古くから伝わる「丑の刻参り」の歴史と手順!実は逮捕者も……!?

スポンサーリンク
ぐっさん
今回の都市伝説のテーマは「呪い」!
それも日本に古くから伝わる「丑の刻参り」について紹介したいと思いまっす!
マキエ
あー。さすがにそれは聞いたことがあるわね。
神社の境内でわら人形を呪いたい人間に見立てて釘を打ち込むやつでしょ?
ぐっさん
そうそう。よくホラー映画とかであるやつ。
かなり有名な話だから存在自体は知っている人は多いと思うんだけど、丑の刻参りには決められた正しい服装とか作法もあるのは知ってる?
マキエ
え……?
呪いにもドレスコードとか作法があんの……?
ぐっさん
なんでわざわざ“正しい服装”を“ドレスコード”ってカッコよく言い直したの……?
マキエ
いちいちウルサイわね……
ぐっさん
まぁいいけどね。
今回はそんな知ってそうで意外と知らない丑の刻参りの由来や作法について紹介したいと思っているんだ。
マキエ
ふーん。
ぐっさん
あと実際にやる人はなかなかいないと思うけど、最近だと丑の刻参りで逮捕者がでたりしているので悪用は厳禁です。
マキエ
え……?マジで……?
丑の刻参りって逮捕されんの……?
ぐっさん
それじゃさっそく紹介してきまっす!

丑の刻参りの歴史と由来


ぐっさん
それじゃ改めて今回紹介するのは「丑の刻参り」について!
まずは丑の刻参りが生まれた由来から紹介していきたいと思います。
マキエ
あ、由来とかあるんだ。
ぐっさん
もちろん。
この丑の刻参りを日本で初めて行ったのは「橋姫」と呼ばれる平安時代の貴族のお嬢様。
この橋姫は元々嫉妬深い性格で有名な人物だったんだ。
ぐっさん
そんな橋姫はある日、貴族の男性の家に嫁ぐんだけど、平安時代の貴族は一夫多妻制が一般的で、その男性には別の奥さんもいたんだ。
マキエ
ふんふん。
ぐっさん
すると橋姫は別の奥さんに大嫉妬。
なんと橋姫は今でも京都にある貴船神社に参拝して、貴船神社の大明神に
どうか私を鬼にしてください。そしてあの女を殺す力をください。
とお願いしたんだ。
マキエ
え……えぇ~……。
ぐっさん
そして参拝を初めて7日後、橋姫の前に貴船神社の大明神が本当に表れて
21日間もの間、宇治川に浸かればお前を鬼に変えてやる。
と約束したんだって。
マキエ
なんか私の知ってる丑の刻参りとは全然ちがうんだけど……。
ぐっさん
まぁあくまでモデルとなった話だから。
ぐっさん
ちなみに橋姫は鬼になるために言われた通り21日間も宇治川に浸かるんだけど、その時の姿が壮絶でね……。
ぐっさん
なんと毎晩、長い髪を5つに束ねて角を作り、白装束を着て頭に三脚の鉄輪をはめて松明を刺し、両端に火をつけた松明を咥え、顔と体を朱色に染めて宇治川に浸かっていたんだって……。

長なる髪をば五つに分け五つの角にぞ造りける。顔には朱を指し、身には丹(に、赤土)を塗り、鉄輪を戴きて、三つの足には松を燃やし、続松(たいまつ)を拵へて両方に火を附けて口にくはへ、夜更け人定(しずま)りて後、大和大路へ走り出で、南を指して行きけるに、頭より五つの火燃え上り、眉太く、鉄漿(かね)にて、面赤く身も赤ければさながら鬼形に異ならず。

