海外の都市伝説「ブラッディメアリー」!鏡の中に血まみれの女性が現れる……!?

スポンサーリンク
ぐっさん
今回の都市伝説のテーマは「海外の都市伝説」!
それも割と有名な「ブラッディメアリー」について紹介したいと思いまっす!
マキエ
あ、知ってる!知ってる!
ぐっさん
お、ここまで有名な話だと、さすがにマキエも知ってるか。
マキエ
まぁ知っているのは名前ぐらいだけど……。
ぐっさん
それって“知ってる”って言うのカナ……?
マキエ
あ、そういえばカクテルの名前にもなっているわよね。
ぐっさん
それはブラッディマリーね……。
まぁ綴りだと同じ「Bloody Mary」なんだけど、都市伝説のほうは「ブラッディメアリー」、カクテルは「ブラッディマリー」って呼ばれる方が多いかな?
ぐっさん
まぁ雑談はこの辺にして、早速紹介していきまっす!

海外で有名な都市伝説「ブラッディメアリー」


ぐっさん
それじゃ改めて今回紹介する都市伝説は「ブラッディメアリー」について!
このブラッディメアリーはアメリカで有名な話の一つで、鏡の中に血まみれの少女が現れるという都市伝説です!
マキエ
あー……。ホラー系かぁ……。
ぐっさん
都市伝説って大概はホラーだけどね……。
ぐっさん
ちなみにブラッディメアリーは降霊術の一つでもあるんだけど、呼び出し方も非常に簡単で真夜中の暗い部屋で「ブラッディメアリー」と三回唱えるだけ。
マキエ
え、それだけ?
ぐっさん
そう。
まぁ地域によっては唱える回数が違ったり、その場で3回まわったりするってのもあるみたい。
中には「ブラッディメアリー、あなたの赤ちゃんを殺したのは私だ」なんて唱えるバージョンもあるんだって。
マキエ
う……。
なんか最後の赤ちゃんの呪文はあんまり唱えたくないわね……。
ぐっさん
そうだね。
本当に現れた上に信じられても困るしね。
まぁ日本語が通じるかは別として。
マキエ
で、そのブラッディメアリーが現れたらどうなんの?
ぐっさん
運が良ければちょっとした怪我で済むけれど、最悪の場合は憑り殺されるって感じかな?

ブラッディメアリーが現れると……?

ぐっさん
それじゃ次にブラッディメアリーが現れるとどうなるかについて紹介していくけれど、これもまた様々なバリエーションがあったりします。
マキエ
ほう。
ぐっさん
ちなみに一番軽いのは「顔を爪で引っかかれる」って感じ。
マキエ
なんか地味だけど、ちょっと痛そうね……。
ぐっさん
まぁそれでも十分怖いとはおもうけどね……。
ぐっさん
ただ、他のはもっとえげつなくて
・首を絞められる
・鏡の世界に引きずり込まれる
・目玉をくり抜かれる
・恐怖を植え付けられて発狂してしまう
なんてのもあったりする……。
マキエ
あー……。まぁ典型的な都市伝説に登場する幽霊のしでかしそうな事って感じね……。

ブラッディメアリーのモデルとカクテル「ブラッディマリー」との関係は?


マキエ
そういえば、アンタは最初に都市伝説のブラッディメアリーとカクテルのブラッディマリーのスペルが一緒って言っていたわよね?
ぐっさん
うん。どっちも「Bloody Mary」だね。
「Mary」は「メアリー」と発音する事もあれば「マリー」と発音する事もあるからね。
マキエ
それってやっぱり何か関係あったりするの?
ぐっさん
いや、都市伝説とカクテルのモデルとなった人は別人かな。
ちなみにカクテルのブラッディマリーのモデルとなったのは16世紀に実在したイングランドとアイルランドの女王である「メアリー1世」。

ぐっさん
メアリー1世はキリスト教の中でもカトリックを信仰する人物だったんだけど、一方でプロテスタントをキリスト教と認めずに迫害していたんだ。
マキエ
ふんふん。
ぐっさん
しかも女王だけあって権力があったせいで迫害が次第にエスカレートして虐殺するようになり、300人以上のプロテスタントの信者たちを処刑したという記録もあるみたい。
マキエ
キリスト教って“赦しを行え”っていってなかったっけ……?
ぐっさん
まぁその辺に触れると長くなるからスルーします!
ぐっさん
で、一方で今回の都市伝説であるブラッディメアリーは19世紀のアメリカで起きたと言われている事件がモデルになっていると言われているんだ。
マキエ
事件?
ぐっさん
なんでも1892年に起こった事件らしいんだけど、アメリカのとある田舎に5人の家族がひっこしてきたんだって。
マキエ
ふんふん。
ぐっさん
ただその家族は近所付き合いがほとんど無くて、近隣の住民も引っ越しの時に姿を見たのが最後っていうぐらい外に出てこなかったそうなんだ。
ぐっさん
そしてそんなある日の事、近隣の住民が5人の家族が引っ越してきた家の前を通った時に2階の窓際に白いドレスを着た女性が外を眺めている姿を見かけるんだ。
マキエ
ほう。
ぐっさん
ただ、次の日も、その次の日も白いドレスを着た女性は2階の窓際に立ってずっと外を眺めていたんだって。
マキエ
ん?何を見てるの?
ぐっさん
近隣の住民も最初は何を見ているのか気になったみたいなんだけど、次第にいつ見ても身動き一つしない女性に対して違和感を感じて警察に通報したんだ。
マキエ
ふんふん。
ぐっさん
そして警察が家に訪れてドアを叩いても誰も出てこない。
警察は無理やり家にはいり、女性がいる部屋に訪ねていくんだけど、そこには白いドレスを着て窓際で首を吊った女性の死体があったんだって……。
マキエ
え、じゃぁ窓際で立っているように見えたのって……。
ぐっさん
死体がぶら下ってたってだけだね……。
マキエ
うわ……。想像するとちょっときっつい……。
ぐっさん
ちなみに他の家族4人は惨殺されていて、警察の調べによると死因は無理心中だったらしい。
そして首を吊っていた女性の名前が「メアリー」だったんだ。
マキエ
じゃぁ鏡に出てくるのはメアリー1世じゃなくて、この無理心中したメアリーって事……?
ぐっさん
そういう事だね……。

