夏目漱石の都市伝説!実は「I Love You」を「月が綺麗ですね」とは訳していなかった!?

スポンサーリンク
ぐっさん
今回は日本の偉人である夏目漱石についての都市伝説でっす。
マキエ
漱石さんは大好きよ。
でも諭吉さんのほうが好きだけどね。
ぐっさん
まぁ諭吉さんは漱石さん10人分だもんね。
ぐっさん
って、いやいや、そういう話じゃないよ
ぐっさん
今回は夏目漱石が「I Love You」を「月が綺麗ですね」という翻訳したという事についての都市伝説の話だよ。

夏目漱石は一度も「I Love You 」を「月が綺麗ですね」とは訳していない?

ぐっさん
今回の都市伝説は夏目漱石の翻訳についてなんだけど、マキエは「I Love You」を「月が綺麗ですね」って訳すって事をしってる?
マキエ
あー。知ってる。
最近、ドラマとかでも意識して使われてると事があるわよね。
マキエ
たまにネットでもネタにされてたりするし
ぐっさん
そうそう。
マキエ
あれって夏目漱石だったんだ。
てっきり戸田 奈津子かとおもてったわ・・・・・・
ぐっさん
あの人も大概だけどね・・・・・・
ぐっさん
でも、実は夏目漱石は一度たりとも「I Love You」を「月が綺麗ですね」とは訳してないんだ。
そもそも、「I Love You」を「月が綺麗ですね」と翻訳したって言うこと自体が都市伝説とも言える。
マキエ
あら、そうなんだ。
じゃぁいったい誰がそんなことを言い始めたの?

「I Love You = 月が綺麗ですね」はどこで生まれたのか

ぐっさん
夏目漱石は「I Love You」を「月が綺麗ですね」とは一度も訳していないとは言ったけど、それっぽい逸話は残ってたりするんだ。
マキエ
へー。どんな?
ぐっさん
実は夏目漱石が英語教師をしていた頃の話なんだけど、生徒に「I Love You」を訳を聞いたわけよ
マキエ
ふんふん。
ぐっさん
まぁ普通なら「私はあなたを愛しています」とか訳すよね。
この時も生徒は直訳で似たような答えを出したの。
マキエ
そりゃそうよね。
ぐっさん
でも、その時に夏目漱石はそんな答えを一蹴して、こう答えたんだ
ぐっさん
「そこは『月がとっても青いから』と訳すんだ」
ってね。
マキエ
えぇー・・・・・・。
納得いかねぇー・・・・・・。
マキエ
どこも”月”なんて出てきてないし、しかも色まで付いちゃったよ……
私が生徒だったら「あ、この先生は当てにならん」って思いそうだけど・・・・・・。
マキエ
ちなみにこの話は真実なんでしょうね?
ぐっさん
実はこの話は昭和53年に発刊された「珈琲店のシェイクスピア」という本で紹介されてるんだ。
ちなみに著者は「小田島雄志」。
マキエ
誰・・・・・・。
ぐっさん
翻訳界野中では有名な偉人だよ。
マキエ
ふーん。
ぐっさん
まぁ話はそれちゃったけど、結論としては「I Love You = 月が綺麗ですね」と訳したというのは事実無根ってことだね
マキエ
なんか都市伝説ってより歴史の勉強っぽかったわね・・・・・・。
スポンサーリンク