怨霊となった天皇「崇徳天皇」!日本三大怨霊に数えられる壮絶な人生とは!

スポンサーリンク
ぐっさん
今回の都市伝説のテーマはずばり「怨霊」!
それも日本三大怨霊の一人「崇徳天皇」について紹介していきたいと思いまっす!
マキエ
え、天皇?
まさか天皇家の一人が怨霊になってるの……?
ぐっさん
そうだよ。
そこそこ有名な話だから知っている人も多いし、歴史が好きな人からしたら一般常識ぐらいの話だけどね。
マキエ
でも何でそんな事に?
ぐっさん
んー。詳しくは後で紹介するとして、一言で簡単に言うなら
「政治戦略にハメられて天皇を退位させられた。」
「怒って戦(いくさ)を起こしたけど負けた。」
「反省して仏教に目覚めて写経を送ったけど突っぱねられた。」
そして、ブチギレて血文字で呪いの言葉を書いて死んだって感じかな。
マキエ
ぜんぜん一言じゃないじゃん……。
ぐっさん
流石に一言で紹介するのは無理でした……。
ぐっさん
それじゃ順を追って紹介していきまっす!

崇徳天皇を取り巻く複雑な事情


ぐっさん
それじゃ改めて、今回紹介する怨霊となった天皇は「崇徳天皇」。
崇徳天皇は大分変った事情で生まれてきた人物なので、まずは今回の話を理解するために当時の天皇家の家系から紹介していくね。
マキエ
えー……。
もっとこう、ホラー要素的なところだけでいいんだけど……。
ぐっさん
今回の話は人間関係を判ってないと、なんで怨霊になったか理解できなくなっちゃうから頑張って……。
マキエ
というか、そもそも、その天皇って何て読むの?。
ぐっさん
あ、崇徳天皇は「“すとく”天皇」と読みます。
ぐっさん
あと今回紹介する話に登場する人物で覚えておいて欲しい人物は
第72代天皇:白河天皇(法皇)
第74代天皇:鳥羽天皇(上皇)
第75代天皇:崇徳天皇
第76代天皇:近衛天皇
第77代天皇:後白河天皇
の五名。
マキエ
ん?天皇と法皇と上皇って何が違うの?
ぐっさん
ああ、天皇の座を譲ったら位の呼び方が変わるんだよ。
天皇=現役の天皇
上皇=先代の天皇
法皇=出家した天皇(上皇)
って感じ。
マキエ
ふーん
ぐっさん
一般常識だけどね……。
マキエ
う……。
ぐっさん
あと、さっきの五名の天皇を家系図にするとこんな感じだね。

マキエ
ああ、これだとなんとなく分かりやすい。
ぐっさん
そして怨霊になった崇徳天皇は、この家系図だと「鳥羽天皇」と「藤原璋子」の子供って事になっているけど、本当は「白河天皇」と「藤原璋子」の子供だったと言われているんだ。
マキエ
え……どういう事……?
ぐっさん
鳥羽天皇からしたら、自分のお爺ちゃんに奥さんを妊娠させられちゃった感じ……?
マキエ
げっ……。
ぐっさん
だから本当の家系図的にはこんな感じだね。


ぐっさん
そして、白河天皇からすれば崇徳天皇は自分の子供だからだいぶ贔屓していてね、白河天皇の働きかけによって崇徳天皇は3歳という若さで天皇に即位したんだよ。
マキエ
え、なにそれ。凄くない?
そんなことができるの?
ぐっさん
それだけ影響力があったんだろうね。
ぐっさん
一方、この頃の鳥羽上皇は20代の現役バリバリだったのに、政権の実権は白河天皇が握っているし、3歳の子供に天皇の座は奪われるしで、かなり肩身の狭い思いをしていたんだ。
マキエ
うわぁ……。
ぐっさん
そしてこの頃から鳥羽上皇は崇徳天皇や藤原璋子を毛嫌いしはじめるんだ。
マキエ
まぁそりゃそうでしょうねぇ……。
ぐっさん
ただ、このパワーバランスは白河法皇が死亡したことによって激変します!

