恐怖の「大きな黒猫事件」!大きな黒い猫がお母さんを殺した……。

スポンサーリンク
ぐっさん
今回の都市伝説のテーマは「怖い話」!
それも一部では有名な「大きな黒猫事件」について紹介したいと思います!
マキエ
おっ。猫の話?
いいじゃん。私、猫好き。
ぐっさん
先に言っとくけど、たぶんマキエが望んでいるような話じゃないよ。
マキエ
え、そうなの?
UMA的な話じゃなくて?
ぐっさん
この話は読者のさつきさんから紹介してもらった話なんだけど、真夜中に女の子から「黒い猫がお母さんを殺した」と通報があって、現場に駆けつけたら女性が死んでいたっていう事件の話なんだ……。
マキエ
あー……。ホラー系の話……?
ぐっさん
なんか勘違いしているみたいだけど、この話は本当にあった殺人事件だよ?
事件当時はニュースとかでも報道されていたんだけど聞いた事とか無い?
マキエ
え、つまり今回もまた殺人事件の話なわけ……?
ぐっさん
だからそう言ってんじゃん。
マキエ
“大きな黒猫”とか聞くと、普通はUMA的な何かに襲われた話かと思うじゃん。
ぐっさん
それはマキエがボクの話を聞いてないだけだよ……。
とりあえず早速紹介していきまっす!

恐怖の大きな黒猫事件「大きな黒猫がお母さんを殺した」

ぐっさん
それじゃ改めて、今回紹介するのは「大きな黒猫事件」。
この事件が起きたのは2000年の3月21日、佐賀県佐賀市で発生した殺人事件です。
マキエ
割と最近ね。
ぐっさん
とは言っても今から数えて18年前だけどね。
マキエ
え、2000年ってもうそんな昔なの……?
ついこの間まで2000年問題とかやってなかった……?
ぐっさん
話を違う方向に持って行かないように……。
ぐっさん
この事件は一本の119番通報から始まります。
21日の午前2時頃、佐賀市消防本部西分署に一本の119番通報が入るんだ。
マキエ
ふんふん。
ぐっさん
電話口から聞こえて来たのはまだ幼い女の子の声だったんだけど、その子が言うには
お母さんが血を流して倒れている。
大きな黒猫に噛まれたみたい
という内容。
マキエ
何それ……。
怖っ……。
ぐっさん
通報を受けた隊員も最初は理解できなかったんだけど、イタズラでは無さそうだし、原因はどうあれ、人が血を流して倒れている事には間違いなさそうだったので救急隊員はすぐさま現場に急行。
ぐっさん
そして救急隊員が向かった先は佐賀市の鍋島にある、とある一軒家。
そして、ここには当時35歳の女性と、9歳の長女が二人で暮らしていたんだ。
マキエ
ふんふん。
ぐっさん
現場に到着した消防隊員は女性の安否を確認するため、玄関を開けてもらうように頼むんだけど中に居るはずの9歳の長女がカギを開ける気配が無かったから、仕方なくハシゴを使って2階の窓から家の中に入る事にしたんだ。
マキエ
え、なんで開けてもらえなかったの?
ぐっさん
通報した長女は2階にいたんだけど、なんでも恐怖のあまり一階に降りることができなくなっていたんだって。
マキエ
ふーん。
ぐっさん
そして2階の窓から家の中に入った消防隊員が見た物は首から血を流して倒れている女性の姿……。
しかも、消防隊員が到着した時には既に女性は死亡していたんだ……。
ぐっさん
消防隊員は辺りを確認したんだけど。部屋は荒らされた様子もなく凶器も無い。
ただ、殺人事件であることは確かだったから、警察を呼んで、その後は殺人事件として調査が開始される事になるんだ。
マキエ
何……。密室殺人って事……?
ぐっさん
明らかに密室じゃないけどね……。

