強姦して無理やり嫁にする怖い風習「おっとい嫁じょ」!裁判にもなった恐怖の事件は実在するのか!?

スポンサーリンク
ぐっさん
今回紹介する都市伝説のテーマは「風習」!
それも鹿児島地方に伝わるという「おっとい嫁じょ」について紹介していきまっす!
マキエ
おっとい嫁じょ?
おっとり嫁じょとかじゃなくて?
ぐっさん
“おっとい”はってのは鹿児島地方の方言の一つだよ。
“おっとい”は“おっとる”で盗むって意味になるんだ。
わかりやすくいうと「嫁盗み」って感じかな
マキエ
嫁盗み!
もしかして略奪婚とか誘拐婚の話?
ぐっさん
何でそんなに嬉しそうなのさ……。
マキエ
元々好きだった男性が自分をさらいに来てくれたりとかドラマチックじゃない?
ぐっさん
んんー……。
なんかマキエの頭の中では昼ドラみたいなストーリーが展開してるっぽいけど、そんな生やさしいもんじゃ無いよ?
むしろ好きでも無い男と結婚させられるっていう話だし。
マキエ
は……?
何、反吐が出る系の話なの……?
ぐっさん
反吐が出るっていう表現はおいといて、女性側からしたらたぶん不愉快に感じる話かな。
ぐっさん
それじゃさっそく紹介していきまっす!

女性を無理やり強姦して嫁にする恐怖の風習「おっとい嫁じょ」

ぐっさん
この風習があったと言われているのは冒頭でも少し触れたけど鹿児島県にある大隅半島で今でいうところの鹿屋市。
そこでは昔から「おっとい嫁じょ」という風習があったらしいんだ。
マキエ
昔ってどれぐらい前よ。
ぐっさん
んー。
第二次世界大戦頃には既にあったって言われてるから少なくとも1940年代より昔じゃないかな。
ぐっさん
そしてその風習というのが
強姦を成功させたら強姦した女性を嫁にできる
という風習
マキエ
はぁ!?
なにそれ!?
ぐっさん
たとえば村に住む男性が一人の女性に惚れたとしよう。
マキエ
うん。
ぐっさん
そして男性は女性に結婚を申し込むけど女性から断られて惨敗。
しかし、男性はあきらめずに女性を襲い強姦することができれば結婚できるんだ。
マキエ
いやいやいや!違う違う違う!
私が何それっていったのは詳しく説明しろっていう意味じゃなくて、なんで強姦してきた奴の嫁になんかならなきゃならないのかって事!
ぐっさん
その点については、そういう村のルールだからとしか……。
マキエ
いやいや!ルールなんて関係ないでしょ!?
ぐっさん
あとはあえて言うなら当時の貞操観念が関係してるのかなぁ。
マキエ
貞操観念?
ぐっさん
今は女性も社会進出してて結婚しなかったり子供を産まなくても特に何も言われないでしょ?
マキエ
愚痴は言われるけどね……。
ぐっさん
まぁ愚痴云々はおいといて、一方で昔は「子供を産まない女性なんてあり得ない」みたいな考え方だったっていうのはマキエも知ってるよね?
マキエ
そうらしいわね。
気にくわないけど。
ぐっさん
だから昔の女性は結婚して子供を産むのが半分義務みたいなもんだったんだ。
ぐっさん
だけど、嫁入り前に他の男に強姦なんてされちゃうと傷物扱いされてお嫁に行けなくなってしまう。
その結果、嫁ぎ先が無くなってしまった女性は仕方なく強姦した男の所へ嫁ぐしかなくなるって事さ。
マキエ
女性の貞操観念を逆手にとった男の卑劣な罠って訳か……。
ぐっさん
反論したいけど、そういうことだね……。
マキエ
でも本当にそんな風習なんてあったの?
男の妄想とかエロ小説の作り話とかじゃなくて?
ぐっさん
言いたいことは分かるけど、実際に「おっとい嫁じょ」がらみで裁判沙汰になったりもしてます。

全国に知れ渡った誘拐婚!強姦は風習だから無罪!?