まとめ

ぐっさん
以上が海外の都市伝説「ブラッディメアリー」でした。
どうだった?
マキエ
うーん……。
ブラッディメアリーの話より、ブラッディメアリーのモデルとなった事件の話の方が怖かったわね……。
ぐっさん
そうだね。
ちなみに日本でも似た様な怖い話で「星を見る少女」って話があったりするよ。
マキエ
似た様な話ってことは「星を眺めている少女は実は首を吊って空を見ていただけ」って感じの話なのかしら……?
ぐっさん
そう……。
とある男性が毎晩、夜空を眺めているロマンチックな女性に恋をするんだけど、実はただ部屋で首を吊っていただけっていう……。
マキエ
恋した相手が首吊りしたいって、それはまたトラウマもんの話ね……。
ぐっさん
あ、そうそう。
ちなみに夜中にブラッディメアリーの話を思い出すと鏡を見れなくなったりします。
マキエ
そういうのはやめて……。
マジで夜に思い出して怖くなるから……。
スポンサーリンク

18 件のコメント

  • このブラッディメアリーもそうだけど、
    日本の怪談とかでも出てくる幽霊系って女ばっかりじゃない?なんでやろね。
    雪女、口裂け女、トイレの花子さん、お岩さん、貞子などなど。怪談でタクシーがよく乗せる幽霊も女性じゃんw(´・_・`)

    • かやんばさん、いつもコメントありがとうございます。
      >>日本の怪談とかでも出てくる幽霊系って女ばっかりじゃない?なんでやろね。
      恐らくですが女性が幽霊として登場することで日常の女性とのギャップが生じて怖さを増幅するという効果(普段は怖くない物が怖いも存在になる)を狙っているのではないでしょうか。
      スキンヘッドでサングラスをかけた全身入れ墨のヤクザの幽霊が出てきても、どっちに怖がったらいいかわかりませんしね……。

  • ブラッディメアリーのモデルの事件の方、白いドレス着て首吊りならブラッディ(血まみれ)として出てくるのは何でなんですかね…?

    • 酢酸さん、コメントありがとうございます。
      私の説明が至りませんでしたが「家族を無理心中させた時の返り血」、もしくは「家族に殺されて吊るされた際の時の自分の血」という解釈のようです。

  • ブラッディマリーと聞いて、デビルメイクライに出てきた敵を思い出したよ。
    あれ、人形なのに斬ると血がドバドバ出るのが不気味なんだよね(笑)
    ちなみに、もうすぐ最新作の5が出るけど、ぐっさんは買うの?

    • ガムごはんさん、いつもコメントありがとうございます。
      >>ちなみに、もうすぐ最新作の5が出るけど、ぐっさんは買うの?
      かなりグラフィックが綺麗になってましたよねー、なんとなくベヨネッタを思い出しました。
      欲しいのは欲しいのですが金欠中なので一先ずはセール待ちって感じです……。

  • 日本にも鏡が出てくる怪談は沢山ありますし鏡は異世界と通じているかもしれない…という考えは万国共通なんですね。

    • 輪廻さん、いつもコメントありがとうございます。
      >>日本にも鏡が出てくる怪談は沢山ありますし鏡は異世界と通じているかもしれない
      みたいですね。確かに見方によったら小さな異次元空間の割れ目にもみえなくはないですし。
      ちなみにキリスト教の聖書の中にも鏡の記述があるので、そういった意味でも万国共通なのかもしれません。

    • 黄金の虎さん、いつもコメントありがとうございます。
      >>降霊術のやつが簡単すぎてうっかり唱えてしまいそうで怖いな・・・・・
      こういうのって何故か言ってみたくなりますよね……。
      私はかなりのビビりなので絶対言いませんが……。

    • 百式さん、いつもコメントありがとうございます。
      >>呼び出し方が映画のキャンディマンに似てる。
      キャンディマンを知らなかったのでサクッと検索してみたら、えらいグロい映画でびっくりしました(笑)
      ただ、設定は殆ど元ネタといっていいほど被ってますねー。百式さんがおっしゃるとおり元ネタかもしれません。

  • ブラッディマリーの正体は他に幼い子供を亡くした母親、我が子を殺した若い寡婦などがあるそうです。

    • 春菜さん、いつもコメントありがとうございます。
      有名な都市伝説は様々なパターンがあって面白いですよね。
      記事の中で紹介した「赤ちゃんを殺したのは私だ」という呪文は幼い子供を無くした母親用の呪文なのかもしれませんね。
      我が子を殺した寡婦パターンだったら「いやいや、殺したのは私だから」と思われそう……。

  • これは知ってました!いやに簡単だってとこがミソですよね。食事や移動は愚か、恐怖までお手軽ときた。でも、お手軽過ぎて皆やりますよね。これ。これは、なかなか、メアリー、もとい幽霊側の企業(?)努力の賜物ですね。花子さんとかも。

    • コーギーさん、いつもコメントありがとうございます。
      割と有名ですよね。さすがにやりはしませんが(笑)
      ただ、簡単すぎてメアリーさんは世界各国で引っ張りだこになってそうな気もします(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。