奴隷達の怨念が詰まった呪いの石柱!移設しようとすると必ず死ぬ……?

スポンサーリンク
ぐっさん
今回紹介する都市伝説のテーマは「呪い」!
それも奴隷達の怨念が宿っていると言われている「呪いの石柱」についてご紹介したいと思いまっす!
マキエ
奴隷が絡んでるって事は海外の話?
ぐっさん
お、鋭い。
実は今回の話はアメリカのジョージア州に伝わっている都市伝説でね。
そこには移設しようとすると必ず不審死を遂げるという呪われた石柱があるんだ。
マキエ
ふーん。
という事は、この前に紹介した羽田の大鳥居みたいな話なのかしら?
ぐっさん
まさにそんな感じ。
それじゃ早速紹介していきまっす!

オーガスタに伝わる呪いの石柱「Haunted Pillar」

ぐっさん
それじゃ改めて今回紹介するのは「呪いの石柱」について。
この呪いの石柱があるのはアメリカジョージア州にあるオーガスタという町。
ぐっさん
このオーガスタにはブロード・ストリートという大通りがあるんだけど、その交差点の一つに一本の古い石柱が立っているんだ。

マキエ
これがその呪いの石柱?
ぐっさん
その通り。
現地の人たちからは「Haunted Pillar(お化けの柱)」とか「Curse Pillar(呪われた柱)」と呼ばれています。
マキエ
それにしても、なんかすごい中途半端な場所に立っているわね。
というか、そもそも何なのコレ。
ぐっさん
今はもう石柱以外は無くなってしまっているけれど、実はこの柱は19世紀頃にオーガスタに存在した“ある施設”の一部なんだ。
マキエ
ある施設?
もったいぶらないで早くその施設を教えなさいよ。
ぐっさん
奴隷市場……。
マキエ
え……?
ぐっさん
ほら、アメリカって1862年にリンカーンが奴隷解放宣言を発表するまでは黒人を奴隷として普通に売買されていた時代だったでしょ?
だとすると、当然、奴隷を売り買いする場所もあったわけで。
マキエ
つまり、その頃に奴隷として使役されていた人達の怨念が詰まっていると……?
ぐっさん
まぁそれもあるんだろうけれど、この石柱は拷問に使われた柱だといわれていて、柱の上に奴隷を立たせて鞭打ちしたりしていたそうだよ。
マキエ
ええぇ……?
何のために……?
ぐっさん
まぁ「逆らったらこうなるぞ」っていう、いわゆる“見せしめ”ってやつじゃないかな。
しかも、その見せしめによって命を落とす奴隷も少なくなかったみたい。
マキエ
今じゃ考えられない世界ね……。

移設しようとした人々が次々と不審死!「触れるだけで呪われる」という話も。


ぐっさん
そして、この石柱が「呪われている」と言われ始めたのは奴隷解放宣言が行われた以降。
当時、オーガスタを仕切っていた人物はこの石柱を記念碑として残して、奴隷や奴隷市場に関係する出来事を後世に伝えようと考えたんだって。
マキエ
え……?
わざわざそんな薄暗い過去の出来事を……?
ぐっさん
んー……。まぁ今では目をそらしたくなるような出来事も歴史と言えば歴史だからね。
同じ過ちを繰り返さない戒めの意味も有ったんじゃ無いかな?
マキエ
ああ、なるほどね。
でも、それにしては中途半端な場所にあるわね。
しかも全然、記念碑っぽくもないし。
ぐっさん
それには実は理由があってね。
この石柱は記念碑として別の場所に移設される計画だったんだけど、移設に関わった作業員達が心臓発作や食中毒、肺炎といった不審死を遂げたんだ……。
マキエ
そういえば、そういう系の話だったわね……。
ぐっさん
今からだと100年以上の前の話だから正確な記録は残っていないみたいだけど、記念碑にしようと決めた人物を含め、そこそこの人数が犠牲になったそうだよ……。
ぐっさん
ちなみに石柱は建設工事の邪魔になったり都市計画の妨げになるたびに移設や取り壊しの話が挙るらしいんだけど、その度に不幸な事故が起きて結局は移設をあきらめるという事が続いたそうなんだ。
マキエ
こういう話で一番の被害者って何も知らない作業員の人たちよね……。
ぐっさん
そういえばそうだね……。
ぐっさん
しかも最近だと、あまりにも不幸な出来事が続いたせいで
「触れただけで呪われる」
なんて話もあるみたいだね。
マキエ
それはちょっと大げさな気もする……。