白河法皇が崩御した事で実権を手に入れた鳥羽上皇

ぐっさん
かなり辛い青年期を過ごした鳥羽上皇だけど、1129年に白河法皇が崩御した事で白河法皇が取り仕切っていた政権のほとんどを鳥羽上皇が引き継ぐことになるんだ。
ぐっさん
その結果、天皇家のパワーバランスが一変するんだけど、もともと崇徳天皇は白河法皇の後ろ盾があって成り立っていたからかなり窮地に追いやられる事になる。
マキエ
ふんふん。
ぐっさん
そして1139年に鳥羽上皇と藤原得子の間に男の子が生まれて、この男の子が将来は近衛天皇となるんだけど、鳥羽上皇は崇徳天皇から天皇の座を奪うために策略を仕掛けるんだ……。
マキエ
策略?
ぐっさん
まぁ簡単にいうと崇徳天皇を騙して本当の自分の子供である近衛天皇を即位させようとしたんだよ。

皇太子のはずが皇太弟に!?騙されて政権を失った崇徳天皇

ぐっさん
この頃、崇徳天皇にも重仁親王と呼ばれる子供が生まれていたんだけど、そこに目を付けた鳥羽上皇は崇徳天皇に重仁親王に天皇の座を譲るように働きかけるんだ。
マキエ
ん?それって崇徳天皇からして何かメリットあんの?
ぐっさん
当時は上皇が院政(政治)を行う事になっていたから、崇徳天皇が重仁親王に天皇の座を譲り、上皇になる事で崇徳天皇が政治の実権を握れるようになるって感じかな。
マキエ
あ、そうなんだ。
ぐっさん
そして崇徳天皇はその話に乗って、皇太子に天皇の座を譲るため手続きをはじめるんだけど、鳥羽上皇の策略により皇太子ではなく皇太弟に天皇を譲る事になってしまうんだ。
マキエ
ん……?
ちょっとまって、どういうこと?
ぐっさん
皇太子っていうのは自分の子供。
つまり崇徳天皇からして重仁親王の事。
マキエ
うん。
ぐっさん
でも皇太弟は文字の通り崇徳天皇の弟に天皇の位を譲るということになるんだ。
つまり、この場合だと鳥羽天皇の実子である近衛天皇だね。
マキエ
うわぁ……。
ぐっさん
そして政治は天皇の父親である上皇が行うことになっているから、近衛天皇が即位すれば父親である鳥羽上皇が政治を行うことになる。
つまり崇徳天皇から天皇の地位だけをキレイさっぱり奪い取った形になるんだよ。
マキエ
まるで手品を見ているようね……。

ついにキレた崇徳天皇!地位をめぐって戦が勃発

ぐっさん
近衛天皇に地位を奪われた崇徳上皇は失意の毎日を送っていたんだけど、再び返り咲くチャンスが訪れます!
マキエ
お?
ぐっさん
実は近衛天皇が若くして病死してしまうんだ。
マキエ
おー。
という事は自分の息子を天皇にするチャンス?
ぐっさん

そそ。
崇徳上皇は当然、自分の息子である重仁親王を天皇に就かせようと働きかけるんだけど、鳥羽上皇はその策略に気付いて
「近衛天皇が死んだのは崇徳上皇の呪いが原因である」
と悪質な噂を流したんだ。
マキエ
えぇ~……。
ぐっさん
その結果、重仁親王は天皇になる事ができず、結果的に後白河天皇が即位する事になるんだ。
マキエ
ん?
でもさっきの家系図だと後白河天皇って藤原璋子の子供なのよね。
それでもいいの?
ぐっさん
まぁ“崇徳上皇の息子に天皇を譲るより大分マシ”って感じかな……。
マキエ
……。
ぐっさん
そして最終的には崇徳上皇派と後白河天皇派の戦が勃発。
この戦が余に言う「保元の乱」だね。
マキエ
ほうほう。
ぐっさん
この辺を詳しく紹介してると歴史の授業になっちゃうから省くけど、結果的には崇徳上皇側があっさりと負けて崇徳上皇は流刑にされてしまうんだ。
マキエ
なんか不幸の連続ね……。

流刑になった崇徳上皇

ぐっさん
崇徳天皇は戦に敗れたあとは讃岐に流されてしまうんだけど、この時点では政権に返り咲くことは諦めて、仏教を心の支えとして平穏に生きることを選ぶんだ。
マキエ
ふんふん。
ぐっさん
そして自分が起こした戦の戦死者の供養と自分の犯した罪を償うために五部大乗経を3年がかりで写経して後白河天皇に送る事にしたんだよ。
マキエ
五部大乗経?
ぐっさん
五部大乗経っていうのは簡単にいうと当時主流だった5つのお経だね。
ちなみに「華厳経」「大集経」「般若経」「法華経」「涅槃経」の5種類。
マキエ
へー。
ぐっさん
ただ、後白河天皇は送られてきたお経の受け取りを拒否してしまいます!
マキエ
え、3年もかかった大作を……?
なんで……?
ぐっさん
実は後白河天皇はお経の中に呪いや呪詛が混じっていると考えたんだよ。
マキエ
ああ、そういえば近衛天皇の時も崇徳上皇が呪い殺した事になってたもんね。
ぐっさん
そして送り返されてきたお経をみて、心穏やかだった崇徳上皇は遂に本気でブチ切れます!

