羽田の大鳥居の呪い!撤去作業中に死者と怪我人が続出?

スポンサーリンク
ぐっさん
今回紹介する都市伝説のテーマは「呪い」!
それも匿名の読者の方からのリクエストにお応えして羽田空港にある大鳥居の呪いについてご紹介したいと思いまっす!
マキエ
羽田空港の大鳥居の呪い……?
え?空港に大鳥居ってどういう事……?
ぐっさん
あれ?知らない?
実は割と有名な話だから知ってるかもって思ったんだけど、実は羽田空港の隅っこにポツンと奇妙な鳥居が立っているんだよ。
マキエ
へー。そうなんだ。
マキエ
え、だから何で空港に鳥居が……?
ぐっさん
実は過去に色々あってね。この大鳥居を巡って死者が出たりもしてるんだよ。
今回はそんな奇妙な大鳥居についてのお話です。
ぐっさん
それじゃさっそく紹介していきまっす!

羽田空港の隅にたたずむ奇妙な大鳥居

ぐっさん
それじゃ改めて今回紹介するのは羽田空港の大鳥居呪いについて!
まず大鳥居が立っている場所から紹介すると、天空橋駅から南に350m行った弁天橋の麓に立っています。

ぐっさん
ちなみにコチラが大鳥居の写真。

マキエ
へー。本当になんか変な場所に立ってんのね。
しかも鳥居だけ?
マキエ
あ、わかった。
羽田空港が作られた時に元々あった鳥居だけ残したとか、そんな話じゃないの?
ぐっさん
あー、まぁ近いかな。
ただ、現在の大鳥居は過去に移設された物で、実は移設される前は空港の駐車場のど真ん中にあった事もあるんだ。

マキエ
うっわ……。邪魔……。
なにこれ……。
ぐっさん
まぁ誰がどう見ても邪魔に見えるよね。
で、誰もが移設を考えると思うんだけど、この大鳥居を移設したり破壊しようとしたときに数々の事故や死者がでているんだ……。

穴守稲荷神社と羽田空港を接収したGHQ

ぐっさん
それじゃ、次にこの大鳥居のルーツについてなんだけど、この大鳥居は元々この土地にあった「穴守稲荷神社」のために建てられていた鳥居なんだ。
ぐっさん
そして穴守稲荷神社は江戸時代に羽田を水害から守ってもらうために建てられた神社で、祭られている神様は「豊受姫命(とようけびめのみこと)」。
海に近いという立地条件のおかげで割と人気の神社の一つだったんだってさ。
マキエ
へー。
ぐっさん
ただ、神社は取り壊されて移設したせいで、大鳥居だけ残ってしまったんだよ。
マキエ
いや、神社が取り壊されているのに何で鳥居だけ残ってんの?
というか、なんで神社が取り壊されてんの?
ぐっさん
その理由は第二次世界大戦にまで遡ります。
第二次世界大戦に敗戦した日本は連合国軍最高司令官総司令部、通称GHQによって羽田空港を接収されてしまうんだ。
マキエ
接収?
ぐっさん
まぁ簡単に言うと強制的に没収された感じ。
GHQは羽田一帯と羽田空港を軍事基地として活用しようとしたんだよ。
マキエ
ふんふん。
ぐっさん
そして、その時に軍事基地を建設する上で邪魔だった社殿や他の鳥居は破壊されて撤去されてしまったんだけど、この大鳥居だけは撤去されなかったんだ。
マキエ
だから、それはなんで?
ぐっさん
撤去しようとしたら死亡事故が相次いだんだよ……。

撤去時に死亡事故が相次いだ大鳥居。米軍も早々に諦めた?

ぐっさん
羽田空港を接収したGHQは、羽田空港を「ハネダ・アーミー・ベース」と名付けて拡張工事を行っていたんだ。
ぐっさん
で、さっきも言った通り社殿や他の鳥居は破壊されて撤去されたんだけど、この大鳥居を破壊しようとしたところ二人の死者と数人の重傷者が出てしまう。
マキエ
ほう……。
ぐっさん
最初、この大鳥居はロープを使って倒される事になったんだけど、大鳥居の上で作業をしていた米軍兵士3名が落下。
1名が死亡し、2名が重症を負ってしまう。
ぐっさん
そして何とかロープを結ぶことはできたんだけど、いざ倒そうと引っ張った瞬間にロープが切れて再び怪我人が出てしまう。
また別のタイミングで米兵の一人が重機に挟まれ死亡してしまい、とにかく数多くの死傷者が出てしまうんだ。
マキエ
めっちゃバチが当たってんじゃん……。
ぐっさん
で、米軍はどうしたかというと今度は日本の土木業者に撤去を依頼したんだ。
マキエ
うわぁ、なんかやり方が卑怯じゃない……?
ぐっさん
まぁ卑怯かどうかは置いといて、米軍に命令された土木業者は仕方なく作業に取り掛かったんだけど、作業当日に作業員達が謎の高熱に襲われて業務が中止になってしまったんだ。
結果、米軍はこの大鳥居の撤去を諦めて、そのまま置いておくことになったって訳。
マキエ
へー。

1999年に現在の位置へ移設。その時は呪いは発動せず。

マキエ
でも、今ある大鳥居は元々はもっと中心にあったんでしょ?
いつどうやって今の場所に移動したの?
ぐっさん
うん。
羽田空港は1952年に日本に返還されるんだけど、この時はまだ空港のど真ん中に立っていたし、むしろ1999年まで空港のど真ん中にあったんだ。
マキエ
割と最近ね。
ぐっさん
言っても今からだと約20年前だけどね……。
マキエ
うっ……!?
ぐっさん
まぁそれはいいとして、経済成長と伴って羽田空港はもっと滑走路が必要になって拡張工事を行わなければならなくなってしまう。
そこで今度はちゃんと地元の氏子達により祈祷を行って神様に移動をお願いして今の場所に移ってもらったって訳。
マキエ
なるほどね。
その時は何も起きなかったの?
ぐっさん
うん。
まぁ神様も話せば分かってくれるんじゃないかな?