ぐっさん
この鹿児島地方の独特の風習である「おっとい嫁じょ」が全国に知れ渡るきっかけになったのが一件の裁判。
実は昭和34年に実際におっとい嫁じょが行われて被害者女性が加害の男性を告発したという記録が残ってるんだよ。
マキエ
ほう。
ぐっさん
事件が起きたのも鹿児島の大隅半島周辺なんだけど、村に住む青年が義兄の紹介で当時20歳になる女性とお見合いする事になるんだ。
マキエ
ふんふん。
ぐっさん
その時に青年は女性に一目惚れ。
その場で結婚を申し込むんだけど女性は拒否。
ぐっさん
その後、2回にわたって結婚を申し込んだんだけどいずれも拒否されてしまう。
しかし、どうしても諦めきれない青年は叔父と義兄に相談した結果、思いついたのが「おっとい嫁じょ」。
青年と叔父と義兄は3人で女性を誘拐して強姦して結婚を承諾させることを画策したんだ。
マキエ
ある程度オチが読めるから嫌な予感しかしないわ……。
ぐっさん
そして「おっとい嫁じょ」が実行されたのは2月5日。
鹿屋市にある職業安定所からの帰る途中の女性を男3人でタクシーに引きずり込んで誘拐

マキエ
タクシーの運転手も通報しろよ!
ぐっさん
最初は食堂とかで言葉で説得していたらしいんだけど、女性は頑なに拒否。
夜になっても結婚を承諾しない女性に対してしびれを切らしてしまう。
そして、男性は計画通りおっとい嫁じょを実行するために女性を家に送ると嘘をついて知人の部屋に連れ込んで女性に乱暴を働いたんだ。
マキエ
ええ……。
その知人は異変に気づかなかったの……?
ぐっさん
そもそも部屋を貸した知人も貸した部屋でおっとい嫁じょが行われることを知ってたからね……。
ちなみにおっとい嫁じょでは強姦を手伝う男性も強姦に参加することが普通なんだって……。
マキエ
つまり義兄も叔父も知人もその女性を……?
ぐっさん
そういうこと……。
マキエ
ありえない……。
というか自分の嫁にしたい女性になんてことすんのよ……。
ぐっさん
そして、おっとい嫁じょの風習では被害者側の女性が両親を連れて男性の自宅へ挨拶に行くのが通例だったんだけど、その青年の家に訪れたのは警察。
女性側は男性を告発し今回の事件は裁判に持ち込まれることになったんだ。
マキエ
泣き寝入りしなかったのね。
偉いわ。
ぐっさん
しかし、今回の裁判では異例の事態が起こる。
なんと弁護人の弁護士は男性の無罪を主張したんだ。
マキエ
は!?
刑を軽くするどころか無罪を!?
ぐっさん
その理由として持ち出したのがおっとい嫁じょの風習。
「被告人が住む村では婚姻に同意しない女性に姦淫を働く“おっとい嫁じょ”という慣習がある。」
本人は違法である事を認識していなかったため、故意では無い
と無罪を主張したんだ。
マキエ
でも、その主張って
「ここ、駐車禁止って知らなかったから罰金が取られるのはおかしい!」
って言ってるのと同じ事よね。
ぐっさん
何、その例え方……。
なんかあったの……?
マキエ
この間、駐禁とられた……。
ぐっさん
話の途中で自分の愚痴を挟まないように……。
マキエ
ハイ……。
ぐっさん
で、話に戻るけど弁護士は無罪を主張しただけでなく、裁判になったとたん男性の情状酌量を求める署名が大量に集まったらしい。
マキエ
誰よ。
そんなものに署名したの。
ぐっさん
ちなみに情状酌量の署名をして提出したのが青年が住む村の住人達。
村の住民のほとんどがその嘆願書に署名した上、むしろ「村の風習や習わしに口を出すな」と逆ギレしてたらしいよ。
マキエ
えぇぇ……。
あり得ないわ……。
ぐっさん
むしろ村側からしたら「おっとい嫁じょ」が普通だから、裁判になることがあり得ないって考えてたみたいだね。
マキエ
普通……。
普通って何……?
ぐっさん
普通って一番難しいよね……。
ぐっさん
ちなみに判決は有罪。
「被告人は慣習が反社会的性を帯びるものであると認識していため弁護人の主張は採用しがたい」
と判決がくだされて青年は懲役3年の実刑を受けることになるんだ。
マキエ
よしっ!
ざまあみろ!というか当然じゃい!
マキエ
ちなみに一応聞くけど、この裁判自体が作り話じゃないわよね……?
ぐっさん
その点については大丈夫。
判例時報社っていうところが裁判の判例についてまとめた「判例時報」っていう本を出版してるんだけど、その判例時報の第192巻にちゃんと記載されてるよ。
流石に著作権の関係で全文は載せられないけど、国会図書館に行けば読めるよ
マキエ
面倒だからそこまでする気は起きないけど、そこまで言うなら事実っぽいわね。

