鬼のミイラを祀る「十宝山大乗院」!本物?偽物?気になる正体は?

スポンサーリンク
ぐっさん
今回の都市伝説はずばり「鬼のミイラ」!
それも日本の大分県宇佐市に現存する巨大なミイラについてでっす!
マキエ
へぇ、人魚とか河童とかなら聞いたことあるけど、鬼のミイラってあんまり聞いたことは無いわね。
ぐっさん
でしょ。
しかも河童とか人魚のミイラってたいていの場合は30センチぐらいでしょ。
でも、この鬼のミイラは全長2.2メートルというかなりデカいミイラなんだ。
マキエ
でかっ!
そんな大きいミイラって結構めずらしいわね。
ぐっさん
ちょっと興味が沸いてきたところでさっそく紹介していきまっす!

十宝山大乗院に現存する鬼のミイラ

ぐっさん
このミイラがあるのは大分県宇佐市にある十宝山大乗院というお寺なんだけど昭和初期ぐらいからここで祀られてるらしい
マキエ
何て読むの?
“じっぽうやまだいじょういん”?
ぐっさん
正確には”じっぽうざんだいじょういん”だね。
ちなみに住所は大分県宇佐市四日市3761。
マキエ
え、住所まで書いて大丈夫なの
ぐっさん
宇佐市の観光ガイドに乗ってるぐらいだから大丈夫でしょ。
マキエ
えっ……そうなの?
地元の人は殆どしってるってかんじか。
ぐっさん
地元では心霊スポットとしても有名で、地元の人からしたら
「何をいまさら紹介してんねん」
って感じかもね。

十宝山大乗院に祀られている鬼のミイラ

ぐっさん
そして今回のメインテーマである鬼のミイラ!
この鬼のミイラは最初にも行ったけど全長2.2メートルというかなり巨大なミイラで今も尚、大乗院に祀られています!
ぐっさん
そのご尊顔がこちら!

マキエ
なんか体育すわりが可愛いわね。
ぐっさん
これを見て可愛いって言えるってすごいね……。
ぐっさん
特徴としては頭に大きな角、あと両手足が三本指って所かな。
今はもう写真撮影が禁止されているけど、この鬼のミイラを撮影すると高確率で心霊写真が撮れるんだって。
マキエ
へぇー。
ぐっさん
ちなみに元々は「山人族の神」として崇められてたらしいんだけど、時代の移り変わりと共にいろんな人の手に渡り、最終的には大乗院の檀家さんが買い取って奉納したんだって。
マキエ
なんでミイラをわざわざ奉納すんのよ……。
ぐっさん
実はミイラを買い取った檀家さんが原因不明の大病に襲われてミイラの祟りだと思って奉納したらしいよ。
マキエ
それは奉納っていうんじゃなくてお祓いって言うんじゃないの……?
ぐっさん
そうとも言う。
でもまぁかなり大金をはたいて買ったらしいし、奉納でいいんじゃない?
マキエ
そうなんだ。いくらぐらい?
ぐっさん
昭和初期の時の話らしいけど、当時の金額で5,500円。
マキエ
5,500円ってきくと安く思っちゃうけど当時だといくらなの
ぐっさん
んー。
大体500万から1000万円かな。
マキエ
たけぇ……。

鬼のミイラは本物なのか……?

マキエ
で、このミイラの正体は何?
ぐっさん
正体?
マキエ
本物か作り物かって事よ
ぐっさん
あー……それ聞いちゃう?
マキエ

そりゃまぁ気になるし。

ぐっさん
ここで終わったら
「世の中には奇妙なミイラもあるんだなぁ」
って感じで終われると思うんだけど……。
マキエ
……って事は偽物ってことね?
ぐっさん
いやいや、限りなく偽物に近くて本物だと証明できないだけだよ!
マキエ
そういうのを偽物っていうのよ。
とりあえず判ってることを白状しなさい
ぐっさん
へい……。

科学的に検証された鬼のミイラ

ぐっさん
実はこのミイラ、過去にX線透過装置で検証されたことがあるんだよ。
マキエ
X線ってことはレントゲン?
ぐっさん
まぁそんなとこ。
で、その調査の結果わかった事は足の指の爪は豚の爪と同じだったり、歯は馬の歯と一緒だったんだって。
マキエ
おっとぉ……?
ぐっさん
しかも下顎の骨が無いから歯は皮膚から直接生えているようになってるんだって。
マキエ
それってどういうこと?
ぐっさん
粘土か何かに無理やり馬の歯をぶっ刺してるってことだね。
ちなみに頭に生えている角も同様に骨から生えてるんじゃなくて埋め込まれている状態になってるらしい。
マキエ
なんだ……完璧な作り物か……。
ぐっさん
残念ながら99%作り物だろうね……。
ぐっさん
ただ、一つだけ気になる点というか未解明な点があるんだよ
マキエ
ん?
ぐっさん
実はこの鬼の足に使われている骨なんだけど実は何の骨かわかっていないんだ。
マキエ
え?
どういうこと?
ぐっさん
この鬼のミイラの足の骨はかなり大きな骨が使われているんだけど、そんな大きな骨をもつ生物がいないんだよ。
マキエ
へぇー。
もしかしたら本当にいた鬼の骨を使ってるかもって事?
ぐっさん
可能性は低いけどその可能性も捨てきれないって事だね。
このミイラを検証したのは由布大学の人たちなんだけど、その骨が何の骨かを調査しようとしたところ許可がおりなくて断念したっていう記録も残ってる。
マキエ
レントゲンは許可したのに骨はダメなのか……。
なんでだろ……。
ぐっさん
知られちゃだめな骨なのかもね……。
スポンサーリンク

6 件のコメント

    • 通りすがりマンさん、こんばんわ!コメントありがとうございます!
      >>恐竜の化石
      なるほど!確かに現存しませんし骨には違いないので辻褄は合いますね!
      もしそうだとしたら鬼のミイラというよりかは学術的な別の価値が生まれてきそうですね(笑

    • 葉月さん、コメントありがとうございます。
      >>最後の妖怪(剥製)職人が別府に居たって聞いたことがある
      そんな方がいらっしゃったのですね。初耳です。
      少し調べてみたんですが、件の剥製をつくったこの方(道場小太郎)かもしれませんね。
      https://blogs.yahoo.co.jp/eigajin/28983071.html

  • 謎を解明したいって気持ちと切り貼りしたみたいな正体を知るくらいなら謎のままでいいと
    思う気持ちがせめぎあってます。オカルトはやっぱりオカルトのままの方がいいかも知れま
    せんね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。