マキエ
えぇぇ……。
ぐっさん
そしてその結果、橋姫は生きたまま鬼となって別の奥さんを喰い殺したんだってさ。
マキエ
あ、本当に鬼になっちゃうんだ……。
まぁ頑張ったもんね……。普通に刃物とかつかって襲い掛かったほうが早かった気もするけど……。
ぐっさん
ただ、その後橋姫は暴走してしまい別の奥さんだけでなく見境なく人を襲う本当の鬼になってしまい、人々からは「嫉妬の鬼」と恐れられるようになるんだ。
マキエ
あらら。
ぐっさん
でも、その後は平安時代の武将である源綱(みなもと の つな)によって腕を切られて鎮魂。
今では宇治橋の近くにある橋姫神社で祭られて、橋を守る女神になったんだってさ。
マキエ
へー。意外と面白い話ね。
マキエ
でも、あんまり丑の刻参りは関係なくない……?
わら人形すら出てこなかったし……。
ぐっさん
確かにこの時点での共通点といえば「7日間お参りする」っていうのと「白装束」と「頭に火を灯す」ぐらいだね。
ぐっさん
ただ、この後に平安時代でブームだった陰陽道とか式神の要素が追加されて、江戸の頃には今の「丑の刻参り」が完成したといわれているんだ。
ちなみに式神の要素ってのがわら人形ね。
マキエ
ああ、わら人形って式神的なポジションだったのね。
ぐっさん
そそ。
鬼門から鬼がでてきて、その鬼を使役する事で呪いを飛ばすって感じだね。

丑の刻参りの正しい手順。

ぐっさん
それじゃ次に丑の刻参りの正しい服装や手順について紹介していきまっす。

丑の刻参りの正しい服装

ぐっさん
まずは丑の刻参りの正しい服装から紹介していくね。
ぐっさん
丑の刻参りの正装はこの様になっています。
・頭:鉄環か五徳を被りロウソクを最低3本立てる。
・顔:白粉を顔全体につける
・口:鉄漿(おはぐろ)を塗り、朱色の口紅を付け、櫛を咥える
・首:魔除けの鏡を吊るす
・体:真っ白な単衣と懐に護り刀
・足:一本下駄もしくは長下駄
マキエ
うっわ……。めんどくさ……。
というか今どき、鉄漿(おはぐろ)なんてどこで手に入れるのよ……。
ぐっさん
普通にAmazonで「トゥースワックス」って名前で売ってたよ。
マキエ
え、まじで……。
ぐっさん
まぁ昔みたいな本当の鉄漿(おはぐろ)じゃなくてコスプレ用品みたいだけどね。

わら人形

ぐっさん
そして次にわら人形についてなんだけど、わら人形についてはあまり細かいルールはなくて、人の形に結んだわら人形と金づち、そして五寸釘を用意するだけ。
あとはわら人形の中に憎い相手の髪や爪とかを入れて身代わりに見立てれば完成。
マキエ
ああ、わら人形のほうは意外と簡単なのね。
ぐっさん
だね。
ちなみに髪や爪については無くても大丈夫らしくて、有ったほうがより呪いのパワーが上がるって程度らしいね。
マキエ
へー。

丑の刻参りの手順

ぐっさん
それじゃ最後に実際の丑の刻参りの手順なんだけど、まずは冷水か神社にある清めの水を頭からかぶり身を清めます。
そしてその後はさっき紹介した装備品を身に着けます。
マキエ
装備品って言い方はどうなの……。
ぐっさん
そして鬼門が開く丑三つ時(午前2:00~2:30)に神社でご神木か、もしくは大鳥居に呪いの念を込めながらわら人形を打ち付けます。
マキエ
え、鳥居でもオッケーなの?
ぐっさん
丑の刻参り的にはオッケーだけど、法律的にはアウトだけどね……。
ぐっさん
そしてこの丑の刻参りを7日間欠かさず続ければ丑の刻参りの完成。
ただ、丑の刻参りは「誰かに目撃されてはならない」というルールがあって、見られてしまうと呪いが自分に跳ね返ってくるとも言われているんだ。
マキエ
あ、そうなの?
ぐっさん
そして自分に呪いが跳ね返ってくるのを防ぐには目撃者を殺さなければならないという決まりもあって、非常にハイリスクな呪方でもあるんだ。
ぐっさん
マキエも気を付けてね?
マキエ
いや、こんな面倒なことはしないから……。
ぐっさん
(面倒じゃなかったらやってたのかな……。)

丑の刻参りで逮捕者!罪状は「脅迫罪」!