まとめ

ぐっさん
以上が恐ろしい風習「おっとい嫁じょ」についての話。
どうだった?
マキエ
最初に予想したとおり案の定、反吐のでるような話だったわね。
最初は「怖い風習」って聞いて少し興味がわいたけど、やっぱり後味悪い話だったわ。
ぐっさん
まぁ、ちゃんと青年が有罪になっただけマシじゃないかな……。
マキエ
でもさー。
ぐっさん
ん?
マキエ
まるで都市伝説に関する事件みたいに語られてるけど、実際はただの強姦事件よね?
ぐっさん
……。
ぐっさん
そういえばそうだね。
スポンサーリンク

12 件のコメント

    • 百式さん!こんばんわ!コメントありがとうございます!
      無理やりじゃなくても長続きしない場合もありますしねー。
      特に百式さんの「(警告)」って当たりが妙に気になったりします(笑

  • 「おっとい嫁じょ」は「なまはげ」を理由に秋田県民が覆面強盗だと言うような大嘘
    昭和34年の事件で犯人の身内と弁護士がレイプの言い訳に使ったせいで都市伝説化しているが
    本当の「おっとい嫁じょ」は「なまはげ」とか「ハロウィン」的な村の伝統行事

    地元で先祖代々行われてきた「おっとい嫁じょ」の流れを説明すると
    村の子供たちが新婚夫婦の家に行って「嫁を差し出さないと暴れるぞ」と言う
    庭には簡単に作った暴れて壊す用の垣根が準備してある
    「嫁をよこせ」 「それはやれん」 「じゃあコレを」 「それもやれん」 「ならアレを」 「アレもだめだ」
    そんな会話をしたあと「これをやるから帰れ」と言って用意していた食べ物を振舞って追い返す

    つまり男が嫁を守る儀式であり、ルーツをたどれば「大昔に女をさらう連中がいた」という事だろうが
    「鹿児島ではレイプが当たり前で近年まで問題にしなかった」というのは悪質なデマ
    犯人と署名した住民とやらはヤクザな連中で一般人ではない

    地元の校長が「何が悪い」と発言したと言われているが、実際には
    「私も子供の頃に提灯を持って行列の先導をした」と言っているので
    どのような経緯で言ったかは知らないが、あきらかにハロウィン的行事のほうの話

    ちなみにネット上に散らばる記事のソースはウィキも含めて全てが
    事件の新聞記事を拡大解釈した中川善之助を更に脚色した下川耿史のインチキ本のコピペ
    または、それを更にコピペ記事にした真田秀久のコピペのコピペ

    まとめ

    犯人集団→地元のレイプ文化だと主張し仲間や身内に署名を求める

    新聞社→犯人の主張と「地元住民」の署名が退けられたという記事

    住民→「地元住民という言葉でチンピラ集団と一般人を一緒にするな」

    中川善之助→犯人の主張を鵜呑みにして法学者として法解釈の論文を書く

    法曹界→法解釈の議論をしたいから事件が事実であった方がいい

    下川耿史→「日本には○○な習慣があった」という本ばかり書いてるので喜んでネタに

    マスコミ→面白がって記事や漫画に

    ネット民→裁判記録も新聞記事も本もネットも同じ事言ってるから本当に違いない!

    ソースは俺が先祖代々地元と地元周辺で生きてきた当事者であると言うだけだから
    地元の事を知りもしない他人に「レイプ習慣が無かった証拠を出せ」と言われても
    それは悪魔の証明である
    まず先に「この事件の犯人集団以外の例が多数あった証拠」を挙げてもらわないと
    無制限に過去に遡って地元の一般人全員が「やっていない事の証明」は理論的に不可能である

