人間の足が大量に流れ着くセイリッシュ海!足の正体と流れ着く真相とは……!

スポンサーリンク
ぐっさん
今回紹介する都市伝説は、なんと人間の足が漂着するという怪事件!
その名も「人間の足大量漂着事件」についてでっす!
マキエ
なかなかグロい事件ね……。
マキエ
ちなみに大量ってどのくらい?
動物が打ち上げられるのはよく聞くけど
ぐっさん
今のところ15本だよ。
この事件の一番怖いところは今も現在進行形で事件が終わっていないところなんだ!
マキエ
進行形!
今までにないタイプの都市伝説ね。
ぐっさん
じゃあ、早速どんな話か紹介するね。

セイリッシュ海で起こった怪奇事件

ぐっさん
この事件はアメリカとカナダの国境付近にあるセイリッシュ海で起きた怪奇事件。
ぐっさん
2007年8月20日に地元の住民が砂浜に人間の足が流れ着いているのを発見。
それ以降、ぞくぞくと足が流れ着くという怪奇事件に発達していくんだ。
マキエ
わりと最近の事件ね……。
ぐっさん
そして冒頭でも紹介したけど現在までに合計で15本の足が漂着しているのが確認されているんだ。
マキエ
足だけなの?
体とかは?
ぐっさん
それが何故か足だけなんだよ。
しかも、その多くが靴を履いたままの状態で漂着しているんだ。
マキエ
漂着するまでに脱げそうなのにね。
ぐっさん
謎だよね。
ちなみに発見された15本の足のうち4本の足については、それぞれが1組になっていて、現時点では7本の足の身元が判明しているんだって。
マキエ
足だけで身元が判別するって最近の科学や医学は凄いわね……。
でも、他の足約半分については身元がまだ分からないってことか。
ぐっさん
漂着するまでに腐敗も進むから、なかなか身元を割り出すのは難しいみたいだね。

漂着した足の正体は……?


ぐっさん
それじゃ次に漂着した15本の足について判明している事を紹介していくよ。
ぐっさん
1本目と2本目が発見されたのは2007年の8月20日と8月26日。
カナダのブリティッシュコロンビア州にあるジェデディア島とガブリオラ島で発見されたんだ。
マキエ
あれ?
セイリッシュ海ってところじゃないの?
ぐっさん
ああ、セイリッシュ海ってところはカナダとアメリカの国境となってる巨大な川みたいな海で小さな島がいくつもあるんだよ
マキエ
なるほど。
てっきり全部、同じ海岸に流れ着いたのかと思ってたわ。
ぐっさん
そして1本目はうつ病を患って行方不明になっていた男性の右足。
2本目は残念ながら身元は不明のまま。
ぐっさん
ちなみに1本目の足の発見者は小さい女の子で海岸で靴を拾ったら中に足が入ってたんだって……。
マキエ
トラウマにならなきゃいいけど……。
ぐっさん
そして3本目から7本目は2008年に漂着。
6本目だけがアメリカのワシントン州で見つかったんだけど、あとの足は最初発見された2本の足と同じでカナダのブリティッシュコロンビア州内の島で見つかったんだよ。
マキエ
カナダのブリティッシュコロンビア州だけ異様に漂着数が多いのね。
漂着した時期はいつだったの?
ぐっさん
3本目が2008年2月2日。
続いて5月22日、6月16日、8月1日、11月11日だよ。
マキエ
なんか定期便みたいに定期的に流れてきてるわね……。
ぐっさん
ちなみに3本目と5本目。4本目と7本目は対の足でその身元も分かっているんだよ。
マキエ
あ、そうなんだ。
やっぱり海に身を投げた人とかなの?
ぐっさん
簡単なことしか分かっていないけど、この足の持ち主は2人ともブリティッシュコロンビア州に住んでいた男性と女性。
女性の方は同じブリティッシュコロンビア州にあるフレーザー川に身を投げたことが分かっているんだ。
マキエ
途中に流れ着いた6本目は?
ぐっさん
残念ながら男性の右足って事以外は分かってない。
どの足にも言えるけど、腐敗が進んでいて身元を特定するのは困難みたいだね。
マキエ
まぁ普通はそうよね。
判る方が凄いぐらいよね。
ぐっさん
そして翌年2009年10月27日には8本目となる足がブリティッシュコロンビア州に漂着。
この足の身元はブリティッシュコロンビア州に住んでいた男性で2008年頃行方不明になっていたらしい。
マキエ
ほとんど地元の人たちの足なのね。近場だから身元の判別がはやいとか?
ぐっさん
あとやっぱり行方不明者の情報もちゃんと握ってるからじゃないかな。
ぐっさん
そして2009年に1本、2010年にはワシントン州で8月27日と12月5日に幼い子供、もしくは女性や小柄な成人の右足が2本漂着。
2011年にはブリティッシュコロンビア州で2本。8月30日と11月4日に漂着しているのが発見され、12月10日にはワシントン州で性別も足の左右も分からない足が漂着してる。
マキエ
左右すら分からない足ってどんな足……。
ぐっさん
ご想像にお任せします……。
ぐっさん
そして翌年の2012年1月26日にもブリティッシュコロンビア州で身元不明の足が漂着。
マキエ
本当に続々とながれてくるわね……。
ぐっさん
最後の足が漂着したのは2014年5月6日。
ワシントン州で身元不明の男性の左足が発見された。
マキエ
とりあえずここで最後と考えていいの?
ぐっさん
それが分からない。
2007年から2012年までは毎年どこかの島に足が漂着していたけど、2012年から2014年の2年間だけ漂着はなかったから、もしかしたらそろそろ次の足が漂着する頃かもよ。
マキエ
漂着してほしいような、ほしくないような……

イタズラ目的の模倣犯まで出現?