ぐっさん
それじゃ、最後にせっかくなんで最後に丑の刻参りが原因で逮捕者がでた事例について紹介したいと思いまっす。
マキエ
ああ、冒頭で言ってたやつね。
マキエ
というか丑の刻参りってどんな罪に該当するの?
もし仮に本当に丑の刻参りが原因で病気になったり命を落としても、その事を証明できないじゃない。
ぐっさん
たしかに丑の刻参りでは傷害罪や殺人罪で逮捕する事はできないよ。
マキエ
じゃぁ何の罪になるの?
ぐっさん
丑の刻参りによって逮捕されている事件は少なくとも2件あるんだけど、どれも「脅迫罪」によって逮捕されているんだ。
マキエ
ああ、呪いって脅迫になるんだ。
ぐっさん
そうなんだよ。
ちなみに脅迫罪の条文は
『生命、身体、自由、名誉又は財産に対して害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、2年以下の懲役又は30万円以下の罰金に処する(刑法222条1項)』
と書かれていて、簡単にいうと「お前を呪いで殺すぞ」と脅せば脅迫罪になるって事だね。
マキエ
あー。なるほどねー。
ぐっさん
そしてその脅迫罪が適応された事件は1954年と2017年に起こっていて、1954年の事件については秋田市に住んでいた男性が女性に「丑の刻参りでお前を呪い殺す」と脅迫されて、脅迫した側の女性が逮捕。
2017年には女性に振られた男性が、女性に呪いのわら人形を送り付けた事がきっかけで逮捕されているんだ。
マキエ
なるほど……。
結局はストーカーみたいな扱いになるわけか……。
ぐっさん
そうだね。
ちなみに夜中に神社の境内でご神木や鳥居にわら人形を打つ行為は「住居侵入罪」や「器物損壊罪」に該当するから別の意味でも逮捕されたりします。
ぐっさん
マキエも気を付けてね……?
マキエ
だから、やらないってば。
面倒くさいから。
ぐっさん
やらない理由が“面倒くさい”ってあたりが心配なんだけど……。

まとめ

ぐっさん
以上が日本に古くから伝わる「丑の刻参り」についてでした。
どうだった?
マキエ
んー。なんていうか、意外と奥の深い話だったわね。
ただ、わら人形を木に打ち付けるだけかと思っていたけれど、平安時代のお話とかが絡んでて面白かったかも。
マキエ
しかも逮捕者が出てるってのが驚きね……。
マキエ
これぞまさしく「人を呪わば穴二つ」って奴ね。
ぐっさん
いや、上手い事言ったつもりなんだろうけど、絶対使い方間違ってるよ……。
スポンサーリンク

18 件のコメント

  • 小房の頃1.2ヶ月しか居なかった街でなんか問題になってたなぁ……まだ入学したてだったが、先生からいつも君たち遊んでる神社には今後近寄るなと言われた事を思い出します。のちのち引っ越してから友達に電話で聞いたら神社の木に釘が打ってあったとの事。

    • 黄色の7番さん、コメントありがとうございます。
      >>神社の木に釘が打ってあったとの事
      おおう……。なかなか怖い話ですね。呪い自体も怖いですが丑の刻参りを行うほど恨みを持った人間が近くに住んでいるという事のほうが怖いですね……。

  • 橋姫が暴走して嫉妬の鬼と化したのは、恐らく自分に呪いが返って来てしまったからでしょう。
    もともと”人を呪わば穴二つ”という言葉には、”他者を呪い殺そうとすれば、自分もその報いでいずれ死ぬことになるため、墓穴が2つ必要になる”という意味があるそうです。
    それが転じて”人を陥れようとすれば、自分もそれ相応の報いを受けるので、それなりの覚悟が必要”という意味になったとのことです。
    マキエさんの使い方は、あながち間違っていないかもしれません。

    • SHAZAMさん、こんばんわ。いつもコメントありがとうございます。
      >>墓穴が2つ必要になる”という意味があるそうです。
      なんと、穴二つの穴は墓穴だったんですね。初めて知りました。
      結局、呪いに頼らず実力行使が一番という事ですね(違う