まとめ

ぐっさん
以上が羽田空港にある大鳥居の呪いについてでした。
どうだった?
マキエ
んー。呪いっていうか、神様をないがしろにした結果、バチを受けたって感じね。
ぐっさん
あー。まぁ言われてみればそうだね。
それに事故についても大鳥居にロープを引っかけてジープで引っ張るっていう割と強引なやり方だったみたいだから、呪いじゃなくて只の事故っていう説もあるみたいだけどね。
マキエ
ふーん。
でもなんで社殿じゃなくて鳥居が残ったのカシラ。
普通は社殿が壊されるときにバチが当たりそうな気がするけど。
ぐっさん
社殿より鳥居のほうがお気に入りだったとか……?
マキエ
ちょっと無理がある気がする……。
スポンサーリンク

14 件のコメント

  • 前にもツイッターで題材になってたのにも返信した内容だが、
    「工事のための資格」などが「現実的でない・不適格」に起因する事故が
    連続した可能性も否定はできないか。

    工事車両・機材も現代でも通用しえるものであったとしても、技術やそもそもの安全対策・意識、
    ソフト面で失敗の可能性も高そうだ、文中にもあったジープで引っ張るとか。

    • にとみやさん、いつもコメントありがとうございます。
      >>技術やそもそもの安全対策・意識、ソフト面で失敗の可能性も高そうだ
      他の方もおっしゃられていますが、やはりこの部分が今回の事件では大半をしめていそうですよね。
      突貫工事だったっていう話もあったようですし。ただ、呪いというかバチが当たったという話のほうが個人的には好きです。

  • 今までの作業でお祈り的な事をしていなかったのがビックリ…罰当たりだからお祈りだけでもしておこうって誰も言い出さなかったんですかね?笑
    そして1999年が20年も前という事実に涙が止まりません…笑

    • 輪廻さん、いつもコメントありがとうございます。
      >>…罰当たりだからお祈りだけでもしておこうって誰も言い出さなかったんですかね?笑
      当時は「基地を作るから48時間以内に羽田一帯から出ていけ」というお達しがあったみたいで、お祈りする余裕すらなかったのかもしれません。
      >>そして1999年が20年も前という事実に涙が止まりません…笑
      その点については激しく同意します(笑)

  • 呪いの正体は単に現場管理の甘さな気が……。

    それはそうと占領地の宗教施設をぞんざいに扱うのは悪手って事くらいアメリカ様なら知ってそうなもの。この頃はそうでもなかったんでしょうか。

    • かんばっちさん、いつもコメントありがとうございます。
      >>それはそうと占領地の宗教施設をぞんざいに扱うのは悪手って事くらいアメリカ様なら知ってそうなもの。この頃はそうでもなかったんでしょうか。
      アメリカは日本より信仰心がある人が多いですし、流石に把握していたとは思います。ただ、やっぱり立地の問題で背に腹は代えられなかったのではないでしょうか。
      滑走路や着陸エリアのど真ん中に鳥居を突っ立てておくという訳にも行きませんし。
      まぁ結局は突っ立てておくことになったようですが(笑)

    • 黄金の虎さん、いつもコメントありがとうございます。
      そういえばそうですね。
      撤去作業をしていたのは、ただ命令されただけの下っ端だったでしょうし。
      もし天罰なら神様もその辺は配慮してほしいものですね。

  • >割りと最近ね。

    自分も他人から音楽は何聴いてるの?と聞かれて「最近はホワイト・ゾンビかなぁ」と答える。
    そのホワイト・ゾンビは1998年に解散してますけどね。
    この前さぁ、と言ったこの前が2年前だったり…

    • Takamixさん、いつもコメントありがとうございます。
      >>ホワイト・ゾンビ
      懐かしい!ちなみに私も似た様な経験をしており、私の場合は「HALFORD」でした。
      ロブ・ゾンビがお好きなら、ロブ・ハルフォードもお気に召すかもしれません。

  • 「ミイラ」で検索して何気に辿り着いたサイトですが、他の記事も読みやすくて面白かったです。
    これからもちょくちょく読みに来ますね。
    更新頑張ってください。

    • heidiさん、コメントありがとうございます。
      お褒めの言葉を頂きありがとうございます。非常に励みになります。
      これからも色々紹介していきますので、是非お手すきの際には読みに来てやってください。

  • そういえば平将門の首塚に関する記事はまだ出てないんだな、など思いググってみたらこちらもGHQが撤去しようとして死者を出してるんですか!!(驚)

    • 赤帽子さん、いつもコメントありがとうございます。
      >>平将門の首塚
      地元ではかなり有名だそうですね。近くのビルではお尻を向けないように机の向きを工夫しているという話も聞いたことがあります。
      ただ平将門の首塚とGHQの関係は初めて知りました。まさかこんな所でも……。
      また平将門の首塚についてもいつかはご紹介したいと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。