ぐっさん
ちょっと話がそれるけど、実はこの怪奇事件がらみで逮捕者もでています。
マキエ
え、どういうこと?
殺人事件だったとか?
ぐっさん
いや、もっとしょうも無い事だよ。
怪奇事件が続く中、2008年6月頃、カナダのブリティッシュコロンビア州で人間の足とみられる物体が発見されたんだ。
マキエ
あれ?
さっき説明してくれた中には入っていない足の情報よね
ぐっさん
実はこの事件はただのイタズラ。
白骨化した動物の足に靴を履かせて同じ事件に見せようと偽装していたんだよ。
マキエ
なんでそんなことを……。
ぐっさん
まぁイタズラに深い意味なんてないでしょ。
ただ、悪戯の犯人は逮捕されるっていう意外と重い処罰が下ったけどね……。
マキエ
逮捕はさすがに可哀そうな気もするわね……。
ぐっさん
そんな輩が他にもいて、後人間の足のような形をしたレプリカが発見されたこともあったんだよ。
マキエ
みんな考えることは一緒か……
マキエ
でもなんで、セイリッシュ海だけこんなにも足がはがれ着くの?

なぜ、セイリッシュ海に多くの足が漂着したのか


ぐっさん
さっき質問に出た「なんでセイリッシュ海にばかり足が漂着するのか」って話だけど、実はある震災が関係しているんじゃないかって言われているんだよ。
マキエ
震災?
カナダで地震なんてあったっけ?
ぐっさん
2004年12月26日に起こった「スマトラ島沖地震」の事だよ。
マキエ
ああ!
そういえばかなり大きな津波があったわね。
ぐっさん
そう。
その津波で亡くなった人達がセイリッシュ海にある島々に流れ着いたんじゃないかってことらしい。
マキエ
確かマグニチュード9あった大震災よね。
ぐっさん
実際に時期的にも2004年に地震が起こった3年後からセイリッシュ海に足が漂着するようになっているしね。
マキエ
他に何か決め手はあるの?
ぐっさん
確かな証拠ってわけじゃないけど、根拠の一つに「足が履いてた靴」があるよ。
マキエ
靴?
ぐっさん
発見された足には靴をはいたままの足が何本もあるって言ったと思う段けど、その靴の多くが2004年以降にに製造、販売されていたものだったんだよ。
マキエ
かなり有力な情報だね。
もうほぼ震災の被害者って事で間違いなさそうね。
マキエ
でも、何でセイリッシュ海なの?
ぐっさん
それは海流のせいらしい。
スマトラ島からセイリッシュ海に向けて流れる海流があるんだけど、スマトラ島沖地震による津波がこの海流によってセイリッシュ海の周辺へと向かう可能性が高いらしいよ。
マキエ
なるほどね。
ますます地震の被害者という説が強そうね。
マキエ
でも身体の一部が見つかったとはいえ両足だけなのよね。
足が見つかるなら他の部位も見つかってもよさそうなのに。
ぐっさん
そこが謎なんだよね。
足の切断面からは、道具などを使って人為的に切断した際に見られるような形跡などはないんだって。
マキエ
ってことは海を漂っているうちに自然に足だけ残ったってこと?
ぐっさん
そうだね。
でも、専門家によると一度水中で腐敗して分離した四肢が浮かび上がることはとても珍しいらしいよ。
マキエ
あ、そうなの?
よく見る刑事ドラマなんかだと犯人が遺体が浮かび上がってこないように重りをくくりつけて海とかに沈めてるイメージだけど。
ぐっさん
胴体は空洞があるから腐敗したガスが溜まって浮きやすいけど四肢はなかなかそういう訳にはいかないみたいだよ。
マキエ
へー。
ぐっさん
そしてこの事件は「理論上は十分あり得るけど実際起こるとしたらかなり稀」な事件でそれが数年間も続いているのは1等の宝くじが当たるぐらいの確立らしいよ。
ぐっさん
以上が「足が流れ着くセイリッシュ海」についての事件。
ちょっとグロかったけど結構、興味をひかれる内容だったでしょ?
マキエ
たしかに。
事実は小説より奇なりってかんじね。
マキエ
ところでさ
ぐっさん
ん?
マキエ
私の宝くじはいつ当たるの……?
ぐっさん
それは知らん。
スポンサーリンク