  • 怪談レストランシリーズの呪いのレストランという本の中で、小学生の女の子二人がコンビニで丑の刻参りセットをかって、クラスメートの男児を呪う話が載っていました。その時の参りはたしか押し入れでやっていたと思います。

    • 春菜さん、コメントありがとうございます
      >>クラスメートの男児を呪う話
      絵本チックな見た目に反してなかなかやってることが陰険ですね……。
      オチがきになります……。

  • はじめまして。こちらの他の記事を初めて拝見してから解説がわかりやすく、色々な記事を読み漁りはじめましたw私は京都出身で昔夜中に複数の友人とドライブをしていた際にちょうど丑の刻という事で京都の貴船神社に無理矢理連れていかれた経験がありまして…読むのは好きですが肝試しなどは大嫌いだったので車で待ってると断固行きませんでしたが、戻ってきた友人が戻ってくるなり慌てて車を出した事を思い出しました。何でも気に人形が刺さっていたらしく万一丑の刻参り中の人に遭遇するとヤバイと思ったみたいで…。貴船神社は今も丑の刻まいりが行われていると有名です。見つけたら住職さんがお祓いをしているようですが。だいたいの縁結び神社は裏参りが縁切りらしいのですが、貴船もその縁結び神社です。ただ、特に丑の刻参りで貴船が有名なのは起源だったからなんだとこちらで知り、大変勉強になりました!

    • ゆあさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
      お褒めの言葉を頂き恐縮のかぎりです。また少しでもお楽しみいただけたようでなによりです。
      なかなかレアな体験をされていますね……。文章や話で聞くのと、実際に現地にいって物を見るのとでは感じ方が全然ちがいそうなきがします。
      というか、今でもまだ実際に行われているのですね。その事についてもびっくりです。
      貴重なお話ありがとうございました。

      • 早々にお返事頂いて嬉しいです!ありがとうございます!都市伝説やホラー、未解決事件など大好きで前にテレビで見たタイタニックのミイラ説の真相を知りたく検索していたらここに辿りつきました!それからは好きなお話の記事が沢山あり読み漁ってまして(笑)そして確かにレアな体験だと思いますが私自身は私含めた5人のうちもう1人の友人と車の中で待っていたので実物の人形を見たわけではなく、残りの3人の友人が藁人形が木に刺さっているのを目撃→とんでもなく慌てて車に戻った友人達が理由も言わずすぐに車を発進→貴船は少し山道を走ったところにあるので、その山道を降りた後に近くにあったコンビニに停車して、そこで人形を見たから慌てて戻ってきた事を聞きました。ホラーは聞くだけで実際には行ったりしないのがベストです。というのも、私自身は昔からホラーなど大好きだったのですが、京都にある有名なスポット「清滝トンネル」で若かりし頃に思いっきり恐ろしい出来事に出くわしまして、結果お寺に駆け込んだ経験があり…それ以降は一時的に聞くのも嫌でしたが、かなり年数も経ったためやはり興味あることからは離れられず、聞いたり読んだりは再開しましたが、断固実際に行く事は今もしてないです。ただ、清滝トンネルだけは今も何故心霊スポットになっているのかは検索出来ずにいまして…まぁ心霊スポットになった理由があるかどうかもわかりませんが、もし理由があるのだとしたらお手隙の際にお調べ頂き記事に上げて頂ければ幸いです!ぐっさん様の記事はとても拝読しやすいので…失礼なリクエストでしたら申し訳ありません。あくまでもし気が向いたお暇な時があれば、のリクエストです!今後も沢山の記事楽しみにしています٩(๑>∀<๑)۶長々と失礼致しました。

        • ゆあさん、コメントありがとうございます。
          >>清滝トンネル
          ネタのご提供ありがとうございます。
          実は私も一時期は京都の宇治(といってもかなり田舎)に住んでいたのですが清滝トンネルの名前は耳にしたことがあります。
          たしか変な角度のミラーがあったような……?
          少し調べるお時間をいただいて、またいずれご紹介させていただきますー。