捜査本部を立ち上げた佐賀県警

ぐっさん
警察が到着した後、女性の遺体を調査した結果、死因は鋭利な刃物による頚部の刺創と出血
そして今回の事件は明らかに殺人事件だったため、佐賀県警は即座に捜索本部を設置し、犯人逮捕に向けて調査を開始したんだ。
マキエ
ふんふん。
ぐっさん
そして、ここで重要となってくるのが殺害現場の目撃者である長女。
長女は事件の一部始終を目撃していた可能性があったから、何度か事情聴取を行ったんだ。
マキエ
そりゃそうよね。
ぐっさん
ただ、長女が警察に答えたのは
大きな猫が窓から入ってきたて、お母さんをかみ殺した
とか
黒い猫が包丁でお母さんを刺した
と、何故か頑なに猫の犯行だと言い続けたんだ。
マキエ
暗かったからそう見えたとか?
ぐっさん
まぁその可能性が高いけどね。
ぐっさん
そして、この長女の発言がマスコミの耳に入り、当時のニュースで「大きな黒猫が犯人か!?」みたいな報道を行った事から、今回の事件が「大きな黒猫事件」と呼ばれるようになったんだ。
ぐっさん
その後、あまり例のない事件だったから中には
長女は誰かをかばっているのでは
とか
長女が母親を刺し殺して、罪から逃れるために猫のせいにしているのでは
という噂も出始めるんだよ。
マキエ
何それ……。
長女の女の子が可哀そう……。
マキエ
……。
え、長女が犯人じゃないわよね?
ぐっさん
大丈夫。長女はじゃないよ。
というか、数か月後に本当の犯人も捕まるんだ。
マキエ
え、マジで。

逮捕された大きな黒猫。正体は顔見知りの知人男性。

ぐっさん
それじゃ最後に大きな黒猫の正体についてだけど、今回の殺人事件の犯人は手島哲也という当時34歳の男性です。
マキエ
黒猫じゃ無いじゃん……。
ぐっさん
いや、まぁそりゃそうだよね……。
マキエ
で、その手島って人は何な訳?
強盗か何かなの?
ぐっさん
手島という人は保険代理店を経営していた人で、もともと殺害された女性と顔見知りだったんだ。
マキエ
顔見知りの犯行!
ぐっさん
そう。
実は被害者の女性は弱視でね、その事もあって知人だった手島氏に買い物や長女の送り迎えを頼む事もあったんだよ。
マキエ
ふんふん。
ぐっさん
そして日頃からの付き合いもあって、保険を契約する際に印鑑や通帳を手島氏に預けるんだけど、手島氏はそれを良い事に保険を勝手に解約したり、預かっていた印鑑を使って勝手に借金したりして、合計で約700万円ほど騙し取っていたんだ。
マキエ
は!?
ぐっさん
そして詐欺がバレるのを恐れた手島氏は真夜中に女性宅に侵入。
寝ている女性の頸部をサバイバルナイフで刺して殺害したって訳……。
マキエ
え……。
つまり自分が詐欺を働いて、それがバレそうになったから殺したって事……?
ぐっさん
まぁ簡単にいうとそういう感じだね。
マキエ
ふっざけんじゃないわよ……。
ぐっさん
そして詐欺の容疑と殺人の容疑で手島氏は逮捕。
その後、裁判では懲役18年の判決を言い渡される事になるんだ。
マキエ
2000年に起きた事件から18年って、丁度今ぐらいじゃないの……。
ぐっさん
そうだね。
刑期が変動してなかったら、そろそろ釈放される時期かもね。
マキエ
なんか複雑な気分……。