車の突撃には勝てなかった呪いの石柱

ぐっさん
とまぁ、今まで紹介したのがオーガスタに伝わっていた呪いの石柱の話なんだけど、実は残念ながら現在はもう呪いの石柱は存在しません。
マキエ
え……?
今までの話は何だったの……?
ぐっさん
いや、実はボクもつい最近まで今も存在していると思ってたんだけど、今回の記事を書くために改めていろいろ情報を収集していたら、どうやら2016年の12月に撤去されちゃったんだよ。
マキエ
いやいやいや……。
移設や撤去ができないって触れ込みの呪いの柱なんでしょ……?
撤去できたら呪いの柱でも何でも無いじゃ無い……。
ぐっさん
まぁそうなんだけど、本当に無くなっちゃってるんだからしょうが無いじゃん……。
マキエ
まぁいいわ。
で、何で無くなっちゃったの?
やっぱり都市計画か何か?
ぐっさん
直接的な原因は交通事故。
実は2016年の12月18日の夜に乗用車が呪いの石柱に衝突事故を起こしてね。
呪いの石柱が根元からポッキリ折れちゃったんだよ……。
ぐっさん
ちなみにその写真がコチラ。
マキエ
うわぁ……。結構なスピードでぶつかってるわね……。
さすがに呪いも突っ込んでくる乗用車には勝てなかったのかしら……?
ぐっさん
だねぇ。
ただ数回までは耐えたみたいだけどね。
マキエ
え、どういうこと?
ぐっさん
実は呪いの石柱に関する交通事故はこの日が初めてじゃないんだ。
過去に3回ほど似たような衝突事故が起きていてね。
その時は石柱が折れるってことはなかったみたい。
マキエ
そう聞くと「乗用車に勝てなかった」というより「呪いの力を使い切っちゃった」って感じがするわね。
マキエ
でも呪いの石柱が折れたら地元の人たちはかなりパニックになったりするんじゃないの?
ぐっさん
まぁいろいろ動きはあったみたいだね。
事故が起こった時は野次馬が石柱の破片を盗んで持って帰ったりしていたみたいだけど、今じゃこの呪いの石柱を復活させて保護しようっていう取り組みもあるみたい。
マキエ
呪われている柱の破片を持って帰ってどうするのよ……。
あと、呪いの柱を復活させて保護っていうのも変な感じね……。
ぐっさん
まぁ一応、歴史的建築物ではあるからね。
そういった意味では補修したり復活させるのは間違ってないんじゃないかな。
マキエ
ちなみに今はどうなてってるの?
ぐっさん
移設したとは聞かないから、もしかしたら復活の計画自体が中止になってるかも。
マキエ
ダメじゃん……。

まとめ

ぐっさん
以上がジョージア州のオーガスタにあった「呪いの石柱」についてでした。
どうだった?
マキエ
うーん。
途中までは面白かったんだけど、もう無くなっちゃってるかと思うと面白みが減ったわね。
ぐっさん
その気持ちはなんとなくわかるけど、まぁ無くなっちゃったもんは仕方ないしね。
マキエ
そういえば、呪いの柱に突っ込んだドライバーはどうなっているのかしら。
無事だといいんだけど。
ぐっさん
残念ながら事故を起こしたドライバ-については調べきれ無かったから無事かどうかはわからない……。
ぐっさん
ただ、ボクとしては呪いの石柱の破片を面白がって持って帰った人達のほうが気になるけどね。
マキエ
その人達は何が起きても自業自得でしょ。
スポンサーリンク

10 件のコメント

    • かやんばさん、いつもコメントありがとうございます。
      そういえば確かに見えなくもないですね……。
      そう聞くとかなり不気味さが増した気がします……。

  • 奴隷市場の名残なら当然ですが、触れるだけで呪われるモニュメントが街中に建ってるのも迷惑ですね。
    羽田の鳥居のようにお祓いして移設とはいかなかったんでしょうか??

    ついでにジョージアの石繋がりで、『ジョージア・ガイドストーン』はどうでしょう?
    終末論的な文言が刻まれた巨大な石版です。

    • かんばっちさん、いつもコメントありがとうございます。
      >>ジョージア・ガイドストーン
      存在じたい知りませんでしたが、なかなか不可思議で魅力的な建造物ですね。
      ネタ帳に追加させていただきました!ありがとうございます!

  • 周りを柵で覆って、謂れを記す……と、言うようなこともしてなかったんですかね……
    柱の崩壊で呪いは終わったのではなく、繋ぎ止められていたものが解放されて……なんて事にならなければよいですけど。

    「破片 を 盗んで持って帰ったり」が
    「破片盗んで を 持って帰ったり」になってる箇所があります

    • 伊吹さん、いつもコメントありがとうございます。
      >>周りを柵で覆って、謂れを記す……と、言うようなこともしてなかったんですかね……
      たしかに扱いがかなり中途半端ですよね。まぁその中途半端な扱いの結果が今回の結末に繋がったんでしょうね。
      また誤字のご指摘ありがとうございます。さっそく修正させていただきました。

    • 酢酸さん、いつもコメントありがとうございます。
      一度巻き爪になったことがありますが、巻き爪ってなんであんなに痛いんでしょうね……。
      呪いとしてはかなり凶悪かつストレスのたまる呪いな気きがします(笑)

  • 自動車の追突でとはいえ、呪いのものとされるのが折れるとは当たり前ながら
    コロンブスの卵のような感じだ。
    「砂ぼうず」でも「犬女岩」というのを「欲望の勝利」で折ってたのを思い出したが。

    しかし医学が今よりは未発達とはいえ、検死制度もあったであろうはずなのを考えると「死因がマチマチ」
    という状況は、岩が実は高濃度の「放射線被爆」を起こす物質を含んでたとも思えんな。

    • にとみやさん、いつもコメントありがとうございます。
      >>「砂ぼうず」でも「犬女岩」というのを「欲望の勝利」で折ってたのを思い出したが。
      砂ぼうず!私もあの漫画は独特な世界観でかなり好きな漫画です!小砂編になってから個人的にはちょっとアレですが……。
      あと犬女岩のシーンが全然思い出せません……。そんな描写とかありましたっけ……。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。