地下300メートルにある病院「ソロトビノ岩塩坑坑道」!その風景はまさにディストピア!

スポンサーリンク
ぐっさん
今回紹介する都市伝説のテーマは「奇妙な場所」!
それも地下300メートルにある病院「ソロトビノ岩塩坑坑道」についてご紹介したいと思いまっす!
マキエ
え……?
普通は「地下300メートル」と「病院」と「坑道」って同じ文章内に一度に出てくる単語じゃない気がするんだけど……?
マキエ
あ、わかった。鉱山労働者の人達のための病院とか?
ぐっさん
ブブー。違います。
実は海外には坑道そのものが病院となっている日本では考えられない場所があるんだよ。
マキエ
坑道そのものが病院……?
ぐっさん
それじゃさっそく紹介していきまっす!

野戦病院を連想させる「ソロトビノ岩塩坑坑道」

ぐっさん
それじゃ改めて今回紹介するのは「ソロトビノ岩塩坑坑道」について。
このソロトビノ岩塩坑坑道は冒頭でも紹介した通り、地下300メートルに位置し岩塩坑道のど真ん中に作られた病院でっす。
ぐっさん
まずはその病棟風景から見てもらおうと思うんだけど、その風景がコチラ!


マキエ
……。なんか戦争の映画とかで見たことある……。
もしくはマトリックスとかターミネーターとかに出てくるレジスタンスの秘密基地……。
ぐっさん
あー。まさにそんな感じだね。
でも違います。ここは今でも年間5,000人の患者が入院するちゃんとした医療施設だよ。
マキエ
え、まだ現役なの……?
そもそも何処にあるわけ?この不気味な施設……。
ぐっさん
不気味かどうかはおいといて、このソロトビノ岩塩坑坑道があるのはウクライナ。
そのウクライナとルーマニアの境目にソロヴィノという町があるんだけど、そこの一角にある坑道だね。
マキエ
名前からしてロシアかと思ったけどウクライナかー。
ウクライナって言えば美人でかわいい女性の首相が有名よね。
ぐっさん
ああ、ユリア・ティモシェンコ元首相だね。
逮捕されちゃったのは残念だよね。
マキエ
え……。その話は知らない……。
ぐっさん
……。
まぁ政治の話はおいといて、今回はソロトビノ岩塩坑坑道の話をしようよ……。
マキエ
んー。じゃぁそもそも何で地下300メートルの洞窟に5,000人の患者が収容されているの?
マキエ
あ、もしかして凶悪犯や重度の精神病患者の隔離施設的なところなのかしら?
ぐっさん
いや、実はここは洞窟療法と呼ばれる治療法を施術するための場所なんだ。
マキエ
洞窟療法……?

様々な呼吸器疾患を癒す「洞窟療法」


マキエ
次から次へと聞きなれない単語がでてくるけど、その洞窟療法って何?
洞窟マニアが洞窟内で癒される場所とか?
ぐっさん
まぁ探検家とか洞窟マニアだったらそういう効果も期待されるんだろうけど、実は呼吸器系の病気を治療するための場所なんだ。
マキエ
どういう事……?
ぐっさん
洞窟療法っていうのは1950年代頃から徐々に有名になりはじめた治療法でね。
ポーランドで働いていた鉱山労働者が呼吸器系の病気にほとんどならないという事が発見されたことで広まった治療法なんだよ。
マキエ
へー。そんな治療法があるんだ。
でもどうして?
ぐっさん
なんでも岩塩坑内の空気には塩分をはじめとした地上には無い成分が沢山ふくまれているらしくてね。
その空気を吸う事で喘息とか呼吸器疾患が治るんだってさ。実際に完治したっていう人も多いみたいだよ。
マキエ
へー!凄いじゃん!
ぐっさん
ただ科学的には立証されてはいないみたいだけど。
マキエ
え……?
ぐっさん
“科学的根拠は無いけれど、治ったっていう人が多いから今も続けている”って感じみたいだね。
マキエ
まぁ、病気が治ってるなら結果オーライかな……。

まとめ

ぐっさん
以上が地下300メートルにある病院「ソロトビノ岩塩坑坑道」についてでした。
どうだった?
マキエ
なかなか面白かったわね。
世界にはいろんな施設があるのね。
ぐっさん
そうだね。
ちなみにボクが最初見つけた時はもっとホラー感満載の施設かと思ったんだど意外と普通の施設で逆にびっくりしたよ。
マキエ
いや、普通の施設ではないと思う……。
ぐっさん
あと、ここは長期療養所としての役割もあるらしいけど、一般のアレルギー治療の場合は約1か月間で退院となるみたいだね。
マキエ
でも逆を返せば1か月間は地上に帰れないって事よね……?
そう考えるとちょっと怖い物があるわね……。
ぐっさん
まぁ映画とかドラマだとこんなところに収容された人物は生きて帰って来られないもんね。
マキエ
ちなみに入院中に地震とか火事とかが起きたらどうなるのかしら……。
ぐっさん
まぁ色々対策はされているんだろうけれど、運が悪ければ生きては出られないだろうね……。
スポンサーリンク

12 件のコメント

  • ファンタジーとかでは、洞窟には神秘の力が宿っているなんて設定がよくありますが、
    それを彷彿とさせる施設ですね。

    • とほりすがりさん、いつもコメントありがとうございます。
      山籠もりならぬ穴籠りといったところでしょうか。
      でもこれでアレルギー性の喘息とかが治るならやってみる価値はありですよね。

    • 葉月さん、コメントありがとうございます。
      私も炭鉱作業員は呼吸器疾患で長生きできないというイメージでした。
      ただ今思うとここで働く医療スタッフは大変そうですね……。

    • かやんばさん、いつもコメントありがとうございます。
      やっぱり採掘できる物によって色々環境がかわるんでしょうね。
      特に岩塩が影響しているようです。もしかしたら塩素消毒的な……?

    • UDK (Unreal Development Kit)さん、コメントありがとうございます。
      仮にプラシーボ効果だったとしても、それで治癒するならあながち馬鹿にできませんね。
      まぁ「俺はもう治ったから出してくれ!本当に完治したんだ!」とかになってないといいのですが……。

  • 勝手にメキシコにあるクリスタルの洞窟のことかと思いました
    ここで入院って日の光に当たらないと逆に別のところ悪くなりそう…

    • 酢酸さん、いつもコメントありがとうございます。
      あのクリスタルの洞窟すごいですよね!一度是非行ってみたいです!入れるのかどうかすら知りませんが……。
      そういえば人間は日光が必要不可欠という話も良くききますよね。
      そういう観点からみたらどうなんでしょう。たまに外にでたりしているのかな……?でもそれだとあまり意味もない気が……。

    • ぽぽぽさん、コメントありがとうございます。
      え、ペニシリンって青かびじゃなかったでしたっけ……。
      鼻水については初耳でした。少し調べさせていただきますね。

  • 葉月 にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA