呪われた死神の赤いベンツ。持ち主を次々と殺す呪いの車。

スポンサーリンク
ぐっさん
今回の都市伝説はズバリ「車」!
それもベンツについての都市伝説でっす!
マキエ
ベンツかー。
ぐっさん
マキエもベンツとか乗り回したいとか思ったりする?
マキエ
いや……ハイオクな上、リッター10キロ以下の車なんて乗れないし……
ぐっさん
えらく庶民的だな……
そこはちょっとぐらい夢を見ろよ……
マキエ
で、そのベンツの都市伝説ってのは?
ぐっさん
ほら、よく事故車は幽霊が付いてるとか不幸を招くとかいろいろあるじゃん?
あれの走りみたいな話かな。 
マキエ
へぇ、面白そうね。
ぐっさん
それじゃさっそく紹介していくよ

呪われたベンツとその被害者たち

一人目の被害者:フェルディナンド大公(オーストリア皇太子)

ぐっさん
まず、この死神のベンツを作ったのは最初の持ち主であるオーストリア皇太子フェルディナンド大公。
フェルディナンド大公はゾフィー妃の結婚記念日パレード用に、この真っ赤な6人乗りのベンツを特注で発注したんだ。
マキエ
ふんふん。
ぐっさん
そしてパレードはた1914年6月28日に行われたんだけど、フェルディナンド大公とゾフィー妃はベンツにのって凱旋中にセルビア人の男性に射殺されてしまう。
一緒に乗っていた護衛のオーストリア第5師団長ポチオレック将軍が男を取り押さえたときには、もう大公夫妻は蜂の巣になって事切れていた……。
マキエ
え、何?
通り魔的な?
ぐっさん
そこは政治的な問題かな。
この事件の犯人はガブリロ・プリンツィップというセルビア人なんだけど、オーストリアに反感を持ってるセルビア人が気に食わない外国の皇太子を殺したって感じかな。
ぐっさん
ちなみに余談だけど、この事件がきっかけでオーストリアはセルビアに宣戦布告して戦争に突入。
一方、セルビアはロシアに助けを求めた事で話が大きくなって周りのフランスやイギリス、ドイツが戦争に参加。
マキエ
あれ?
何か聞いたことあるかも。
ぐっさん
そう、これは第一次世界大戦のきっかけになった事件なんだ。
マキエ
へぇー。
ぐっさん
そして持ち主が居なくなったベンツは次の所有者へ移る

二人目の犠牲者:ポチオレック将軍

ぐっさん
二人目の所有者はポチオレック将軍。
マキエ
あれ?
何か聞いたことある名前ね。
ぐっさん
いや、さっき言ってた大公夫妻の護衛についてたオーストリア第5師団の将軍だよ。
マキエ
ああ……。
ぐっさん
この一瞬で忘れるってある意味すごいな……。
マキエ
カタカナの名前って苦手なのよね……。
ぐっさん
話を戻すけど、この呪われたベンツは射殺事件の時に一緒に同乗していたポチオレック将軍に移る
マキエ
普通は大公夫妻を守れなかったとかで左遷とかされんじゃないの?
ぐっさん
何かしらの罰があったとは思うけど、戦争が始まった以上は将軍としての仕事を遂行しなきゃいけなかったんじゃない?
マキエ
あー、そうかもね。
ぐっさん
でも、この将軍は精神異常をきたして救貧院に収監されてしまうんだ。
マキエ
何があった……。
ぐっさん
実は開戦間もなくポチオレック将軍は前線で指揮をしていたんだけど3個師団を失う規模の作戦ミスが発生。
その後、まもなく将軍としての責任を感じたせいか発狂。
ぐっさん
そして救貧院に収監されて、まもなく死亡してしまうんだけど、これはベンツの正式な所有者となった20日後の出来事。
ぐっさん
ちなみに1師団の人数はだいたい10,000人から20,000人。
これが3つ分と思うと凄い大打撃ってことがわかるよね……。
マキエ
大公も守れなかったし自分の作戦ミスで3師団も失ったら気が狂って当然かもね……。
ぐっさん
そして、このベンツは三人目の所有者に移ります。