魔王になると誓った崇徳上皇


ぐっさん
政権に返り咲くことは諦めて、仏教の教えにしたがって静かに暮らしていた崇徳上皇。
そんな崇徳上皇の元に舞い戻ってきた3年の月日をかけて書いた写経。
ぐっさん
この時、遂に崇徳天皇はブチ切れて自分の舌を噛み切って自分の血を使って写経の最後に
「日本国の大魔縁となり、皇を取って民とし民を皇となさん」
「この経を魔道に回向す」
と書き込んだんだ。
マキエ
んー。なんかブチ切れてるのなんとなくわかるけど、どういう意味?
ぐっさん
「日本国の大魔縁となり、皇を取って民とし民を皇となさん」
は簡単にいうと
「日本の魔王になって、天皇を平民にして平民を天皇にしてやる」
って意味だね。
「この経を魔道に回向す」

「この写経を魔道に捧げる」
って感じ。
ぐっさん
つまり、自分自身も写経もすべて魔王捧げて復讐してやる!って感じだね。
ぐっさん
その後の崇徳上皇は髪も爪も一切切ることなく、心だけじゃなく見た目も魔王や天狗のようになっていったと言われているんだ。
マキエ
うわぁ……。
ヤバイぐらいのキレっぷりね……。
ぐっさん
そして崇徳上皇の死後、お経に書いた血文字の内容が現実に起こり始めるんだよ。

不幸続きの天皇家。理由は当然崇徳上皇の呪い……?


ぐっさん
崇徳上皇が最強の怨霊と言われるようになったのは1176年以降。
この時点では既に崇徳上皇は崩御していたんだけど、まるで呪いにかかっているかのように天皇家に災いが振りかかり続けるんだ。
マキエ
お?
ぐっさん
実はこの頃から後白河天皇(当時は後白河院)の親しい人や摂政を任されていた人物などが次々に亡くなり始めて、翌年の1177年には延暦寺の僧兵による強訴が起こり、安元の大火災で平安京の約半分が燃え、平家打倒の陰謀事件である鹿ケ谷の陰謀も勃発。
ぐっさん
とにかく立て続けに訳が分からないぐらい不幸事が続くようになるんだよ。
マキエ
すんごいわね……。
ぐっさん
そしてこの頃から崇徳上皇の怨霊説や呪い説が流れ始めるんだけど、度重なる不幸で精神的に追い詰められた後白河院は崇徳上皇の怨霊を鎮めるため、罪人扱いを解きて供養する事にするんだ。
マキエ
すると不幸は収まったとか?
ぐっさん
いや、割とそうでもない。
この事件以降は武家が政治の中心となって、天皇の権力は地に落ちてしまうんだ。
マキエ
え、それってつまり……。
ぐっさん
そう。
崇徳上皇が血文字で書いた「皇を取って民とし民を皇となさん」が実現してしまうんだよ。

まとめ

ぐっさん
以上が怨霊となった崇徳天皇についてでした。
どうだった?
マキエ
話が長い。
ぐっさん
それ以外の感想でおねがいしまス……。
マキエ
んー。
でも大怨霊って言われているほど悪い事はしてない気がするわね。
マキエ
3歳で天皇に祭り上げられて、騙されて天皇の位を奪われて、その上策略で自分の子供を天皇にできず、戦で負けたから反省して写経してたら突っ返されて。
結局悪いのって鳥羽天皇と後白河天皇なんじゃないの?
ぐっさん
まぁそうだろうね。
でも、だからこそ納得がいかなくて怨霊になったんじゃないかな。
マキエ
あー……。なるほどねー……。
マキエ
とりあえず、話が長くて疲れたから今日はこの辺で。
ぐっさん
マキエは聞いてただけジャン!
スポンサーリンク

4 件のコメント

  • マキエさん&ぐっさん全身像がΣ(゚∇゚)
    なんとなく服はスーツかなと思ってました。
    読みやすい文章だから、なのか、職場の昼休みにおしゃべりするような雰囲気だからなのか。

    • 通りすがりさん、こんばんわ。コメントありがとうございます!
      >>なんとなく服はスーツかなと思ってました。
      昔も似たような記憶があったりします。おっしゃる通り口調のせいかもしれませんね。
      ちなみにマキエの衣装は「現実で着てみたいけど、絶対に合わないから着る勇気が無い服」だそうです……。

    • 通りすがりさん、コメントありがとうございます。
      >>法皇は出家した天皇(上皇)のことですよ
      うっかりしてしました!ご指摘ありがとうございます!早速修正させていただきました!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。