井上陽水の”夢の中へ”の探し物は麻薬?歌詞に秘められた意味とは

スポンサーリンク
ぐっさん
今回の都市伝説は歌手の大御所「井上陽水」さんにまつわる都市伝説でっす。
マキエ
あー。私も一時期、かなりはまった時期があったわ。
独特な声や歌い方がなんか聞いていて気持ちいいのよねー。
ぐっさん
そだね。
僕もかなり好きだよ。
マキエ
で、その井上陽水がどうしたって?
ぐっさん
マキエも知ってると思うけど井上陽水のヒット曲の中で「夢の中へ」って曲があるでしょ?
マキエ
あるわね。
今の若い人たちはどうか知らないけど、昭和生まれなら誰でも知ってんじゃない?
ぐっさん
実はその曲は「麻薬について歌った曲」だっていう都市伝説があるんだよ。
マキエ
ほう。
ちょっと興味出てきたわね。

井上陽水「夢の中へ」の歌詞


ぐっさん
まずはおさらいがてらに井上陽水の「夢の中へ」の歌詞を紹介するね。
ぐっさん
まず一番が

探し物は何ですか。見つけにくいものですか。
鞄の中も、机の中も探したけれど見つからないのに。
まだまだ探す気ですか。それより僕と踊りませんか。
夢の中へ、夢の中へ行ってみたいと思いませんか。

ぐっさん
そして二番が

休むことも許されず、笑うことは止められて、
はいつくばって、はいつくばって、一体何を探しているのか。
探すのをやめた時、見つかることもよくある話で、
踊りましょう、夢の中へ行ってみたいと思いませんか。

マキエ
うん。
この歌詞がなんか問題あんの?
ぐっさん
そしてここからが都市伝説!
ぐっさん
実はこの歌の一番は「麻薬の家宅捜索の歌」で2番が「麻薬を探す警察官を皮肉った歌」だっていわれているんだ。

大麻所持で逮捕されたことのある井上陽水


ぐっさん
マキエは井上陽水が大麻所持で逮捕されたことあるって知ってた?
マキエ
あー……。
なんかむかーしにそんなニュース見たことあるかも。
ぐっさん
ちなみに時系列的には「夢の中へ」がリリースされたのが1973年。
そして大麻の不法所持で逮捕されたのが1977年。
ぐっさん
そしてこの「夢の中へ」が生まれたのは、麻薬所持を疑われて家宅捜索にきた警察をみて思いついた曲って言われてるんだ。
マキエ
えぇ……。
ちょっと極端すぎない?
ぐっさん
でも、そう考えると歌詞のつじつまが色々合ってくるんだよね。
ぐっさん
例えば「鞄の中も机の中も探したのに見つからない」ってのは
「所持品検査をされたけど警察は麻薬を見つけることが出来なかった」って意味にとれる。
ぐっさん
そして「夢の中へ行ってみたいと思いませんか」ってのは
「麻薬で気持ちよくなろう」
ともとれるよね。
マキエ
んー……。
まぁ考えようによっちゃそうとれるかもね……。
ぐっさん
そして二番の「休むことも許されず、笑うことは止められて」と「はいつくばって、はいつくばって、一体何を探しているのか」ってあたりは警察官を皮肉ってる。
ぐっさん
つまり、井上陽水が所持しているという情報をもとに一生懸命、家宅捜索している警察を嘲笑うかのように馬鹿にしてるともとれるよね。
マキエ
なんかそういわれるとそんな気がしてくるわね……。
ミュージシャンって、何故か麻薬とか不倫がステータスなところあるし……。
マキエ
で、実際はどうなの?
ぐっさん
ちなみに井上陽水はこの都市伝説についてはキッパリと否定してるよ。
マキエ
ならガセじゃん!
ぐっさん
えぇ……でも考えてみてよ。
もし仮にこの都市伝説が真実だったとしても
「はい。あれは麻薬の家宅捜索を受けているときに思いついた歌です」
なんて言えると思う?
マキエ
た……確かにそうね。
ぐっさん
真実は井上陽水のみぞ知るってとこだね。
マキエ
くっ……気になる……。
スポンサーリンク