今ではその偉業から銅像が建てられたりしてるよ。
ぐっさん
ちなみにこれが発見当時の姿を銅像にした「後藤房之助伍長の像」

マキエ
まるで弁慶ね。
ぐっさん
そしてこの事件が起こってからというもの、八甲田山には
雪山から進軍する兵士達の軍靴の音が聞こえる
とか
遺体を回収してもらえなかった兵士が助けを求めている声が聞こえる
なんていう不吉な噂が流れたりもしたんだ。
マキエ
つまり、今回の無人の家からの119番通報は遭難して凍死した兵士たちの幽霊がかけたんじゃないかってこと?
ぐっさん
オカルト好きなボクとしてはそうあってほしいかなって感じ。
マキエ
アンタの好みを除いてオカルトを排除した説とかはあるの?
ぐっさん
何か癪に障る言い方だけど、あるっちゃあるよ……。

無人の別荘から119番通報をした犯人はただの風?

ぐっさん
それじゃ最後に科学的な観点から今回の事件の原因について紹介したいとおもいます。
ぐっさん
まず覚えておいて欲しいのは消防隊員が発見した電話は「黒電話」であるという点。
あと、後出しの情報になるけど当時は「最大瞬間風速16メートルの強風が吹いていた」という点に加えて、「電話線が切れかけていた」っていう事実が確認されています。
マキエ
ふんふん。
ぐっさん
そして、その三つを組み合わせると非常に低い確率だけど無人で119番通報ができるんだよ。
マキエ
は!?
どういうこと!?
ぐっさん
実は黒電話のような古いダイアル式の電話は番号の数だけ通話と切断を繰り返す仕組みになっているんだ。
つまり一定時間内に1回切断されたら「1」、一定時間内に9回切断されたら「9」をダイアルしたことになるんだよ。
ぐっさん
言ってる事わかる?
マキエ
わかんない。
ぐっさん
それはたぶん、分かろうとしてないからだろね……。
マキエ
そうね。
ぐっさん
……(認めるんだ)。
ぐっさん
つまり、切れかかった電話線が風にあおられて動いているときに「1」「1」「9」のタイミングで回線がつながったり切れたりして緊急通報されたって事だよ。
マキエ
え~……。
そんな偶然あり得るぅ~……?
ぐっさん
たしかに殆ど起こりえないほどの確立だけど、でもゼロじゃない。
実際の所、オカルト的な話を除くとこの電話線が風の影響で通話状態にしたっていう説が一番可能性が高いんだよ。
マキエ
んんー……。
可能性が低すぎてあんまり納得できない……。
ぐっさん
あと、一応海外からだと偽装して通報することができるらしい。
マキエ
それも同じぐらい可能性が低そうね……。
そこまでするメリットなんて無いし。

まとめ

ぐっさん
以上が八甲田山の無人別荘から119番通報された事件の全貌。
どうだった?
マキエ
不思議な事件だったわね。
あと、日本の山であんな大規模な遭難事故があったなんてしらなかったわ。
マキエ
でも、電話がかかった理由の可能性がかなり低すぎてあんまり納得いかないわねー……。
ぐっさん
まぁ都市伝説としてはそれぐらい謎が残ったほうがいいんじゃないかな。
ぐっさん
ちなみにボクはオカルト路線を支持したい派なんだけど、遭難した日本軍兵士は関係無いと思ってたりもします。
マキエ
あれ?
なんで?
ぐっさん
実は「119番」が制定されたのは1927年で遭難事件が起きたのは1902年なんだよ。
マキエ
あ、つまり当時の日本に119番は存在してないって事?
ぐっさん
そういうこと。
だから日本軍兵士とは違う別の死者からの電話じゃないかなーなんて思ってたりもします。
マキエ
多くの謎が残る事件だったわね……。
ぐっさん
あと、最後になりましたがネタを提供していただいた百式さん、ありがとうございました。
マキエ
ありがとうございました。
スポンサーリンク

4 件のコメント

  • 記事にしていただき有難うございます!「兵士も119番の事を勉強したのかも…」なんて。 映画「八甲田山」悲壮感が凄くて泣いてしまった…。

    • 百式さんこんばんわ!ネタのご提供ありがとうございました!
      調べるのに時間がかかってしまってすいません。
      映画の八甲田山は見たことがないのですが、今回の一件で是非みてみたくなりました!
      緊急通報についてはどうなんでしょう、真実がしりたくてたまりません。

  • 電話工事してる人に聞いたけど、配電盤とかに虫が入り込んで通話状態になったりすることもあるらしい。
    電話線以外にも普通にただの故障の説もありえそう。

    • 小松猫さんこんばんわ!コメントありがとうございます!
      なるほど。普通に只の配電盤の故障の可能性もあるんですね。
      電話線にばかり気を取られていました。
      真実を知る方法が無いのが残念ですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。