三人目の犠牲者:スメリア大尉

ぐっさん
そして三番目のベンツの所有者スメリア大尉という人物に移る。
ぐっさん
このスメリア大尉って人はポチオレック将軍の参謀なんだけど車を手に入れてからわずか九日後に死んでしまう。
マキエ
え、なんで?
ぐっさん
実はこのベンツに乗ってドライブしているときに突如、車が暴走。
農家の人間を二人ひき殺した上に街路樹へ衝突して首の骨を骨折して死亡してしまったんだ。
マキエ
偶然とはいえここまで続くとちょっと怖いわね。
ぐっさん
この悲劇はまだまだ続きまっす。

四人目の犠牲者:ユーゴスラヴィア州知事

ぐっさん
次の所有者はユーゴスラヴィアの州知事。
ぐっさん
実はこのベンツは所有者がいないまま放置されていたんだけど、第一次世界大戦が終わった後にボスニアに代わって生まれたユーゴスラヴィアの州知事が買い取ったんだ。
マキエ
敵国の大公を殺した時に乗ってた車を買い取るって大丈夫なのそれ……
ぐっさん
それは知らないけど、彼は手に入れてから四か月の間で四回の事故を起こして、四回目の事故の時には右腕を失ってしまうまでの大事故が起こったんだ。
マキエ
うへぇ……。
ぐっさん
そして、このあたりで「このベンツは呪われている」って話がではじめて州知事は解体を命じたんだけど解体されなかった。
マキエ
なんで?
ぐっさん
次の所有者が現れたからさ。

五人目の犠牲者:サーキス医師

ぐっさん
五人目の犠牲者は州知事が解体しようとしたベンツをタダ同然で引き取ったサーキスという医師。
マキエ
物好きもいたものね。
ぐっさん
しかし、このサーキス医師も半年後に死亡してしまうんだ。
マキエ
やっぱりか……
マキエ
死因は?
ぐっさん
死因は車の暴走。
ドライブ中にベンツは暴走し溝に転落。
ぐっさん
その転落した拍子に投げ飛ばされたサーキス医師は溝と車の間に挟まれて圧死してしまうんだ。
マキエ
お決まりの都市伝説パターンになってきたわね……。
ぐっさん
そしてこのベンツは次の所有者に移ります。
マキエ
まだあるの……

六人目の犠牲者:オランダの宝石商

ぐっさん
六人目の犠牲者はオランダの宝石商。
この時点ではそこそこ呪いのベンツの噂はひろまってたんだけど、この噂を利用して有名になろうとしたオランダの宝石商が購入。
ぐっさん
一時は世間を騒がしたんだけど、彼はその後すぐに民衆の期待を応えることになる。
マキエ
民衆の期待ってのは、やっぱりそういうことよね?
ぐっさん
そう。
彼はなぜか突如発狂して自殺してしまうんだよ。

七人目の犠牲者:スイスのレーサー、サミレス

ぐっさん
オランダの宝石商が自殺したあと、次の所有者はとある医師になったんだけど、その医師は入手して間もなくスイスのレーサーであるサミレスという人物に売り渡すこととなる。
マキエ
その医者は大丈夫だったの?
ぐっさん
この医者は死んでしまったりするとはなかったんだけど「呪いの車を持つ医者」ってことで患者が来なくなって別の意味でエラい事になったみたいよ。
マキエ
そりゃ自業自得な気がするわね……。
ぐっさん
で、7人目の犠牲者はさっきもいったサミレスっていうレーサーなんだけど、彼は呪いなんか存在しないって呪いのベンツでなんとアルプスのレースに参加。
ぐっさん
しかし、サミレスも五人目の犠牲者であるサーキス医師と同様に突如、車が暴走して横転。
サミレスは車外に投げ出されたのち、壁に激突して即死してしまう
マキエ
あーあー……
なんでわざわざこの車でレースなんかに……