まとめ

ぐっさん
以上が「大きな黒猫事件」の全貌でした。
どうだった?
マキエ
とにかく被害者家族が可哀そうでならない事件だったわね……。
なんで詐欺まで働かれた挙句にナイフで刺されないといけないのよ……。
ぐっさん
お金って怖いよね……。
マキエ
欲しいけどね!
ぐっさん
そこですかさず欲しいって言えるマキエの性格は判り易くて割と好きだよ。
マキエ
誉め言葉として受け取っておくわ。
マキエ
でも結局は普通の殺人事件なのに、なんで今回の事件だけ都市伝説みたいに語られているのかしら。
ぐっさん
んー。これも憶測だけどマスコミのせいじゃないかな。
マキエ
どういう事?
ぐっさん
実は事件が起こったのは3月で、犯人が逮捕されたのは7月ごろなんだ。
マキエ
それが何か?
ぐっさん
ほら、事件が起こった頃はマスコミって大々的に報道するでしょ?
しかもその事件が「大きな黒猫が犯人かも」みたいな話だったらなおさらね。
ぐっさん
ただ、実際は顔見知りの男性の犯行だったし、事件発生から3か月以上も経っていた事もあって犯人逮捕の報道はサラっとしか流れなかったみたいなんだ。
マキエ
あー。つまり事件が起こった事ばっかり印象に残ってて、それがどういう事件だったかわからないまま風化しちゃったって事?
ぐっさん
まぁボクの予想だけどね。
そして時間が経つにつれてだんだんと事件自体の話がボヤけてきて、最終的には「大きな黒猫が人を殺した事件がある」みたいな話になっていったんじゃないかな。
マキエ
都市伝説ってこういう風に生まれるわけか……。
ぐっさん
あと今回の話は都市伝説というよりかは「検索してはいけない言葉」とかで有名になったみたいだけどね。
ぐっさん
ちなみに鍋島は天正12年に佐賀藩で起きた化け猫騒動の地でもあるから、そういった過去の伝説も影響しているのかもね。
ぐっさん
あと、最後になりましたがネタを提供していただいたさつきさん。ありがとうございました。
マキエ
ありがとうございました。
スポンサーリンク

8 件のコメント

    • さつきさん、こんばんわ。今回もネタのご提供ありがとうございました!
      少しでもお楽しみいただけたら幸いです。これからも是非読みに来てやってくださいー。

  • 都市伝説のネタの提案なのですが、サンジェルマン伯爵はどうでしょう。石ノ森章太郎さんの漫画で知ったのですが詳しくは知らないため取り上げて頂きたく思います。

    • 淡泊さん、こんばんわ。コメントありがとうございます。
      >>サンジェルマン伯爵はどうでしょう。
      ネタのご提案ありがとうございます。次々回ぐらいは是非取り上げさせていただきたいと思います。
      >>石ノ森章太郎さんの漫画で知った。
      割と有名な人物のようで様々な漫画で取り上げられていますね。
      かくいう私も平野耕太さんのドリフターズという漫画で知って気にはなっていました。
      ありがとうございます!。

    • 百式さん、お久しぶりです。コメントありがとうございます。
      マスコミが視聴者の飛びつきそうなネタを提供したいという気持ちはわかりますが、後々の事を考えて欲しいですね。
      犯人に対しては全く同じ感想です。

  • この事件は知っていましたが、未解決事件だと思っていました。そのぐらいに犯人逮捕のニュースは小さくしか取り上げられなかったのだと思います。
    目の前で殺人事件を目撃して、一時的とはいえ犯人か? 犯人をかばっている。という目で見られたりして心に大きな傷を負ったであろう長女が元気に育っていることを願います。

    • マヤさん、こんばんわ。コメントありがとうございます。
      >>この事件は知っていましたが、未解決事件だと思っていました。
      実際、そう思われている方も多いようですね。マスコミがあまり大事にならないよう配慮した可能性もありますが、後味の悪い事件ですね。
      >>長女が元気に育っていることを願います。
      全く持ってその通りですね。長女のお父さんも病死されてるみたいでかなり辛い時期だったとはとはおもいますが、不幸を乗り越えて幸せになってくれているといいですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。