          • いつも返信下さりとても嬉しいです!気付けばめちゃくちゃぐっさんの記事の読書にwホラー苦手なのは間違ってないです!というか、怖いけど見たい知りたいの典型的なタイプです。そして思い出して眠れなくなるww怖いのに見てしまうのはそこに快感が生まれるからとか聞いた事がありますが実際どうなんですかね。快感に思った事はないですがついつい…ww人間の心理なども大変興味があるので事件や事故記事もよく読んでおります。そちらの感想はまたそちらの記事に書き込みします!そしてまさかの張り紙wwそんな事になってるんですね…しかもただの見た目でマリア像と勘違いしてる私wwあの辺りは野犬が多かった記憶はあるのでそれで張り紙が出来たのでしょうか…わりと地元では有名なスポットでしたし肝試しに来る人も多かったかと思いますので…私が行ったのは中学生時代でかれこれ20年程前(@ ̄□ ̄@;)!!!ですがその時は行き止まりの表記だけだったかと。かの病院に逸話がございましたらお手隙の時にまとめて頂けると幸いです!三毛別事件は事件事故の方に書き込みますね!毎度長々とすみません。そして別コメのVRの誤字失礼しました(笑)

          • ゆあさん、いつもコメントありがとうございます。
            >>怖いけど見たい知りたいの典型的なタイプです。
            わかります。私も同じタイプです。
            明るい昼間に読むとあまり怖くないのに、夜になってふと思い出すとやたらと怖く感じたりしますよね(笑)
            立て続けにリクエストを頂いておきながらいまだにお応えできていませんが、もう少しお待ちいただけると幸いです。

          • 嬉しいお言葉ありがとうございます!宇治はいいとこですよね!花火大会いつもいってました!私もわりと宇治市に近いところに住んでいましたので!あのあたりの有名な心霊スポットには大方行きましたが印象に強いのが清滝トンネル(これが原因で一切の心霊スポットに行かなくなりました)と、八幡市の八幡山に噂される廃病院の軍人病院(八幡市の方の呼び方では血の病院というそうです)です。そこはたいして何か問題あったわけではないですが、まず行くのがヤバいくらいの山中です。ロープウェイの線路から少し離れたところから入るのですがかなりの山中を歩いて登りほぼ道がないという…。そしてしばらくするとマリア像が見えてくるのですがそこから更に登ると屋根のない廃墟になっていてお風呂や注射器っぽいものなど色々なものがあり壁には大きい蜘蛛が山ほど…気味が悪すぎてはっきりと覚えていまして…こちらもお手すきの際にネタになるようでしたらお願い出来れば嬉しいです。また、清滝や病院より切実に記事にまとめて頂きたい事がありまして…ホラーカテゴリーでなく事件事故カテゴリーになりますが、かなり昔に北海道で起こった熊の事件を記事にまとめて頂きたく!!事故の名前は忘れてしまいましたが、けっこうな人数が亡くなった熊の事故で…良ければお手すきの際にまとめて頂ければ大変ありがたく思います!これからも楽しみにしています٩(๑>∀<๑)۶

          • ゆあさん、いつもコメントありがとうございます。
            ホラーが苦手と勝手に思い込んでいましたが、かなりお詳しいですね!びっくりです!(笑)
            おっしゃってる病院は恐らくビルマ僧院の事ですね。懐かしく思い検索してみたら
            「この上は何もありません!立ち入り禁止!」という明らかに嘘の垂れ幕が張られていて少しウケました。
            あと、三毛別羆事件のリクエストありがとうございます。実は以前に他の方からもリクエストを受けていたのですが
            壮絶な事件に対して私の表現力の無さが浮き彫りになってしまい、少し尻込んでしまっています。
            できるだけ早く記事にさせていただくよう頑張ります。

  • ゆあさんへ

    ひょっとしたら三毛別羆事件でしょうか?
    ちなみに事件があった場所に当時を再現した実物大の模型とかがあったりします。

    • 赤帽子さん
      記載頂いた事件名で検索してみたら私が知っていた内容と三毛別羆事件の内容が合致していました!教えて頂きありがとうございます!模型台まであるんですね…現地にはとても行けそうにないので画像探してみます。知った時はとにかく驚愕で…でも動物との共存や時代背景においても自分は平和な世に生まれてこれたと色々考えさせられる事件でとても印象強く残っております。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。