    • 当時の祭りの写真を貼ったリンク先が無い事
      ソース先が何とでも誤魔化しが効く実体験である事
      鹿屋市 ハロウィン おっとい で調べたらこのサイトが出てきますよ?
      上記の件で身の潔白を証明出来たとでも?
      笑沸かすなよ馬鹿児島www
      冒頭はめっちゃ感情的に話して結論を論理的にしているのは信用度を上げる為
      話の内容は自分大好き自己陶酔の駄文
      実際に判旨も公開され(http://anond.hatelabo.jp/20110902232813)
      ているのに
      言い逃れしているつもりかな〜
      言い逃れをするならばキチンとソースを読め
      現実から目をそらして一世紀前の栄光に入り浸ってんじゃねぇよ基地外馬鹿児島
      それともナルシストだからこそ入り浸るのかな?
      自分達の栄光を見つめて一世紀の間退化しかできないのかな?
      なまはげに失礼だろうが
      おなごんけっされの瞽が
      鹿児島県知事も三角関数は女性には不要だと言っていたし
      未来永劫変わらないかもな…
      自作自演の作り話で煙に巻こうと思ったんだろうよ
      人の形をした粕が一丁前に猿知恵を使うな
      某掲示板で垢BANされ
      アマゾンのレビューにも同じ事を書き込み
      狂ったように何度も工作を続けて居るような奴が
      信頼を勝ち取るなど夢を見るなよ
      どうしても見たいなら永眠しろ粕

    • 匿名さん、こんばんわ!コメントありがとうございます!
      詳しいご説明ありがとうございます。なまはげに例えて頂いた点がすごいわかりやすかったです。
      秋田で強盗事件が起きた時に「秋田にはなまはげという文化があるから強盗は無罪」と言っているようなものなのですねー。
      事件系が絡んでる都市伝説はミスリードを誘ったり一部の真実を隠してることが多いですが、そういうことだったのですね。
      本当に勉強になりました。ありがとうござます。

      • 最大のミスリードは裁判記録の「複数の署名があった」と書いてあるところを拡大解釈して
        「村民全員が」「地域全体が」「村ぐるみで」などと捏造して拡散していることですね
        10人単位でも1000人単位でも「複数の署名」と言えますからねえ・・・

        • 匿名さん、こんばんわ。コメントありがとうございます!
          >>10人単位でも1000人単位でも「複数の署名」と言えますから
          そうですね。意図的に都市伝説に仕立て上げるのによくみられる手ですね。
          「嘘はついてないけれど真実はぼかしている」って感じでしょうか。

  • 九州では 火薬樽1個にたいして娘50人を南蛮人に性奴隷として人身売買していたからね。

    あそこは人の住む地ではない。そもそも天皇土地続きではないし。

    高速道路で車をとめて人殺しをしたりしてるだろ。あそこにいるのはすべてヒトモドキだよ。
    いまだにね。強姦や輪姦なんて普通にあるところだよ。韓国さながらの蛮地さ。

    • 沖縄から山口まで十把一絡げに「九州では」なんて大雑把なこと言ってると、やがては「日本では」になるぞ
      妄想で「すべて」なんて言ってると鹿児島すべてが九州すべてになり、いずれ日本人すべてにされる
      日本を貶めたい人達にとってはそれが狙いなのかな?ノッテルニダさん?

    • ノッテルダムさん、こんばんわ。コメントありがとうございます。
      >>火薬樽1個にたいして娘50人
      そんな話もあるのですね。かなりボラれてる気がしないでもないですが。
      当時は硝石を作るのが大変だったみたいなので、火薬もそれなりの値打ちものだったんですかね。

  • >本当の「おっとい嫁じょ」は「なまはげ」とか「ハロウィン」的な村の伝統行事

    ちょっと無理があるかな。
    「伝統行事」と言うからないは、今でもやっているんですよね?
    ちなみに、民俗学辞典を読むと、このページ本文に該当する内容と同等のものが明記されている。
    興味のある人は「嫁盗み」で調べれば解る。

    • 俺の代まではやってたよ、実際に俺らが先祖代々が地元でやってた行事を否定されてもな
      俺の地元は事件のあった市の隣で今は過疎化で村ごと消滅寸前だけどね
      そういうド田舎の行事なんで「おっとい嫁じょ」という言葉すら知ってる人は少ない

      言葉すら一部の人にしか知られてないのに長年、レイプ文化として定着していた?
      地元の人たちが恥として隠していたのに、その地元の人が署名したり裁判にしたりした?
      昭和までレイプしてて事件になるまで近隣にも知れ渡ってなかった?なんて言うほうが無理がある
      自称民俗学者の受け売りじゃなくて、君は1度でも鹿児島に来て調べた事があるのかい?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。