八人目の犠牲者:ドイツ実業家

ぐっさん
そして次の犠牲者はドイツの実業家。
この人に関しては詳しい情報が残ってないんだけど、ベンツを入手した二日目に石壁に激突して死亡。

九人目の犠牲者:コルシュ(農場主)

ぐっさん
そして一度はスイスに渡っていたベンツは再びサラエボの人物が購入することとなる。
マキエ
また物好きが現れたわね。
ぐっさん
次の所有者はコルシュっていう人物なんだけど、もちろん本人はいわくつきであるって事を承知のうえで購入。
そして注意深く運転していたから事故には合わなかったみたい。
マキエ
やっと終わり?
ぐっさん
いや、ただ運転中は事故に合わなかったものの別の所で事故が起こるんだよ。
ぐっさん
実はある日、このベンツはエンジンがかからなくなってしまう。
そこでコルシュは修理するために町まで牽引しようとしたんだ。
マキエ
ふんふん。
ぐっさん
で、牽引用の荷馬車を用意して牽引を始めたところまではよかったんだけどイングニッションを切り忘れていたせいでエンジンが急に始動。
突如、暴走を始めた車はコルシュどころか荷馬車や荷馬車の農夫をひき殺すという事態になった。。
マキエ
うわぁ……。
本当にこのベンツは殺しにかかってるわね……。

十人目の犠牲者:ヒルシュヘルト(自動車工場運営者)

ぐっさん
そして最後に犠牲者はヒルシュヘルトという自動車修理工場の運営者。
ぐっさん
コルシュの事故が起こった後、故障した車はヒルシュヘルトの元へ運ばれてたんだけど誰も買い手がつかず、そのままヒルシュヘルトの持ち物となった。
マキエ
押し付けられたって感じがするわね。
ぐっさん
当然、ヒルシュヘルトはそんな血塗られたような赤いベンツに乗る気は起こらない。
そこで、ヒルシュヘルトは厄払いを兼ねて真っ赤な赤色のベンツを青色に塗り替えたんだ。
マキエ
ただの気休めにしかならない気がするけど……。
ぐっさん
その通り。
青色に変えただけでは呪いは止まらなかった。
ぐっさん
ある日、友人四人を乗せドライブに出かけた時に車が暴走。
ハンドルを取られたヒルシュヘルトは側壁に衝突。
ぐっさん
しかも、同乗していた友人四人全員が死亡するという大事故になった。

終わりを見せた死神のベンツ

ぐっさん
数々の呪いを振りまいた呪いのベンツの呪いはようやく終わりを迎えます。
マキエ
今回の話はちょっと長かったわね……。
ぐっさん
この呪いのベンツは最終的にはオーストリア政府が接収。
そしてウィーンの博物館に贈られる事となった。
ぐっさん
しかも、このベンツはまだ現存しててウィーン軍事史博物館で今も見る事ができるよ。

マキエ
え、マジで!?
ぐっさん
興味があったら行ってみたら?
マキエ
いや……さすがにそこまでして見たいもんでも無いわ……
呪われんもゴメンだし……。

暇つぶしに最適!31日間無料で映画が見れる「U-NEXT」!

ぐっさん
最近、人気急上昇中のおすすめ動画配信サービス「U-NEXT」! 申し込みと同時に600円分のポイントがチャージされるので無料で最新映画やマンガの新刊を見ることも可能でかなりおすすめです!
ぐっさん
しかも31日以内に解約すればお金もかかりません!
マキエ
つまり無料期間中に見たいものを見て、その後はさっさと解約しろって事?
ぐっさん
間違っちゃいないけど、流石にそこまでは言ってない……。
スポンサーリンク